« さあ、これから | トップページ | ミラクルか否か »

暴走キャラの裏側で

ローモーニングの中に、ハロプロ関連のCDや書籍を紹介する、「エリック亀造の毎度ありい」というコーナーがあります。

亀井絵里さん扮する、エリック亀造など様々なキャラクターが登場し、リリース情報そっちのけで暴走しまくるコーナーです。しかも中途半端に暴走するので、寒いです。そんな時は相方の中澤裕子さんからの、分かりやすいツッコミで事なきをえます。

とある日の放送より。

この日は「エリドリアン亀井」という新キャラで登場。キャンペーンガール風のいでたちが人気のようですが、わたくしがイイナと思ったのはこの部分ではありません。

亀井さんが普通に面白いです。たまたま新キャラが演じやすかったのか、それとも中澤さんとのカラミに慣れたのか、それともどうしたら面白くなるのか日夜研究しているのか。

ya-desu

  CDを頂戴とねだる中澤さんを焦らす亀井さん。

nasu01

 「涙」と「ナス」を強引にダジャレに持ち込む亀井さん。中澤さんも乗ってくれます。

まだまだ間合いのおかしなところもあって寒いですが、この面白い部分と寒い部分を行ったり来たりするアンバランス感が、亀井さんの強みだと信じて疑いません。わたくしは。

今まではそのアンバランス感が行き当たりばったり的だったのが、普通に面白くできることによって、計算して出来るようになったのかな?と感じました。

コーナー終了後、帰ろうとする亀井さんに中澤さんが声をかけます。「テンションがあがって楽しかった」と、お褒めのお言葉。

このねぎらいに亀井さん歩みを止めて、中澤さんに駆け寄ります。

honto

donohen

  亀井さんは真剣な様子ですが、中澤さん引いてます。

中澤さんに意見を求めるあたり、亀井さんは周りの評価が気になる性格のようです。毎回暴走キャラを演じてますが、内心は不安でいっぱいなのかもしれません。

大丈夫です。

周りの評価が気になるということは、周囲がちゃんと褒めてあげれば伸びます。ファンも亀井さんをしっかり応援してあげれば、彼女はきっと木に登ります。成長します。

話は少し飛んで。

6/26にABCラジオで放送された「ハロプロやねん!」の2時間スペシャル内で、亀井さんモノマネすることになってしまいます。

そこで亀井さん「コロ助」のモノマネを披露することに。

コロ助といえば、今をさること一年以上前、ハロモニのモノマネバトルにて亀井さんが披露したモノマネです。まったく似てないコロ助を、堂々と披露する亀井さんに、わたくし心を打たれたものです。

korosuke

当時不評だったコロ助のモノマネを、お母さんにも見てもらったと、ラジオで告白します。やっぱり亀井さん周囲に評価を求めます。

お母さん曰く、「似てないから。何かでやるときあるかもしれないから、練習すれば」とのこと。ダメ出しです。

すばらしい。なんだか亀井さんのお母さんに興味が湧いてきました。

いつ披露するか分からないものの練習して、こうして一年越しでラジオで披露することになったコロ助。

結果は、スタジオドン引き。亀井さんひいきのわたくしにもビミョ~。あー、でもこのアンバランス感が亀井さんですから。

亀井さん、もしかしたら普段からお母さんに、色々意見を求めてるのかもしれません。

家ではお母さん、ハロモニでは中澤さん。もちろん同じ娘。メンバーにも色々相談しているでしょう。

褒められたり、ダメ出しをくらったりしながら、人知れず影で練習しているのかもしれません。そして、その成果は着実にハロモニで現れています。

今日も家で夜な夜な暴走キャラに磨きをかける亀井さん。う~ん美しいですね。(歌手じゃないのか!)

nasu

|

« さあ、これから | トップページ | ミラクルか否か »

ハロプロ」カテゴリの記事

 モーニング娘。」カテゴリの記事

 ハロモニ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

エリック亀造というキャラは見たことはない(ハロモニやってない)のですが、ねこぽくさんの記事を見る限りだとおじゃマルさんを更に強引にした感じなんでしょうか。少なくてもポジションは継承しているのかも。

ハロモニのモノマネショーでのコロ助は知り合いの人からビデオ借りて見たんですが、面白かったんですが似てませんでしたね。自分から見た亀井ちゃんは捉えどころのない不思議少女って感じです。

涙となすってどういう意味なのだろう。

投稿: ドール | 2005年7月31日 (日) 21時26分

コメントありがとうございます~。

ドールさんは、見れない番組が多い中、頑張ってファンを続けてらっしゃいますよね。それだけで尊敬してしまいます。
ハロモニを放送している地域と、そうでない地域では、ファンの熱の入り方が違うのではないかと思うことがあるのですが、実際のところどうなのでしょうか?

ハロプロニュースでのチャーミー石川以降、番組に目を付けられたメンバーが、無茶な台本で暴走させられるスタンスはずっと不動ですね。
周りの空気を無視してすっ飛ばす、という点ではおじゃマルさんに似てるかも。

涙とナスはですね、ごっちんの新曲「スッピンと涙」を紹介したとき、「すっぽんとナス」を出して、裕ちゃんから「意味分からん」と言われたひとコマです。

投稿: ねこぽく | 2005年8月 1日 (月) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴走キャラの裏側で:

« さあ、これから | トップページ | ミラクルか否か »