« 環境にやさしいデス | トップページ | コンプリートなのかな? »

DOOMSDAY MACHINE / ARCH ENEMY

ARCH_ENEMY02

DOOMSDAY MACHINE / ARCH ENEMYの感想を書きます。

これは非常に分かりやすいアルバムですね。アークエネミーって、どんなバンドなの?って聞かれたら間違いなくこのアルバムをすすめます。

伝統的な、へヴィーメタル・ハードロックに影響を受けつつも、よりへヴィなリフに流麗なツインリードギターが乗るメロディック・デスメタルです。ボーカルはデス声で苦手な人はダメかもしれませんが、インストパートに関してはハードロックと言っても差し支えないくらい聞きやすいものです。

アークエネミーと言うと、どうしてもマイケル、クリストファーのアモット兄弟のリードギターに注目が集まってしまいますが、どうしてどうしてリフもカッコイイのです。複雑な展開の曲構成は、初期のMEGADETHやMETALLICAのようです(どっちもデイブ・ムステインがからんでる)。

初期の作品こそ、デスメタルの破壊力を出すためわざと音質悪くして歪ませてましたが、最近はクリアな音質にすることによって、聞きやすさが増してます。ホントにお金のない貧乏バンドならまだしも、やっぱり音はきれいな方がいいですね。各楽器のパートがどんな具合に鳴ってるか確認したいわたくしとしては、うれしいですね。特にドラムが抜けて聞こえるのはうれしい。ダニエル・アーランドソンのドラム好きなんで(ルックスもいい)。

B!誌でのインタビューを読むと、ギタリストでソングライターのマイケル・アモットは、MEGADETHの『PEACE SELLS...BUT WHO'S BUYING?』(1986)の影響を受けたと言ってますし、アルバム内の解説読むと同じくMEGADETHの『RUST IN PEACE』(1990)に影響を受けたとしてあります。今回のアルバム製作に限った話ではなく、大好きなアルバムという意味も込められてるようです。

この2枚のアルバムを引き合いに出した時点で、なんとなく音が聞こえてくるようです。リフにつぐリフの応酬で曲が組み立てられ、合間合間をギターソロでつなぐと言う手法ですね。そうすると曲展開が複雑、場合によっては突然すぎる展開になり、曲自体も長尺になりがちです。ですが、MEGADETHはとにかくリフがかっこよく、ギターソロも美しく、曲展開もドラマティックに仕上がっていました。

アークエネミーもちゃんとメガデスの手法を吸収昇華させています。決してモノマネに終わらないのはさすが。

さて、このアルバムを最後に、兄弟ツインリードギターの弟である、クリストファー・アモットが脱退してしまいます。

理由はよくわからないのですが、どうも音楽漬けの生活に疲れたような発言をしているようです。18、9歳でバンドメンバーになり、音楽以外の生活を知らないまま突っ走ってきて、ここらで一休みしたいのかもしれません。

ファンからすると残念な話ですが、音楽に身を捧げるということは、非常に大きな代償を払っているのかもしれません。何年か音楽から離れてみて、またギター弾きたくなったら戻ってきてほしいものです。クリスのソロバンドARMAGEDDONも消滅とのこと。ありゃりゃ。これ結構気に入ってたのに。

バンドはクリスの後任ギタリストを探しているようですが、これは難航しそうですね。クリスはまだ若いのに、実に多彩な腕前をしてましたからねえ。ソロも弾けて、リフも弾けて、と何でもこなさなきゃいけません。クリスがハードルを高くしてしまったとは、兄であるマイケルのお言葉。

しかも一番苦労しそうなのが、音楽的なバックグラウンドでしょうね。どんな音楽に影響を受けてきたか、です。そうでないと、演奏もそうですけど、曲作りに関しても衝突してしまいかねませんし。やっぱり同じ釜のメシを食うなら、気の会う仲間がいいですよね。

しかし、70年代のハードロック、80年代のへヴィメタルおよびスラッシュ、90年代のデスメタルと各年代ごとに聞いてきたマイケル・アモットと趣味の合う人はそうそういないのでは……。

ありゃ?これってわたくしの趣味と結構かぶりますねえ。リアルタイムではないものの、70年代はUFO、SCORPIONSなども聞きますし、80年代はJUDAS PRIEST、IRON MAIDEN等の定番、METALLICA、MEGADETH等の大御所スラッシュからCELTIC FROST、SADUS等マイナーなものまで、90年代はCARCASSのようなメロデス、MORBID ANGEL、VADERタイプの王道デスメタル、CHILDREN OF BODOMのようなシンフォニック・デスも聞きますから。(よく消化不良起こさないもんだ)

あ~一度アークエネミーの方々と音楽のお話をしてみたいですね~。すっごく気が合いそう。う~ん、わたくしがギター弾ければアークエネミーに加入するのに(大きく出たな)。

結構わたくしと同じ趣味の日本人って多いと思うので、誰か日本人でアークエネミーに加入しなさい。んで、わたくしも仲間に入れてワールドツアーとかに同行させて♪(それが目的か!)

大丈夫です、ステージ袖で関係者ヅラしてるだけですから。おとなしいモンです、ホント。

|

« 環境にやさしいデス | トップページ | コンプリートなのかな? »

メタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/5433009

この記事へのトラックバック一覧です: DOOMSDAY MACHINE / ARCH ENEMY:

» ARCH ENEMY / Doomsday Machine [HM/HRでも聴きながら♪]
 SPIRITUAL BEGGARSでのクラシカルなハード・ロックも快調なマイケル・アモットが率いる、スウェーデンのメロディック・デス・メタル・バンド、ARCH ENEMYの通算6枚目。アンジェラ・ゴソウ姐さんが加入してから3〓..... [続きを読む]

受信: 2005年8月22日 (月) 00時16分

« 環境にやさしいデス | トップページ | コンプリートなのかな? »