« 田舎に泊まろう! 飯田さん編 | トップページ | デコボコベリーズ »

INVENTOR OF EVIL / DESTRUCTION

DESTRUCTION01

(注:グロ画像ではありません。ただのアルバムジャケットです)

デストラクションの新譜、「INVENTOR OF EVIL」を買いました。アルバムタイトルを直訳すると「邪悪な発明者」とでもなりましょうか。ジャケにも登場してる、バンドマスコットの「マッド・ブッチャー」のことを言ってるようです。

デストラクションはドイツのスラッシュバンドです。80年代から活動を続けるベテランバンドですが、歳を取っても衰えるどころか、ますます破壊力は増しています。バンド名「DESTRUCTION=破壊」を地で行くかのようです。

同じ時期に登場したスラッシュバンド勢の多くが、年齢とともに丸く落ち着いていくのに対して、あくまでアグレッシブさを追求する姿勢は賞賛に値します。変にミュージシャン風を吹かして気取ったりもしないし、おかしな音楽性を目指したりもしません。わたくしも歳を取っても、こんな不良オヤジになりたいですね。

とはいえ初期からまったく変わってないというわけではありません。初期はクラシカルなフレーズを大胆に取り入れてましたが、今ではあまり見られません。時々「オッ」と思わせる箇所もありますが、ホント一瞬だけですね。

再結成後は、リリースペースがすごいです。

2000年「ALL HELL BREAKS LOOSE」

2001年「THE ANTICHRIST」

2003年「METAL DISCHAEGE」

と、ほぼ1~2年に一枚のペース。働きモンです。

曲の方ですが、オビ叩きにも書いてあるとおり、どこをどう切ってもデストラクションです。疾走暴走チューンの嵐で、息つくヒマもありません。ダレることなくアルバム一枚一気に聞かせてくれますね。

曲がとにかく練りこまれてますね。リフがかっこいいのは言うまでもなく、曲構成がただ突っ走るだけでなく、緩急つけられているので飽きずに聞けます。この辺はさすがベテラン。一曲一曲の時間が4~5分と比較的長めですが、あまり長さを感じさせません。

本作の注目点の一つ。3曲目収録の「THE ALLIANCE OF HELLHOUNDZ」では、メタルの様々なミュージシャンがゲスト出演しての豪華な一曲になっています。驚くべきは、旧メンバーのハリーが参加している点です。過去にバンドが分裂することになった原因のひとりを、ゲストとはいえ起用しているのですから。音楽的には変わらなくても、人間的にはフトコロが深くなったということでしょうか。すばらしい。

11曲目に「KILLING MACHINE」という曲がありますが、プリーストのカバーではないようです。

ボーナストラックに初期の名曲「ETERNAL BAN」が2005年バージョンで新録されてます。1986年リリースの「ETERNAL DEVASTATION」収録のこの曲、アレンジは今風ですが、イントロのクラシカルな単音リフを聞いたら「デストラクションやー!」となぜかうれしくなります。で、昔のバージョンも聞きなおす、と。

もう一曲のボーナストラックは、本作収録の3曲目のカラオケバージョンです。これはライブで大合唱しようぜ!練習してこいよ!ってことでしょうかね。メタル、特にスラッシュでカラオケバージョンてのも珍しいので、これからもどんどん入れてってほしいですね。

激走スラッシュに分類されるので、メタル好きでも敬遠されがちかもしれませんが(ジャケットも含め)、その手が好きなマニアさんにはゼヒ。ただ、ジャケットから想像されるような、ゴア系のグチャドロではないので、その辺だけは要注意。

|

« 田舎に泊まろう! 飯田さん編 | トップページ | デコボコベリーズ »

メタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/5616016

この記事へのトラックバック一覧です: INVENTOR OF EVIL / DESTRUCTION:

« 田舎に泊まろう! 飯田さん編 | トップページ | デコボコベリーズ »