« フォトカードの裏側 | トップページ | 浴衣スッペシャル辻さん暴走編 »

B!10月号

とつ不思議なことがあります。

わたくしの住んでいる地域は、本や雑誌は2、3日遅れて書店に入荷されます。そのため、毎月5日発売のBurrn!はいつも、7日か8日ごろに買っています。

ところが、近所のジャスコ店内にある、某有名楽器チェーン店には、ちゃんと発売日の5日に入荷されるのです。今日もその某楽器店で買ってきました。

ちなみに楽器店に隣接する書店にはありませんでした。

一体何がどう違うのでしょうね。

さて、取り急ぎ今月発売されるCDの中から購入予定のものをピックアップ。

ARE YOU DEAD YET? / CHILDREN OF BODOM (9/14発売予定)

TRANSGRESSION / FEAR FACTORY (9/16発売予定)

COBはデビュー時からずっと聞き続けているバンドで、現行のバンドでは特に思い入れがあります。アルバムをリリースするごとにシンプルで聞きやすい路線になっていて、B!誌のインタビューやレビュー等を読むと、更にシンプルでストレート路線が推し進められているようです。

FEAR FACTORYって世間でどれくらい知名度があるのかわかりませんが、わたくしが世界一好きなバンドです。1995年に発表した「DEMANUFACTURE」でのインダストリアルサウンドに衝撃を受けて以来、未だにその魅力に取り付かれっぱなしです。ボーカルで詩人のバートン・C・ベル様の描き出すSFの詩世界は毎回感動的ですし、デス声と普通声を使い分けるスタイルを最初期から取り入れていたお方です。最近はボーカル主体の聞きやすい路線になっているとはいえ、ギター・ベース・ドラムが一体化して押し寄せてくるヘヴィ・リフは未だに唯一無二の個性です。B!誌のレビューを読むと、攻撃的なスタイルが推し進められているとのコトでちょっと初期を想起させてくれますが、まあそこまで激しくはなってないものと思われます。ボーナストラックにライブ曲があるのがうれしいですね。

といったところで今回はここまで、他の記事等はまた後日。

|

« フォトカードの裏側 | トップページ | 浴衣スッペシャル辻さん暴走編 »

メタル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
トラバのお返し、わざわざありがとうございます。

>「DEMANUFACTURE」でのインダストリアルサウンドに衝撃を受けて以来~。
ココ一緒です(笑)
個人的には近作あたりは、少し物足りなかったんですがね。

投稿: ギー | 2005年9月10日 (土) 02時12分

こんにちは。
コメントありがとうございます。
いやーわざわざお越しいただいて、うれしいです。

「DEMANUFACTURE」を分かってくださる方がいらっしゃった!それだけで感動です。
そうなんですよね、近作はちょっと物足りないかな。コレはコレでありです。まあ、全肯定の姿勢でおります。

投稿: ねこぽく | 2005年9月10日 (土) 05時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/5799425

この記事へのトラックバック一覧です: B!10月号:

» BURRN! 2005年10月号 [時空自在術 #07]
『BURRN!』2005年10月号 BON JOVI[ボン・ジョヴィ]の新作『HAVE A NICE DAY』が発表されるという訳で、表紙は子沢山な俳優業も忙しかったジョン・ボン・ジョヴィ。 前作でのPV「エビデー♪」での歯の異常な白さに自信を持ったのか、キラッ☆と三鷹さん(by『めぞ○一刻』)ばりのまぶしさを見せつけての満面の笑顔だ。 で、ポスターは昔美少年、今小汚い男ザック・ワイルド[BLACK LABEL SOCIETY]。 でも、あいかわらず表紙ん時は黒っぽい上着ですなぁ... [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金) 00時20分

« フォトカードの裏側 | トップページ | 浴衣スッペシャル辻さん暴走編 »