« 手描きの趣き | トップページ | 2005年総決算 ハロプロ編 »

2005年総決算 メタル編

げさなタイトルを書きましたが、今年を振り返る企画です。歳末バーゲンでもありません。

気がつけばもう大晦日。世間はあわただしいですが、世捨て人なわたくしにはどこ吹く風。単に、31日から1日に変わるだけでして、なんの感動もございません。土曜日から、日曜日になるだけです。コタツで猫とのんびりするのみでございます。

……なんてことを書いたらミもフタもないのですね(笑)

では、まずはメタル編。

 

今年はアルバムをほとんど買いませんでした。理由はいろいろ。経済的なものだったり、魅力的なタイトルがなかったり、ハロプロにうつつを抜かしていたり……。

それでも、少なくとも月に1枚~2枚は買ってるので、それなりの枚数になってはいます。今年買った新譜で印象に残ってるアルバムと、ひと言コメントを書いてみます。

 

「ANGEL OF RETRIBUTION / JUDAS PRIEST」
ロブ復帰はうれしいし、いい曲もあるけど、なぜかしっくりこないです。最近はあまり聞いてません。その内聞き返そうと思いつつ手が伸びない。

「TERRIFYER / PIG DESTROYER」
これはカッコイイ! 前作も良かったし、今作も◎。グラインド・コアなんで、曲というより、リフの集まりですね。リラックスしたい時に聞くと、ホント癒されます。

「DEMONS / SPIRITUAL BEGGARS」
イイ曲満載で、メンツも悪くないけど、このバンドってこんなんだったっけ? もっとシンプルで乾いた曲も聞きたいです。もしかしたらトリオ時代の方が好きかも。

「ICON / WETTON DOWNES」
ボーナストラックの「HEAT OF THE MOMENT」2005年バージョンにつられて購入。いーじゃん、エイジア好きだし、ジョン・ウェットンのボーカル好きなんだもん♪ てか、エイジアって名乗っちゃえばいーのに。

「CATCH 33 / MESHUGGAH」
彼らは相変わらず難解です。でもクセになる。思い出したように、時々聞いてます。去年出たミニアルバム「I」が欲しい。

「TRANSGRESSION / FEAR FACTORY」
今年最も聞き込んだアルバム。今地球上で一番好きなバンドなのでトーゼンですが、今後の方向性を占う上で、ターニングポイントの作品になりそうな気がするので、ますます注目度が上がってます。てか来日してください。

「THE FUNERAL ALBUM / SENTENCED」
これ聞くともろもろの思いがつのって涙が出ます。「END OF THE ROAD」なんて超名曲で幕を閉じるなんて、卑怯すぎるよ~(涙)

「INVENTOR OF EVIL / DESTRUCTION」
若いモンにはまだまだ負けん、とゆー元気をもらいました。

「DOOMSDAY MACHINE / ARCH ENEMY」
だんだんと分かりやすくなってきて、一般層にも広まっていくのに反比例して、わたくしから離れて行ってる気がしないでもないです。まだ大丈夫……なのか!?

「ARE YOU DEAD YET? / CHILDREN OF BODOM」
上記に同じ。

「GHOST REVERIES / OPETH」
コレは面白い。70年代ブリティッシュロックを今風にアレンジして、いい所を抽出するという点では、スピリチュアルベガーズと同じ。ボーカルのミカエル・オーカーフェルドの声が気に入りました。デス声、普通声ともにイイ味してる!

「THE ALL-STAR SESSIONS / ROADRUNNER UNITED」
豪華でした。アルバムも良かったけど、DVDの方がもっと面白かった。

「ONCE WAS NOT / CRYPTOPSY」
開いた口がふさがりませんでした。ロードワーム復帰よりも、インストパートがすごすぎ。面白い。ある意味ジャズ(笑)

 

といった感じです。少ないですねえ。以前は、メシ抜いてでもCD買ってましたから……月に20~30枚買ってたこともありましたっけ。メシ抜いて買って、寝る間も惜しんで聞き込んで、ぶっ倒れる、と(笑)

そーゆー意味では、ハロプロにハマるなんて可愛いもんですね(笑)ハロプロしか応援しなくていーんで。今年、センテンスドの死にっぷりを見に、一時は本気でフィンランド行きを考えましたから。

今年一番印象に残ったのは「フィア・ファクトリー」です。次点で「センテンスド」。

来年もいいアルバムがでるとイーナ♪ まずは「セルティック・フロスト」かな。

 

今年はメタルのライブに行ってません。てか、ハロプロ応援するようになって全く行かなくなりました。最後に行ったのは……2001年のフィア・ファクトリー以来かも。このツアー直後に解散したっけなあ。まだディーノいた頃だったなあ。時のたつのは早いなあ……。

おまけ。リリースは去年だけど、よく聞いたな~ってアルバム。

「LEVIATHAN / MASTODON」
買ったのは最近。しつこいくらいにアチコチでい~よ~コレ、って聞くんで、「どれどれ」と買ってみたらホントに良かった! ジャンルは色々言われてるみたいですけど、ハードロックでいーよ! 70年代ハードロックを今風にやってます!

「LEMURIA , SIRIUS B / THERION」
クリストフェル・ユンソンが大好きなんです。なんつーか孤高というか、ストイックな感じが。クラシカルなメロディも素晴らしいし、オペラ合唱隊と融合させたメタルも美しい。でも、2枚組はボリュームあり過ぎなんで、これを1枚に絞ったアルバムにしてくれたら、もっと素晴らしいものになったかも。

|

« 手描きの趣き | トップページ | 2005年総決算 ハロプロ編 »

メタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/7921340

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年総決算 メタル編:

» 今年のベスト(mocchie編) [3SIDES トゥ MUSIC]
他の2人に少し遅れてしまいましたが、私も今年のベスト5を…。 早く書かないと「今年」が終わってしまう…。 ダントツの第1位は、、、 Angel of Retribution Judas Priest 以下、残り4枚です。特に順位はありません。  Have A Nice Day/ Bon Jovi  Octavarium/ Dream Theater  Zenology ?/ Zeno    Demons/ Spiritual Beggars あと... [続きを読む]

受信: 2006年1月 1日 (日) 21時39分

» SPIRITUAL BEGGARS [★やっぱMETALでしょ!]
今日の一曲は ”Throwing Your Life Away” 権利関係はトイズ・ファクトリーでよろしく。 なんか懐かしい感じがしたので採用。 ヘヴィ・メタルという言葉がまだ流通していなかった頃の ヘヴィなロックの感じがする。 適当な表現が見つからないが 毒気を抜いた初期....... [続きを読む]

受信: 2006年1月16日 (月) 08時49分

« 手描きの趣き | トップページ | 2005年総決算 ハロプロ編 »