« MD入替え 5月ver. | トップページ | ガザC »

BURRN!6月号

BURRN!6月号を買いました。

今月号の目玉はMETALLICAのロングインタビューです。

今年3月に南アフリカで行なわれたフェスティバルに出演したバンドのインタビュー記事で、ジェイムズ・ヘットフィールドラーズ・ウルリッヒのふたりがたくさんのことを語っています。

現在曲作りが行われている新譜のことから、昔のこと、最近の若手バンドのことなど、たくさんのことに答えたインタビューで大変興味深かったです。

特に気になるのは新譜に収録される曲や、新ベーシストのロバート・トゥルージロのこと。インタビュー記事を読む限りは、曲作りの雰囲気は良く、ロバートもバンドにうまく溶け込んでいるとのこと。今までのような険悪な雰囲気はない、みたいな感じに読めましたが、このバンド曲作りしてるときって大体こういう言い方してるような気もしますが……。「前とは違うよ」みたいな。

 

アメリカでは人気があるのに、日本ではイマイチ……というバンドの代表格(?)TOOLの特集もありました。メンバーのインタビューの他、コレまでバンドがリリースした奇怪な作品群をひとつひとつ丁寧に説明されていました。これはイイ企画ですね。とかく難解なイメージが付きまとうバンドですが、分かりやすい解説で大変興味深かったです。わたくしもこの間TOOLの新譜を買いまして、その出来に感動しております。近いうちに感想を書きます♪

 

編集者同士の対談形式で行なわれた企画「これはメタルだ!」これも楽しく読ませてもらいました。

最近アメリカから出てきているバンドの中には、出身地やルックスに似合わない正統派メタルをやっているバンドがいます。現在人気急上昇中の「AVENGED SEVENFOLD」を筆頭に、色んな若手バンドの紹介がされています。

わたくしの行きつけのCD屋さんでもこの「AVENGED~」は推してるようで、特設コーナーが出来てました。試聴してみた所、これがかなりカッコイイのです。B!誌の評価通り、ジャーマンメタルか北欧メタルか、というくらい正統派な音でした。買いこそはしませんでしたが、面白いバンドだなと思いました。もうひとつ、アピールする「何か」があれば応援したくなるのですが……。

で、B!誌がわざわざ企画を打ったのは、これらアメリカ産の若手正統派メタルバンドが、意外なほど日本では人気がないという点でした。

どうやら「アメリカのバンド」という時点で敬遠されているようです。またルックスがメタルっぽくないというのもあるようです。またレーベルの売り方も「メタル」として売り出してないようです。

面白いのは、そうするとメタルを聞かない層にウケるという点。いわゆるフツーのロックを聴く若い世代にウケるから、余計意固地な(失礼!)メタルファンは手を出さない、と。

ちなみにわたくしの行きつけのお店も紹介文には、メタルの”メ”の字も書いてありませんでした。サマソニ出演するよ♪ みたいなあおり文句がでっかく書いてありました。

 

他にもTRIVIUMとか気になるバンドはたくさんいるので聞きたいのですが、なかなか手が出せずにいます。単純に金銭的な問題なのですが、ひとえにこれはハロプロに入れ込んでいるからでありまして、そちらの出費を抑えればちゃんとチェックできたりします(笑)

というわけでこれからはハロプロへの散財はやめて……と簡単にはいかないのが世の常。ハロプロとメタル、これからもうまくバランスを取っていきます(笑)でも、ここ数年新人バンドへの投資が全く出来てないなあ……。それはちょっと寂しい!

 

かと思えば、今月末に4枚目をアルバムをリリースするビル・スティアのバンドFIREBIRDにちなんで、ブルーズ・ロック名盤カタログという企画も。

ビルさんは、今現役で活躍しているギタリストで、ここまでブルーズ要素をハードロックとカッコよく融合させている人はいないでしょ、というお方です。かつてはCARCASSで轟音ギターを聞かせてくれたものですが、人間て変われば変わるものなのですね。またビルさんのインタビューもあり、こちらも充実してました。

ブルーズそのものはまだまだ勉強不足ですが、ブルーズ要素を取り入れたハードロックは大好きなので、FIREBIRDはもちろん買います。また企画で取り上げられたたくさんの名盤もソソる~。イカン欲しくなってくる、目の毒だ(笑)

 

先ごろ新譜を出したSODOMのインタビューもありました……って、アルバム買ったけどまだ感想買いてませんでした。これも近いうちに書きます♪

 
 
というわけで今月買いたい新譜は、FIREBIRDだけですね。TOOLはもう買いましたし。でも、実はB!誌で紹介されてない輸入盤をしこたま買いたい欲求もあったり。今の所はCELTIC FROSTだけですんでます(笑)

と思っていたら、B!誌を隅々まで読むと「今月のおすすめ」コーナーで奥野さんが、VENOMの新譜を紹介されてました。タイトルが「METAL BLACK」って冗談みたいなタイトルですね。裏ジャケには「メタルブラック」とカタカナで汚い字が書いてあるのでしょうか(笑)でも内容はいいらしいので、ちょっと気になる。てかちょっとどころじゃないよ!

さらに「ユーロ・ロック幻想」コーナーでは、RENAISSANCEの1976年のライブ音源がリリースされるという情報が。アルバム「シェラザード」リリース時のツアーを収録したものだそうで、選曲が良いです。てか、「OCEAN GYPSY」のライブバージョンを聞いたことがないので、これは欲しいなあ。そういえば「OCEAN GYPSY」は以前ブラックモアズナイトがカバーしてましたね。

といった所で今月も、アレが欲しい、コレが欲しいと言いながらおしまい。

|

« MD入替え 5月ver. | トップページ | ガザC »

メタル」カテゴリの記事

コメント

 メタル(ロック?)とハロプロの収集をバランスさせてるって、素直に「なんかすごい」って思います。

 この二つのジャンルって、ねこぽくさんの中ではどういう結びつきがあるんでしょう?、世界観がまったく異なるような気がしてならないんですが…。

 私なんぞ言葉がわからない(歌詞を考えちゃう)から一般に洋楽はダメです。せいぜい enya と Sheena Easton ぐらいですかね。過去に買ったアルバムってのは。

投稿: tucker | 2006年5月16日 (火) 14時26分

>tuckerさん
こんな記事にまでコメントありがとうございます♪ 一瞬tuckerさんがメタル好きなのかと思っちゃいました。

どうなんでしょ? ハロプロとメタル好きな人って、意外と多いような気がするのですが。単に公言しないだけで。ちなみウチの隣人様にも、お二方ハロプロ・メタル好きな方がいらっしゃいます。

そうですね、一度わたくしのヘンテコな音楽遍歴でも書いてみようかな? 前々から書きたいと思っていましたし。

エンヤはわたくしも聞きますよ♪ フォーク/ケルト/アイリッシュミュージック好きなんで。
シーナ・イーストンは懐かしいですねえ。ハマリこそしなかったものの、はやってた頃よくラジオで聞いたもんです(ラジオっ子なので)。

投稿: ねこぽく | 2006年5月18日 (木) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/10067833

この記事へのトラックバック一覧です: BURRN!6月号:

« MD入替え 5月ver. | トップページ | ガザC »