« スタパに上原ひろみさん | トップページ | ユラユラ揺れる / BON-BON BLANCO »

WIG WAMANIA / WIG WAM

Wig_wam01

WIG WAMANIA / WIG WAM」(2006年)

ノルウェー出身の「正統派メタルバンド」の2ndアルバムです。

とはいえ、ジャケットのルックスを見るとちょっと敬遠したくなるような格好をしています。てか、真剣にメタルを聞いてる人であればあるほど敬遠しがち、といいますか。

しかし、CDオビのあおり文句を見ると「曲よし歌よし文句なし」としてあります。

全くその通りで、80年代のアメリカンロック……特にLAメタルのようなキラキラしたポップなメタルが満載のアルバムです。捨て曲はナシと言ってもいいでしょう。

メロディは明快かつポップなので、一般層にもかなりアピールできるのではないでしょうか? 個性的なルックスはむしろ一般層にこそ受けそうな気がしますし、子供むけかも。

またAOR風のムードたっぷりなバラードも書けたりするので、年配の方にも受けそう。

メンバーは、バンド結成前にはセッションミュージシャン等を経験していたようで、演奏は安定しています。

特にギタリストさんは、わたくし好みのエッジの利いたリフを弾いてらっしゃいますし、早弾きリードもこなします。この辺は、本格派を求める方にもアピールできそう。ギターインスト曲が一曲収録されてますが、その曲ではリード弾きまくりでデキがイイ! 

……なので、かなり広い層にアピールできるバンドではないかと思われます。てか、本国ノルウェーでは相当な人気だそうで。

 

わたくしが一番近いな、と思ったバンドはDEF LEPPARDでしょうか? 速くて爽快な曲というよりは、ミドルテンポでじっくり聞かせるタイプの曲が多いように感じました。

アメリカンなドライな曲もありますが、ウェットなメロディラインはブリティッシュロック調に近いような気がします。

ボーカルのグラムさんは、適度にハスキーな声をしていて、結構存在感あります。バラードを歌えば渋く決めてくれますし。毒々しい歌い方も出来てなかなか多彩です。

流行り廃りに関係なく、上質のメロディを書けるバンドはやはりとても貴重なので、もっともっと人気が出てほしいと願うばかりです。

メタルとかロックとか、ジャンルにこだわるのではなくもっと広く「洋楽」として売れてほしいですね~。

 

ところで、アルバムのインナーでクレジット見てたら、バンドが使用する楽器の項目にて「Glam drinks Norwegian milk」なんていう一文が。ボーカルのグラムさんも何か書き加えたかったのでしょうねえ……。

このバンド、メロディセンスは文句なしですが、ユーモアのセンスもなかなかのものでは? 油断のならんバンドかもしれません。

|

« スタパに上原ひろみさん | トップページ | ユラユラ揺れる / BON-BON BLANCO »

メタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/11745718

この記事へのトラックバック一覧です: WIG WAMANIA / WIG WAM:

« スタパに上原ひろみさん | トップページ | ユラユラ揺れる / BON-BON BLANCO »