« メンテ終了 | トップページ | ハロプロ楽曲大賞2006本番 »

BURRN!1月号

BURRN!1月号を買いました。

今月号も色々話題がありますが、わたくしが一番食いついた記事は「CELTIC FROST」のライブリポート。

フィンランドとノルウェーで行われたものだそう。

バンドの意思とは無関係とはいえ、CELTIC FROSTがこの北欧を拠点に活動するブラックメタルに多大な影響を与えているのはまぎれもない事実で、このライブは実に興味深いものだと思います。

さらに感動的なのがセットリスト。

最新アルバムと、1st~3rdからまんべんなくチョイスされたセットリストは、ほぼベストいってもいいくらいの名曲ぞろい。

COLD LAKE」からの選曲はないだろうと思いましたが、「VANITY/NEMESIS」からも選曲されないとは!! すっごい徹底したセットリストですね。

 

Totengott(intro) [6th]
Procreation (of The Wicked) [1st]
Deathroned Emperor [1st]
The Usurper [2nd]
Jewel Throne [2nd]
Ain Elohim [6th]
Necromantical Scream [2nd]
Dawn Of Megiddo [2nd]
Mesmerized [3rd]
Sorrow Of The Moon [3rd]
Return To The Eve [1st]
Vision OF Mortality [1st]
Into The Crypt Of Rays [1st]
Inner Sanctum [3rd]
Circle Of Tyrants [2nd]
Synagoga Satanae [6th]

 

どちらかというと1stのへヴィめの選曲が多いですね。

これは、バンド史上もっとも重たいアルバムとなった、最新アルバムの雰囲気に合わせてのセットリストかもしれません。

ライブ前半はわりとへヴィで重たい曲を持ってきて、中盤に3rdのオリエンタルムードな曲をおいて変化をつけて、後半に速い曲を持ってきてますね。

ライブのハイライトはなんと言っても⑬~⑮の高速スラッシュチューン3連発でしょうね。1st~3rdの代表曲が立て続けですから、会場はさぞかし盛り上がったことでしょう。

で、ライブの締めは最新アルバムでもっとも長尺の曲。

すごいセットリストだな~これは。見たいな~と思っていたら来年の1月に来日決定!

念願かなってやっとトム様に会えると思っていたら、平日~。いくら大阪に来てくれるといってもそりゃ無理ってもんです……てか新春ハロプロライブの3日後かい!

ところで、このセットリストでひとつ気になったのが④の「The Usurper」。この曲だけでやったのか、それともイントロの「Innocence And Wrath」も一緒にやったのかが気になりますね~。メドレー形式でやるのとそうでないとでは、全く印象が違うでしょから。

例えるならJudas Priestが「Electric Eye」をやるときに「The Hellion」をやらないのと同じですからね~。

てか、ライブアルバム&DVD出してください……。

 

さて、今月は欲しい新譜がなし。

唯一気になるのが復活した「Terrorizer」の2ndアルバムでしょうか。

アメリカのデス/グラインドコアの開祖的なバンドの復活作ですが、その中心人物のジェシ・ピンタードがすでに他界されているのが悲しいですね。気が向いたら買います。

というわけで今月は、今年の6月にリリースされたプログレバンドACTを購入しました。

「北欧出身でMarillionっぽい」ってアルバムレビューで、すでに音が聞こえたような気がしていたのですが、その当時は買い控えてました。あとで余裕があるときに買おうと思っていて、この間やっと買いました。近いうちに感想書きます。

あと、旧譜で気になるのが、イギリスのMAGNUMの初期6作品が紙ジャケ&リマスターになるとのこと。

このバンドも好きですけど、ライブ盤しか持ってないので、スタジオ盤を買ういい機会かも。1stと3rdが買いかな?? てか値段が高いのが気になるんですけど……。

|

« メンテ終了 | トップページ | ハロプロ楽曲大賞2006本番 »

メタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/13011784

この記事へのトラックバック一覧です: BURRN!1月号:

« メンテ終了 | トップページ | ハロプロ楽曲大賞2006本番 »