« Hello! Project DVD MAGAZINE Vol.11 | トップページ | ただいま休憩中 »

女に幸あれ / モーニング娘。

Sati

「女に幸あれ / モーニング娘。」

曲感想の前に。

今回のジャケット見ての第一印象は「娘。もずいぶん変わったな~」でした。

前作からふたり減って、ふたり増えたのですから、計算上は人数変わってないはずなのですが、まるで「新ユニット?」ってくらい顔ぶれが変わった印象があります。

ブラックを基調にしたメイクでクールに見せてるから、普段とイメージ違うというのもあるでしょうけど。

 

曲を初めて聞いたときの第一印象はメロン記念日の「かわいい彼」っぽいな、って思いました。

曲そのものは似てないのですが、イントロの出だし部分とか、曲全体の雰囲気が似ている気がします。

かわいい彼」ほど扇情力はありませんが。

 

今回のシングルも、前作同様テンポの速いロック調の曲で、勢いはあるのですが聞いててもうひとつハジけきってないな、と思いました。

ちょっと堅すぎる感じで、もう少し遊んだ部分があってもいいかな?

ネガティブにとらえると、余裕がない感じで、聞いててちょっと窮屈に感じます。

ポジティブにとらえれば、すごく真剣でマジメな曲で、スピーカーの前に正座して聞いてる分には楽しめます。

 

この辺、もう少し何かを変えるだけで、もっと面白くなったんじゃないかと思うのですが……。

ただ今回の曲、タイトルが「女に 幸あれ」というだけあって、全体的に底から這い上がっていくような力強さがテーマになってるっぽいですね。

歌詞も、いつかやってくる幸せに期待を寄せるような内容ですし、あまりおちゃらけた歌にしたくなかったのかもしれません。

てか、わたくしは最初このタイトルを聞いたとき、すぐに亀井絵里さんの顔が思い浮かんで「幸うす江」をイメージしたようなジメジメした曲を予想したんですけど……。

 

曲の演奏はモロに打ち込みで、しかもどんだけ~?ってくらいオーケストラヒットとタムロールの連続です。

オケヒとタムロールで曲が出来てるんじゃないか、ってくらい多用されてます。てか多すぎ。

なんかインストバージョン聞いてると、昔のゲームミュージックみたいで面白いです。

この辺「女に 幸あれ」ってくらいですから、どん底から抜け出すにはカラ元気くらいの勢いが必要だったのかも。

そういう目で見れば、今回の曲衣装も金ぴかでどハデだし、PVも照明キラキラしてて、無駄にゴージャス感出してます。

でもどこかチープ感があって、その辺がカラ元気みたいに見える、と。

う~ん、どこまで計算してるんだろ??

 

c/w「Please!自由の扉」

バックの演奏は打ち込みながらも洋楽風の質の高い物となっていて、この部分に食いつきました。

メロディにはこれといったフックはなく、曲展開も特に劇的でもなく。

良くも悪くもシンプルな曲です。

てかGAMのアルバムに収録されてそうな曲ですね。GAMのふたりが歌ったら面白く仕上がりそうです。

コレは言い換えると、歌う人の歌唱力で曲の魅力の生き死にが決まっちゃうという、実に恐ろしい曲だったりします。

簡単に言うと、ちゃんと上手に歌わないと二線級になっちゃうよ、ってことです。

歌い手のスキルを丸裸にしてしまうような、こんなシンプルな曲をモーニング娘。に歌わせるということは、それだけ今の娘。には信頼を置いてるということなのかな??

 

では、今の娘。がこの曲を歌いこなせているかどーか??

……それは聞いた人それぞれの判断にゆだねたいと思います。

|

« Hello! Project DVD MAGAZINE Vol.11 | トップページ | ただいま休憩中 »

 ハロプロ楽曲」カテゴリの記事

 モーニング娘。」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

音楽的にはほとんど何も分かっていない僕だけに、
ねこぽくさんの解説は非常に参考になります。
全然関係ないですが、ジュンジュンの背の高さには、ちょっとびっくり。

投稿: ルル | 2007年7月28日 (土) 23時16分

こんばんは。曲の解説、大変参考になります。
歌い手によって、曲を生かしたり、はたまた逆に…なんてことになるんですね。
僕はよく、曲が歌い手を選んでいる?なんて思ったりします。
ちなみに℃-uteのめぐる恋の季節、23800枚くらいの初動売り上げで五位に入ってましたが、大変良い曲で、彼女らを魅せる曲だと思いました♪

投稿: 偽LouYun | 2007年7月29日 (日) 02時02分

>ルルさん
わたくしもキチンと音楽を勉強したわけではなく、解説は我流・自己流です。実は。
色んな音楽聞いてるんで、他のジャンルと比較しての感想なんですよ。
なるべく引き出しを多く持ちたい、という思いから、客観的な視点で見るように務めております。

ジュンジュンさんって背が高いから、カッコイイですよね~。立ってるだけで画になります。


>偽LouYunさん
一概には言えませんが、曲がシンプルになればなるほど、歌い手さんの実力がわかっちゃいますね。

>曲が歌い手を選んでいる
これはあると思います。
ハロプロに関して言うと、多分メンバーの魅力が、つんく♂さんにその曲を書かせている、と思っています。

℃-uteは歌うまいし、曲は良いし、なのでもっともっと色んな人に聞いてもらいたいですね♪

投稿: ねこぽく | 2007年7月30日 (月) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/15921200

この記事へのトラックバック一覧です: 女に幸あれ / モーニング娘。:

« Hello! Project DVD MAGAZINE Vol.11 | トップページ | ただいま休憩中 »