« Aの次はB | トップページ | アンケート »

きずな / 松浦亜弥

「きずな / 松浦亜弥」

亜弥さん20枚目のシングルです。今回はネット配信版を購入いたしました。

この「きずな」という曲は、スピリット・オブ・ジャパンというグループのカバーになるようです。オリジナルを聞いたことがないのですが、見事に亜弥さんらしく仕上がっていると思います。ここ最近の、しっとりと落ち着きのある、亜弥さんの歌唱力を前面に押し出した楽曲です。

バックの演奏も含めて、曲そのものをシンプルにすることで「歌」を聞かせることに重点を置いていますね。

実際、ここで聞ける亜弥さんの歌声は透明でとても説得力のある歌声になっています。またひとつ上の段階に登った感じがします。

曲自体はメッセージ性のある、ポジティブな内容です。

とにかく「ありがとう 生まれてきたこと ありがとう きずなに感謝」と感謝感謝の歌詞で、GAMの「Thanks!」ですか!? ってくらい感謝の嵐。そのためか、スペシャルオリンピックの日本応援曲となっているようです。

ただ、こういったスタンダードナンバーを歌う亜弥さんも良いんですけど、やっぱりもう少しキャッチーな歌も歌ってほしいかな?

もちろん、脂っこい肉料理よりも、素材の味を楽しむ質素な和え物のような料理もいいんです。だけど、やっぱりそればっかりだと、少々味気ないかな?

シンプルな曲、派手な曲、両方のバランスがあるからこそどちらの曲も魅力が引き立つと思うんですね。

要するに、シングルのA面がしっとり系なら、カップリングをアホっぽい曲にするとか。対比させることでメリハリが出てくると思うのですが……。

 

さてこの「きずな」の作曲者は宮川彬良さんです。有名な方なのでご存知の方も多いかと思いますが、わたくし的にはNHK教育の夕方にやってる子供向け音楽番組「クインテット」に出演&音楽監修してる「アキラ」さんです。

クラシックや昔から歌い継がれているスタンダード曲を、独自のスタイルでアレンジする、なかなか面白い方です。

5/22放送の「きよしとこの夜」に亜弥さんがゲスト出演し「きずな」を歌った時に、ピアノ伴奏されていたのがまさに作曲者の宮川彬良さんでした。このコラボはまさにNHKにしかなしえないミラクルでしたね。感動でした。

 

ちなみに「きよしとこの夜」に出演された亜弥さんですが、番組中氷川きよしさんとデュエットする場面があったのですが、そこで歌った曲は今井美樹さんの「PRIDE

亜弥さんの音域の広い歌唱力で、この名曲が全く別の次元に生まれ変わっていました。やっぱり、亜弥さんにはスタンダードナンバーよりも、もう少しフックのある楽曲を歌わせた方がいいんじゃないかな~って、このカバーを聞いて思いました。

 

「きずな」
しっとりと落ち着いた楽曲で、とてもココロに染みてくるのですが、ちょっと印象に残りにくいかな?

亜弥さんの安定したボーカルとあいまって、BGMに最適な曲にはなっていると思います。

ライブで歌った場合、中盤にひと息つく感じで歌うと、とても効果的になると思います。ライブ構成的にも、この前後の曲は激しい曲で挟むことによって、どちらも相乗効果で印象に残りやすいと思います。

 

c/w「ひとり(single version)」
亜弥さんのセルフカバーアルバム「NAKED SONGS」に収録されていたオリジナルソングのシングルバージョンです。

バックの演奏が一層シンプルになったくらいで、特に変わったアレンジはほどこされていないように感じます。A面の「きずな」に合わせた雰囲気に仕上げた感じでしょうか?

NAKED SONGS」収録曲としては、きっと「dearest.」の方がよりフックがあってキャッチーだから人気はあると思うのですが、今回そちらを選ばずに「ひとり」の方を選んだのには、やはり「ノリのよさ」よりも「聞き流せるくらいの落ち着き」という雰囲気を重視したシングルだったのだということが分かります。

亜弥さん流の「22歳の私」は、しっとりさっぱり、きずなを大切にする感謝の気持ちを忘れないお年頃のようです。

|

« Aの次はB | トップページ | アンケート »

 ハロプロ楽曲」カテゴリの記事

 松浦亜弥」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/41328183

この記事へのトラックバック一覧です: きずな / 松浦亜弥:

« Aの次はB | トップページ | アンケート »