« 今日はライブ! | トップページ | EF »

松浦亜弥コンサートツアー2008春「AYA The Witch」 / 姫路市文化センター

ってまいりました。松浦亜弥さんの春ツアー最終日、千秋楽公演。

初めてこのツアーに参戦しますが、初参戦が千秋楽ってのもアレですな。てか今年は、このパターンが多いです。音楽ガッタスもだったし、ベリキュー合同ライブもだったし。

おかげで、ツアー序盤には見られないような余裕のようなものが感じられて、とても完成されたライブに仕上がっていたと思います。

特に、今回亜弥さんはフルのバックバンドを従えて歌ってらっしゃるのですが、このツアーの5/31大阪公演を見た方は、バックバンドと亜弥さんの絡みがイマイチで楽しめなかったと言っていました。コレに関しては、千秋楽公演のMCにて亜弥さん本人が直接言ってたのですが、今回あまり練習する時間がなかったとのこと。要するにリハーサル不足だったようです。

だから、このツアーの序盤をご覧になって、何かちぐはぐだな? と感じられたお方、それは単なる練習不足によるものであって、決して亜弥さんとバックバンドとの相性が悪いというわけではありません。回を重ねるごとにどんどん練習不足を補えるようになったようで、千秋楽公演では安定しつつも時には亜弥さんよりも前に出てきそうになるバンド陣の勢いに圧倒される思いでした。

これくらいのクオリティでやってくれるのであれば、充分合格点ですよ。

 

さて、この日は亜弥さんの地元姫路のライブです。

というわけで、サービスのおつもりなのか、開演五分前の諸注意のアナウンスを亜弥さんがやってらっしゃいました。

関西弁のイントネーションで、やわらかい口調でありながら、結構キツイこと言ってる亜弥さんがかわいい♪

特に「会場には小さいお子様がいるので、泣かしたら、亜弥お姉さんがゆるしまへんで」が面白い!

 

舞台は開演前から、バンドの楽器が準備されていて上手側にギター、ベース、ドラム、パーカッション。下手側にキーボードふたりと女性コーラスふたりという布陣で、ステージ中央に亜弥さんが陣取って歌い上げます。

まさにフルバンド。ここからどんな楽曲が飛び出すかとても楽しみでした。

前回のツアーからは、シングルが1枚リリースされているのみで、アルバムはリリースされていません。それでも最近の亜弥さんのことだから「ダブルレインボウ」の曲を中心にしたしっとりとしたライブを見せてくれるかな? と予想していました。

が、その予想は見事にハズレ。

 

1曲目に2ndアルバムの「From That Sky~替え玉は硬メンで」のハードなギターから始まりました。ハードロックなこのナンバーをフルバンドでやると迫力満点。

続く2曲目に1stアルバムより「絶対解ける問題X=(はぁと)」が来て、会場は大盛り上がり。なるほど、これならフルバンドでやる意味のあるセットリストだ、と納得。

絶対解ける問題X=(はぁと)」のギターソロ部分では、亜弥さん特製(?)の赤いフライングV風を持って弾きマネしてました。それを後ろからギタリストさんがやってきて、つんつんと亜弥さんの肩をつっつくと、こうやって弾くんだよとギターソロを披露。なかなかいいギタリストっぷり。

ギタリストっぷりといえば「LOVE 涙色」でもギターソロも光ってましたね。

他にもハードなロックナンバー2ndアルバム収録「デート日和」も披露。この曲あまりライブでやってくれないので、とてもうれしかったです。

ロックな曲じゃないけど、軽快なテンポが命の3rdアルバム収録の「恋してごめんね」もスリリングに仕上がっていてかっこよかったです。

 

今回のライブは、比較的古い曲を多くやってくれた印象があります。特に1stアルバムからの選曲が多く、

オシャレ!」、「初めて唇を重ねた夜」「笑顔に涙 ~THANK YOU! DEAR MY FRIDNDS~」をやってくれました。

シングル曲は

「ドッキドキ!LOVEメール」
「The美学」
「Yeah! めっちゃホリディ」
「LOVE 涙色」
「YOUR SONG~青春宣誓~」

でしたが、個人的には久しぶりに聞いた「奇跡の香りダンス。」がうれしかったです。

 

ダブルレインボウ」からは「ソウルメイト」「女Day by Day」「ダブルレインボウ」をやってくれました。この選曲は納得ですね。

また最新シングルからは「きずな」とそのカップリング「ひとり」を披露。

と、ここまではよかったのですが、1曲わたくしの知らない曲がありました。それはライブの中盤にあった「夕暮れ」という曲。

これなんだっけ? 誰かのカバー? って最初分からなかったのですが、後で調べて「トロピカ~ル恋して~る」のカップリング曲だと判明。

日ごろ、ハロプロ曲の7~8割りは分かる、と豪語するわたくしですが、まだまだ勉強不足だと思い知らされました。てか、この曲ライブ初披露じゃないですか??

 

全体的にセットリストは、アップテンポでノリの良い曲が多く、合間合間にアクセントでバラードが入るという、とてもバランスの取れた構成だったと思います。

バンドでの演奏に関しては、原曲にかぎりなく忠実にやっていて、今までの合いの手がそのまま流用できたのは大きかったです。

とはいえ、この辺今後少しずつアレンジを変えて行っても面白いんじゃないかな? って思いました。

でも「初めて唇を重ねた夜」や「ダブルレインボウ」では、少しアレンジを変えて曲の後半に進行するにつれて、どんどん盛り上がるドラマティックな演出に涙腺つかれました。亜弥さんの歌声もすごく良かったけど、演奏との相乗効果で感動が倍増してました。わたくしの隣で見ていた女性ファンなど、涙ぐんでましたよ。

何年か前に、ブラスバンドを取り入れ、ジャズっぽいライブをやったことのある亜弥さんですが、あの時はあまりにぶっ飛んだことをやりすぎて付いていけないファンが多かったと思います。が、今回くらいなら昔からのファンも入りやすかったんじゃないでしょうか?

 

さて、わたくしは前から3列目の上手側から見ておりました。ちょうどベースの人の真正面です。

亜弥さんもしっかり見てましたが、実はベーシストさんもしっかり見てました。フィンガーピッキングで、アタック音はそれほど強くないものの、曲のボトムをやさしく包み込むようなやさしい音に聞きほれていました。そこにタイトで安定したドラムが絡むという、リズム隊はとてもよかったですね。

で、地方の会場なので前から3列目だとステージとにかく近い! 亜弥さんも比較的上手側に来てくれる回数が多くて、そりゃもう手が届きそうなくらい近かったですよ。感激。

特にうれしかったのは「女Day by Day」の「負けるなB型~」の部分で、亜弥さんを思いっきり指差す部分を、超間近でやれたことです。

 

ライブが後半に進むにつれて亜弥さんがだんだん疲れていくのが分かりました。

声が出なかったり、辛そうにしてるのが見て取れました。これは亜弥さんが体調が悪いのではなく、盛り上がる客席と、飛ばしまくるバンドに後押しされて、序盤からペース配分無視で突っ走った結果、終盤でバテたのだと思われます。

コレくらいがいいのですよ。ライブをやりきることばかり考えて、序盤ペース押さえてやられるよりも、ペース配分無視していけるトコまで突っ走ってやる! っていうくらいの方が楽しいに決まってます。亜弥さんが歌えないパートは、ちゃんとファンが補って歌ってくれるんですから。

とあるMCで亜弥さんが言ってました。

今回は楽器がたくさん集まってる中、自分の歌も楽器の一部だと。そしてファンの手拍子等も楽器の一部だと。それらみんなが集まって曲を作り上げるんだと。

わたくしはコレ聞いて感動しました。そうなんです。ライブは誰かひとりが作るものではなく、みんなで作り上げるものなのです。やっぱり亜弥さんはその辺がよく分かってらっしゃる。

 

○MC

今回のツアータイトルは「AYA The Witch」。魔法使い亜弥です。コレといって何か仕掛けがあったわけではありませんが、ステージ上から大きな鏡が降りてきて、「鏡よ鏡よ鏡さん、この世で一番美しいのは誰?」と問いかけるコーナーがありました。

まあ、ひとことで言うと会場全体で「あやや~!」と叫んで亜弥さんを呼ぶコーナーなのですが、かなり遊んでましたね。

スタッフさんが用意したカンペを、バンマスであるギタリストさんが客席に叫んでもらう声を見せるのですが、それが「デビ夫人」だったり「ウオーズマン」だったり。突然舞台袖から、「勝訴」の紙を持って走ってきたり。

なんとかかんとか「あやや」と呼ばれて登場した亜弥さん少々ご機嫌ななめ。特にウオーズマンには苦い思い出があるそう。黒髪にしていたときに、前髪をパッツンにしてしまったところ、ウオーズマンみたいと言われたのがきっかけだそう。でもウオーズマンを知らない亜弥さん。親切なマネージャーさんがウオーズマンの画像を見せてくれたり、携帯の待ち受けにしてたりしてたそうですが、失礼すぎると亜弥さんご立腹。

 

これからしっとりした曲を披露するため、会場の雰囲気を変えたい亜弥さんですが、ファンから「トイレ詰まった」と言われ大ショック!

なんでも飼ってる犬のおしっこシートをトイレに流したら、詰まってしまってその修理代に五万かかってしまったとか。

そんなことを言われて、しっとりとした歌など歌えないと嘆く亜弥さん。雰囲気など変えられそうもない、と絶望的な亜弥さん。「無理!」というファンの声にいちいち反応して「そう、無理です」と言い切る亜弥さん。

しまいには、「開演前の諸注意でも言ったけど、公演の中止もありえます……」という言葉をちらつかせる亜弥さん。それは横暴です(笑)

 

この日のライブは7/5に行われたのですが、前日から姫路入りしていた亜弥さん。

昔の友達の家に遊びに行っていたのだそうです。なんでもその友達には二歳になる子供がいるそう。結婚するのも知っていたけど、ワザと行かなかったそう。忙しかったのもあるけど、新郎のお方が、小学校時代の亜弥さんに告白したことのあるお方だったとのこと。あの時の自分に対する気持ちはどうなったのだ!? ということで行かなかったそうです。複雑なのですね。

上京してデビューして八年になる亜弥さん。今回の里帰りで、その八年前に分かれて以来会った友人もいたそうです。

上京する日、朝の七時だったにもかかわらず、大勢家の前に集まってくれて、亜弥さんにお別れの歌を送ったそうです。それが花*花の「さよなら 大好きな人」の替え歌で、さよなら大好きな亜弥に替え歌してくれたそうです。

上京後もさみしい一人暮らしの中、MDでこの曲を聞きながら泣いていたそうです。

この日、アンコール明けでは、中学時代の友人達も会場に来てくれていることから、あの時のお返しということで「さよなら 大好きな人」をアコースティックバージョンで披露されていました。感動ですね。

 

ライブ最後の曲は「笑顔に涙 ~THANK YOU! DEAR MY FRIDNDS~」。

もはや定番になりつつありますが、いつ聞いても良い曲です。最近のアーティスト路線もいいですが、昔の良い曲たちもちゃんと忘れてないんだな、と改めて亜弥さんを見直したライブでした。いやホントいいライブでした!

|

« 今日はライブ! | トップページ | EF »

 ハロプロライヴ参戦」カテゴリの記事

 松浦亜弥」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

かなり感動的なライブだったみたいですね。
だけど、自分が感動するのはねこぽくさんの記憶力のほうだったりします(笑)
自分はボイスレコーダーでも持ってかないとこれほどのレポは書けません(笑)
やはり楽器に詳しいかたは観る視点もちょっと人と違うもんなんですね。いや、素晴らしいレポです。
感服しました。

投稿: 三原色 | 2008年7月 6日 (日) 22時20分

どもども。

>「From That Sky~替え玉は硬メンで」

松浦さんは友人に大ファンがいます。
で、この曲聞かせてもらいました。

マイケル・ランドゥみたいなギターソロが素敵でコピーしたことああります(笑)。

ではでは。

投稿: ののまる。 | 2008年7月 7日 (月) 08時10分

>三原色さん
いや~、ライブの中身を記憶するのに、何も特別なことはしてないんですけどね~。
ただ、2005年にこのブログを書き始めるようになって以来、ライブを見るときに緊張感を持って見るようにはなりましたね。あとで感想書くんだから、ちゃんと見なきゃ、って感じで。

セットリストの曲順までは覚えてませんが、どの曲をやったかくらいは分かりますよ。トークも印象的なものを書いてるうちに、あーあんなこと言ってたな、と思い出しますし。

これがトークイベントだと、メモしながら観覧してます。
6/15の℃-uteイベントはメモを元に記事書いてますんで、よかったら見比べてみてください。
http://nekopoku.tea-nifty.com/eririn/2008/06/ute_fc_event_91e2.html

投稿: ねこぽく | 2008年7月 7日 (月) 21時12分

>ののまる。さん
今回の亜弥さんのライブはギタリストさんが活躍する、ロックなライブでしたよ。
久しぶりに、ロックのライブを見た! って感じで感動的でした。
バックバンドのメンバーさんたちは、もっさりした感じの方ばかりで地味でしたけど(笑)

投稿: ねこぽく | 2008年7月 7日 (月) 21時13分

お疲れ様でした。
ね、良かったでしょう!!(←オマエが言うな(笑))
千秋楽&地元ということでの盛り上がりがレポから伝わってきました。特別な曲やイベントもあった様ですね。MCでは特に暴走している様で(^^;

P.S.
頂いたメールで「重大発表」という単語が目に入って一瞬ドキッとしましたよ…

投稿: Firefly | 2008年7月 7日 (月) 22時45分

こんばんは。
やっぱり、素敵なレポをあげてますね。すごいです。
もちろん、あややのライブがすごいからなんでしょうけど・・・??

これを読んだら行きたくなってしまいますよ。あー聞きたかったなあ、という曲もあったようですし。僕は僕でアコなちで楽しんでいたので、後悔はありませんが、せめてなっちのためにいいレポを書きたいです。ではでは。ハロコン@大阪は、やっぱり19日のみの参戦です。

投稿: 偽LouYun | 2008年7月 7日 (月) 23時55分

>Fireflyさん
いやー楽しいライブでした。バンド、亜弥さんともに上出来だったと思います。
やっぱり、地元&千秋楽効果はありましたね。とっても盛り上がりました。大阪公演は見送ったのですが、この公演に参戦して正解でした。

「重大発表」は~、一応重大は重大なので、報告してみました。あ、はにわっちの写メありがとうございました。


>偽LouYunさん
いやいやわたくしの感想などまだまだですよ。MCとかうろ覚えだし。
やっぱり楽しいライブはそれだけ感想を書きたい! っていう意欲に燃えるので、今回はすぐにでも書きたい気分でしたよ。

ハロコンは、わたくしは20日です。う~んすれ違いですね~。残念です。
まあ、またどこかの会場で会いましょう!

投稿: ねこぽく | 2008年7月11日 (金) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/41755771

この記事へのトラックバック一覧です: 松浦亜弥コンサートツアー2008春「AYA The Witch」 / 姫路市文化センター:

« 今日はライブ! | トップページ | EF »