« ちょこっと復帰 | トップページ | 第41回日本有線大賞 »

愛しい人を亡くしました

や正確には人ではなく、車なんですが……。

12/7、その日は大阪で音楽ガッタスのライブがある日でした。

おりしも前日風邪をひいたわたくしは、40度近くある熱を無理やり解熱剤で下げ、多量の風邪薬、滋養強壮剤、その他もろもろでもって、なんとか12/7当日には少し風邪が回復しました。

でも体の倦怠感や体の節々の痛みは激しく、ライブで踊ることは無理で、見るだけになりそうだなと、体調不良の中出発しました。

コレが間違いでした。

 

風邪の熱でヘロヘロなのに加えて、大量の風邪薬のせいでひどい睡魔に襲われ、運転に全く集中できず。

何度か縁石に乗り上げるたびに目を覚ます危険運転の中、ついにその時はやってきました。

右カーブ手前で半分意識を失い、カーブを曲がることなく、道路を外れてしまいました。

まずはカーブをうながす標識なぎ倒し、民家の庭にあたる砂利(これがうまい具合にサーキット・コーナーの砂利ゾーンのようになってた)を突っ切り、民家の石垣に激突してようやく車は止まりました。

 

幸いわたくしは全くの無傷。他者も巻き込むことなく、単なる自損事故ですみました。

が、わが愛車のカプチーノはもはや自走不可能なほど大破しており、見た目だけならわたくしも一緒に死んでいてもおかしくないくらいの壊れっぷり。

無傷なのがまさに奇跡でした。

 

とりあえず警察の人に来てもらい現場検証&事情聴取。

単なる物損事故として処理してくださいました。

激突した石垣は多少崩れており、それを修復することになる、と民家の方とお話をしました。とてもよい方で全然怒ったりなんかせず、わたくしの体を心配してくださりました。

保険屋さんも対物の保険がおりるとのことで、補修の心配はなし。

なんでもこのカーブは事故が多発する地域で、よく曲がりきれない車が突っ込んでくるんだそう。魔のカーブですな。

 

もはやエンジンすらかからないカプチは、あえなくレッカーでいつもお世話になってるスズキのお店へ。

当面預かってもらいますが、全損なので当然廃車です。

担当の方が車を見るなり、わたくしの安否を心配して飛んできましたが、無傷なのにホッと胸をなでおろしておられました。

この日はとりあえずの代車を借りて帰りました。

 

約5年乗って、10万キロ走ったカプチとの別れでした。

確かに、ライブ見にいけなかったのは残念だし、無理して出かけたために起こした事故だけに、悔やんでも悔やみきれません。

でも、でもね。

世界一愛していた愛車との別れが、ホンの一瞬で起きてしまったことが、いまだに信じられないんです。

今でもウチの車庫にはカプチが止まってるんじゃないかって、思うんですけど、今は代車のアルトしかいません。

Cappu01

今後さらに5年でも10年でも、20万キロでも30万キロでも走ってやろう、って今年15万キロ走破したときに誓ったんですよ。

その矢先に突然訪れた早すぎる別れ。

5年乗って10万キロ走ったら充分だと思いますか??

わたくしにはまだまだ全然足りません。

もっともっとカプチの魅力を味わいたかったです。

乗れば乗るほど楽しくなれる、新たな発見がある、一度乗ってしまったら、もう他の車には乗れなくなる……。

あのカプチ独特感覚が味わえないなんて、世界は真っ暗です。

あぁ、どうして事故したときにカプチと一緒に自分も死ななかったんだろう??

 

いや違うな、きっとカプチがわたくしを守ってくれて、カプチが変わりに犠牲になってくれたんだろうな。

本当に死ぬべきだったのがどっちなのかわかんないけど。

でも、あれだけひどい事故だったにもかかわらず、わたくしが全くの無傷であることは、やはりカプチがすべて守ってくれていたおかげとしか言いようがないです。

 

今、再びカプチーノを購入すべく、動き出しています。

ですが、元々玉数が少ないうえにマニアに絶大な人気を誇る車だけあって、中古価格も高いです。程度のよいものは新車のときとほぼ同じ価格です。15年くらい前の車がですよ!?

そうそう簡単に買える車ではありません。まして、現在さる事情から収入が不安定なわたくしの状況からすると、さらにキビしい現実です。

 

なので、ここはとりあえず足になる安い車を買って、ゆっくりお金をためてから買った方がいいのか??

それとも、多少無理してでも、そこそこ手の出る価格の程度のものを探して買った方が良いのか??

 

……を車屋さんと相談中です。

前代のカプチが亡くなってからの傷がいえないのに、早くも次のカプチを探している自分に、なんだか矛盾じゃないけど、変な感覚を覚えながらも。

 

話変わって、前代のカプチ、ナンバーが55-16っていうんです。

Cappu02

5516
 ↓
ごごいろ
 ↓
ももいろ
 ↓
桃色片想い
 ↓
松浦亜弥さん

というゴリ押しな語呂合わせで、当初「あやや号」って名づけてました。

だけど嗣永桃子さんが「momo16」って写真集出してからは、「桃子号」に名前が変わってました。

 

さらに、全然関係ないけど、今代車で乗ってるアルト、マニュアルなんだけどものすごく加速がいいです。2~3速で引っ張るとどこまでも加速し続けます。

下手するとカプチより速いんじゃない? これホントにノンターボ車!?

貸してくれたスズキのお店でも評判になってるらしく、重量720キロというライトウェイトがなせるわざだそうな。

オバちゃんが乗る買い物車じゃないよコレ。足回りいじったら、アルトワークスだよ。

……なんか、これにターボくっつけてさらにパワーアップさせて、足回りガッチガチにして、エアロやらスポイラーやらつけたらさぞかし面白い車に仕上がるだろうな~、などとよからぬことを考えつつあります(笑)

Alto

|

« ちょこっと復帰 | トップページ | 第41回日本有線大賞 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

大変でしたね。。

ねこぽくさんがご無事でなによりです。

投稿: ののまる。 | 2008年12月10日 (水) 18時25分

ホントにご無事で何よりです。

お互い遠征で長距離移動しますから運転には気をつけましょう。

投稿: mokka | 2008年12月10日 (水) 20時56分

なんと言ったらよいか…

同じコメントになっちゃいますけど、本当にねこぽくさんが無事なのが不幸中の幸いです。

新宿で"桃子号"拝見してから数週間後にこうなってしまうとは…。

投稿: Firefly | 2008年12月10日 (水) 22時00分

車の方は残念ですが、
本当にご無事で何よりです。

投稿: より | 2008年12月10日 (水) 22時45分

みなさんに大変ご心配をおかけして申し訳ありません。
先日はまだ気持ちの整理がついてなかったので、風邪でダウンした、というだけの記事で済ましたのですが、やはりすべて書かないと気持ち悪いな、と思いまして、自分の気持ちを落ち着かせる意味合いを込めてこの記事を書きました。


>ののまる。さん
自分ではどこからどこまでが大変なのか、まだ把握し切れていませんです。
てか、これから車選びするのも大仕事なので、まだまだ大変は続きます……。

けがは全くないのでそっちの方はご心配なく。

投稿: ねこぽく | 2008年12月11日 (木) 02時49分

>mokkaさん
今から考えれば、バスで移動するという手段もあったな~と思ったりも。
でも、当日はそんなところまで頭が回らないくらい、頭の回転が鈍っていたようです。

ご心配いただきありがとうございます。

投稿: ねこぽく | 2008年12月11日 (木) 02時51分

>Fireflyさん
そうですねえ、自分が無事なのが不幸中の幸いなのでしょうけど、ホントにそうだったのか? って疑問もあったりなかったり。

あのカプチを紹介したのは、Fireflyさんが最後になったわけですよ。逆に紹介ができてよかったと思ってますよ。

投稿: ねこぽく | 2008年12月11日 (木) 02時53分

>よりさん
コメントありがとうございます。

車は同じのを買い直せばいい話なのですが、やはり愛着がわいてたんでしょうね。
なんかぽっかりと穴が開いた気分です。

投稿: ねこぽく | 2008年12月11日 (木) 02時56分

ええぇー!?マジですか!
これはショックですね。愛車、きれいにされてましたもんね・・・
しかし怪我もなく、また通行人を巻き込むといった最悪の事態を避けられた事を喜ぶべきかもしれませんね。
あと余談ですけど市販の風邪薬を多量に飲むという行為は自殺行為に等しいので絶対やっちゃいけませんよ。それ、保険金殺人でよく使われる手と同じですから。

投稿: volo | 2008年12月23日 (火) 21時49分

>voloさん
ショックです。あまりにショックすぎて、次の車も同じのにしてしまいました。

>市販の風邪薬を多量に飲むという行為は自殺行為
やっぱり……。
ついでに抗うつ剤も一緒に飲んでたで、相乗効果があったかもしれません。

投稿: ねこぽく | 2008年12月24日 (水) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/43377981

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しい人を亡くしました:

« ちょこっと復帰 | トップページ | 第41回日本有線大賞 »