« 今年のライブ予定 | トップページ | 鉄道倶楽部 »

想いあふれて / 松浦亜弥

Omoiafurete

「想いあふれて / 松浦亜弥」

亜弥さん1年3ヶ月ぶりのアルバムです。

方向性は前作の延長線上にありながら、より大人っぽいスタンダードナンバーが増えた印象です。

ほとんどがスロー・ミドルテンポな曲で構成されていて、ゆったりとしています。

前作にあったようなスケール感、キャッチーさや叙情性は引っ込んで、よりBGMとして聞けるような印象です。

スピーカーに向かって正座して聞くよりは、ソファに深く座ってワインでも飲みながら、軽く聞くといい感じで聞けそうです。

そういう意味では昼に聞くよりは、夜に聞いたほうが、よりムードが出て良いかも。

 

とはいえ暗さはまったくなくて、むしろポジティブな歌ばかりで構成されています。

元気な曲というより、紳士淑女的な大人の一歩引いた感じが心地いいのです。

 

ひと言で言うなら亜弥さんのディナーショーで聞くのにちょうどいい、わけです。

食事しながら聞くのに邪魔にならず、むしろ食が進む感じがするのです。

そこには亜弥さんの多幸感のある歌声が大きく作用していると思います。

ネガティブに言えば、亜弥さんファンのためのアルバムであって、ちょっと他のファンの方にはおすすめできませんが、それでもちょっとでも興味を持ってこのアルバムを聞いてもらえば、亜弥さんの実力が良く分かると思います。

だって、こんなBGM向きの曲をじっくり聞かせてくれるんですから。

 

インナースリーブ内にある、南欧あたりでバカンスを楽しんでいるような亜弥さんの姿を見て、聞き手もバカンス気分で聞けるようなアルバムに仕上がっていると思います。

仕事が終わって、家に帰って安ワインでもいいから、のんびり飲みながらこのアルバムを聞けば疲れも吹っ飛ぶでしょう。

アルバムのトータルタイムも全10曲で50分弱と、気軽に聞ける時間なのもいいですね。

肩肘張らずに、リッチな気分にさせてくれる、相反する作用を持った不思議なアルバムだと思います。

そういう意味では、亜弥さんの存在感というのは今も昔も大きいなと思うのです。

 

1.結婚しない二人
2.七回歌うといいことがある歌
3.beautiful day
4.boomboomboom
5.想いあふれて

6.レスキュー!レスキュー!
7.中央改札
8.真珠
9.Fallin'
10.きずな

似たような曲が多いので個別の感想はやめますが、気になった点をいくつか挙げてみます。

①はとても大人の割り切った雰囲気たっぷりの曲で、このアルバムを象徴したような曲です。

④はアップテンポでちょっと手拍子でもおきそうな曲です。アルバムの展開的にも面白いです。

⑤はアルバムのタイトルトラックだけあって、真剣な曲に仕上がっています。ただ、アルバム全体からはちょっと浮いてるかな?

⑥で再びアップテンポに。軽快な曲です。

⑩はあまりに真剣すぎてちょっとこのアルバムに合ってない感じがしないでもないです。最後を閉めるにはいいかもしれませんが。

このアルバムを半分に区切るとアナログレコードのようにきれいに分かれます。

そしてAB面の最後はしっとりとした曲で閉めている点など、共通点があり面白いです。

てか、なぜかこのアルバムアナログの匂いがしてとても好きです。

|

« 今年のライブ予定 | トップページ | 鉄道倶楽部 »

 ハロプロ楽曲」カテゴリの記事

 松浦亜弥」カテゴリの記事

コメント

私はシングルとあわせて、最近ずーっと聴いてます♪

投稿: Firefly | 2009年2月19日 (木) 22時19分

>Fireflyさん
いいですよね~、このアルバムといいシングルといい。
亜弥さんファン以外にはオススメしにくいんですが、ぜひとも亜弥さんの実力を知ってもらいたいところです。

投稿: ねこぽく | 2009年2月22日 (日) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/44112060

この記事へのトラックバック一覧です: 想いあふれて / 松浦亜弥:

« 今年のライブ予定 | トップページ | 鉄道倶楽部 »