« クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | トップページ | 発足 »

THE DILEMMA OF HEDGEHOG「WORLD END」release tour / 出雲アポロ

なわけで、一日おきで地元のライブハウスでライブ見てきました。

ヘッドライナーは鳥取出身の男性四人バンドで、今は東京で活躍してるそうで、ある種凱旋ツアーになるのかな?

お客さんは9:1で圧倒的に女性客多し。スタンディング会場の最前列を占拠されてました。

わたくしは知らないバンドだったので、後方から眺めておりました。

ジャンルは……ハードロック?

ベースの方がリーダーなのか、やたらベースラインが凝ってて音がでかい。てかギターの音の抜けが悪い。

それでも聞こえてきたギターのフレーズが、ちょこっと70年代ブリティッシュロック風味というか、湿り気のあるわたくし好みのものでした。

あとでギタリストさんに聞いたら、影響受けたギタリストはカート・コバーンだとか。はー、この方は偉大なのね~。

このバンド、インスト部分のそろい方がうまくって、ちゃんとメリハリもついててとても聞きやすかったです。全体的にキャッチーでしたね。これなら東京出てCDもリリースできるわ、って音でした。

ただ、ボーカルが弱いかな~。他の楽器の音に埋もれてたのもあるけど、もう少し声質的にもビジュアル的にも華がほしい(笑)

でも物販コーナーで、色々話してるうちに、いつの間にかアルバムを買ってました。また散財してもうた!

 

さて、わたくしの目当ては安喰裕美さん。今日は「ひろみ」名義で出演されてました。

内容は一昨日と同じ。

相変わらず伸びやかなボーカルに魅了されておりました。

今回は少しリラックスして挑めたのか、トークも滑らかで、とてもスムーズに進行してました。

ギターに関しては、少々危なっかしいところもあるけど、いいんですよ。それくらいが。駆け出しのバンドがうまかったら面白くないもん。

 

ライブ後ゆっくりお話ができました。

今日はベース担当の方が来てらっしゃいました。

色々と音楽について話したり、雑談したり……てかライブ終わりに長々しゃべってしまってすみませんでした。

例のPerfumeの件、裕美さん直々に「見に行ってください」というお許しが出たので、愛媛公演行く方向にします。

 

ところで、わたくしのハロプロ用のオタ名刺を渡したんです。裕美さんに。

Meisi

そしたら「辻ちゃんじゃないですかー」と一発で分かってもらえました。スゲー。ハロプロファンでも分からない人いるってのに。

よし、今度はハロプロトークしてみよっと♪

|

« クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | トップページ | 発足 »

音楽(メタル・ハロプロ以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/45691005

この記事へのトラックバック一覧です: THE DILEMMA OF HEDGEHOG「WORLD END」release tour / 出雲アポロ:

« クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | トップページ | 発足 »