« We are Buono! / Buono! | トップページ | まいん再び »

ショッキング5 / ℃-ute

Shoking5

「ショッキング5 / ℃-ute」

℃-ute五枚目のアルバムです。なんかもう五枚目?って早いような気がしてなりません。1stと2ndの感覚が短かったせいかもしれません。

まずアルバムタイトルを見て「ショッキング」っていうほどだから、勢いのあるアルバムなのかな? と思ったのですが、全くの正反対。

一曲目の「EVERY DAY 絶好調!」こそさわやかなアップテンポですが、ゆったりした曲の多い、穏やかなアルバムです。

とくに「The Party」や「四月宣言」などのアルバムがスローテンポで、これらの曲の存在で、とても平和な雰囲気をかもしだしています。

また矢島舞美さんのソロ曲「Lonely girl's night」が初のバラードであることも大きく作用していると思います。ところでこの曲、髪を切った女性のことがテーマになってますが、矢島さんが突然ショートカットにしたことに対して、つんく♂さんがインスピレーションを受けたのではないかとにらんでます。だとしたら単純でうれしい。

鈴木愛理さんのソロ曲「嗚呼 恋」はテンポはあるものの、せつない大人のバラードで、あぁ!の延長線上にあるような曲です。

わたくしお気に入りの「君の戦法」は中島早貴さんのせりふがとてもかわいらしいですね。岡井千聖さんと萩原舞さんの歌唱力も光ってます。

「夢があるから」アルバム最後を飾る名バラードですね。ライブでもアンコールで歌っていそうな画が目に浮かぶようです。

「残暑 お見舞い 申し上げます。」は、曲がいいので収録には反対ではないのですが、シングルのカップリング曲として希少価値のあるままにしておいてほしかったかな?

暑中お見舞い申し上げます(H22 Remix)は、ちょっととってつけた感がぬぐえない迷曲です。アレンジは面白いのですが、CDの時間が余ったから、どうしてもお遊びで作ってみましたって感じがします。

シングル曲はそれぞれ個性的でバラつきがあるように思います。よくこの曲順にして違和感なく収めたな、と感心してしまいます。でもシングル曲はどれもよくできています。

 

今回のアルバムは全体的におとなしめで、℃-ute初心者には℃-uteの真髄を知ってもらうには向いてないですね。いい曲はそろってるんですが。

もう少し、もう一歩踏み込んでアルバムを作りこんでほしい。

というのが本音でしょうか。

一年に一枚。ツアー前にリリースするというタイトなスケジュールの都合は分かるのですが、アルバム曲で何曲かもっといじればさらによくなりそうなのがあるように感じられたので。

|

« We are Buono! / Buono! | トップページ | まいん再び »

 ℃-ute」カテゴリの記事

 ハロプロ楽曲」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/47830427

この記事へのトラックバック一覧です: ショッキング5 / ℃-ute:

« We are Buono! / Buono! | トップページ | まいん再び »