« 12HANGRY&ANGRY LIVE CIRCUIT 2010 "Sadistic Dance" / 心斎橋クラブクアトロ | トップページ | S/mileage応援企画 »

Buono!ライブツアー2010~We are Buono!~ / なんばHatch

ってまいりました。Buono!のライブ。

昨年末の「Buono!ファーストライブツアー Winterフェスタ」からわずか2ケ月あまりでのライブツアーです。どんな内容になるのかとても楽しみでした。

ツアー前に「We are Buono!」というアルバムをリリースしているので、このアルバムからの選曲になるだろうとは予想がつきました。

ふたを開けてみればアルバム曲はすべてやり、あとはライブの定番曲でしめるという構成。無難な構成です。

また、ライブ前半はBuono!の三人でライブを行い、後半からバックバンドのドルチェを加えての構成もこれまで同様。

個人的にはライブの頭からバンドの演奏でやってほしいのですが、色々事情があるのでしょう。

Senrihati1jpg

わたくしはギターのジュンコさんのギタープレイも含めて楽しみたいので、ジュンコさんの前、ステージ上手側より観覧していました。これは昨年末のライブでも同様。

Buono!は曲ごとにチューニングが違うので、ちょこちょこギターを変えてらっしゃいました。昨年末では、所有するギターでもっとも高価な白色のストラトキャスターが見事でしたが、今回はその出番はなし。その代わり、レスポールが深みのある音を響かせていました。

リードギターの弾くときは前に出てきて、ここぞとばかりにテクニックを見せ付けますが、後ろで黙々リフを刻んでる姿も実にカッコいいお方です。

  

ライブはロック色の強い、ハロプロライブとは一風異なる装いで進行していきます。そこが新鮮で、しかもファンにこびた曲を全くやらないところがいさぎよいと思うのです。

Buono!プラスドルチェの七人の結束力はとても強く、ライブ中もよく絡んでいます。まるで、前々からバンドを組んでいたかのように。

ライブを見ていると、何だかアルバム製作もドルチェの生演奏でレコーディングすれば良いのに、と思ってしまうほど、ドルチェの演奏は素晴らしいです。

特にジュンコさんのギターはアルバム以上に切れ味があり、とてもカッコよかったです。

今回のツアーグッズの「Buono! DVD MAGAZINE Vol.3」を見ていたら、昨年末のツアーのライブDVDはリリースされないって言ってて、ショックを受けました。あんなにいいデキのライブが映像として残ってないなんて。

今回のツアーのDVDが出るかどうかは分かりませんが、ぜひともリリースして欲しいところ。

 

ライブの構成は、前半にアルバムのおとなしめの曲をやり、バンドの加わった後半から飛ばして行く内容になっています。

なので、前半で体力使うと、後半バテます。ペース配分が必要です。が、曲聞いたら勝手に体が動いてしまうから怖い(笑)

 

れでぃぱんさぁ」の衣装はヒョウを意識した衣装になっていますが、鈴木愛理さんと夏焼雅さんはへそだし衣装なのに比べて、嗣永桃子さんだけはおなかを見せていません。これはなにか隠された深い意味があるのでは? と思ったファンの方が桃子さんのラジオに投稿したようですが、ラジオで桃子さんその件について言い訳、もとい説明をされてました。

もともとこの衣装、へそだしとおなか隠し両方があって、どっちがいいか選んだ時に桃子さんはおなか隠しを選んだそう。でも愛理さんはへそだしを選んだそう。雅さんはというと、当初おなか隠しを選んでいたはずなのに、いつの間にかへそだしになっていた、ということのようです。

深い意味はないとおっしゃる桃子さんですが、最初の時点でなぜへそだしを選ばなかったのが気になるところです……。

ただこの曲の歌詞「サバンナ東京の真ん中で」が「サバンナ大阪の真ん中で」に変わってました。これは昨年末のライブでも同じでした。イイですね、コレ。

 

わたくしが見ていたのは千秋楽公演。ドルチェのバンドメンバーから、Buono!のメンバー宛に手紙が送られたそうです。その中で気になったのが、ジュンコさんが愛理さんに宛てた手紙。

本格的にギターを始めてくださいね。という内容に「頑張ります」との、愛理さんのギタリスト宣言。コレは頼もしい。無理にエレキじゃなくても、アコギ一本で弾き語りできるようになれば素敵だと思います。

そんな愛理さん、最後のあいさつで思わず涙ぐんで言葉に詰まる場面がありました。ツアーの最後になってこみ上げてくるものがあったようです。

 

アンコールの「タビダチの歌」の最後の部分では、ラララ……を会場一体になって歌うのがとても印象的。この時、会場の天井からハート型の紙飛行機が宙を舞います。

そういえば昨年末のライブではアンコールラストで人口雪を降らせましたっけ。最前近くにいたわたくしは思いっきり雪をかぶりましたが。

 

メンバー七人全員であいさつしてはけたあと、会場中Buono!コールが起こり、再び七人が登場。なんとダブルアンコールです。

歌う曲は「We are Buono!~Buono!のテーマ

これはもうBuono!のテーマソングで、ライブの定番曲になっていくでしょう。素晴らしい曲だと思います。

Senrihati

以上がライブの感想です。細かい曲の感想やMC部分は省かせてもらいました。

 

マニアックな話

ライブが始まる前、場内にSEとして曲が流れてますが今回は名も知らぬ外人の女性ロックシンガーの曲が流れてました。

昨年末では、80年代メタルの曲を次々に流してくれて、わたくし大喜びでしたよ。

Guns N' Rosesの「You Could Be Mine」や「Sweet Child O' Mine」くらいなら、なるほどね、とうなずけるのですが、

ASIAの「Heat Of The Moment」やUFOの「Rock Bottom」をやってくれたときには、誰の趣味ですか!?とうれしいやら、びっくりやらでした。

 

今後のお話

今回のBuono!のライブを最後に、わたくし今年のハロプロのライブ/イベントには参加いたしません。

来年以降も未定です。

理由は色々です。体調面だったり、金銭的なものだったり……。

ただ、ひとつ、ハロプロから少し距離を置いて、外側から見てみたい気分になっているのも事実です。

でも、CDは買いますし、ライブはDVDで鑑賞。

今まで、第一線でファンをやってきたと自負してましたが、最前線から後退します。気まぐれにブログは書いていくのでそちらはよろしくです。

|

« 12HANGRY&ANGRY LIVE CIRCUIT 2010 "Sadistic Dance" / 心斎橋クラブクアトロ | トップページ | S/mileage応援企画 »

 Buono!」カテゴリの記事

 ハロプロライヴ参戦」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

レポありがとうございます。

潤子さんは最高ですね☆


ねこぽくさんLIVE参戦お疲れ様でした。

投稿: ののまる。 | 2010年3月 2日 (火) 21時43分

>ののまる。さん
潤子さんはいいギタリストですね。生で見るとよ~くわかります。

またライブ行ったら感想書きますので、それまで待っていてください。

投稿: | 2010年3月 4日 (木) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/47700116

この記事へのトラックバック一覧です: Buono!ライブツアー2010~We are Buono!~ / なんばHatch:

« 12HANGRY&ANGRY LIVE CIRCUIT 2010 "Sadistic Dance" / 心斎橋クラブクアトロ | トップページ | S/mileage応援企画 »