« 6th雄叫びアルバム / Berryz工房 | トップページ | PCの中身 »

とどめの一撃

SCORPIONSの新譜を「Sting in the Tail」買いました。

すでに声明されている通り、SCORPIONSはこのアルバムをラストアルバムとし、2~3年かけてワールドツアーを行った後、そのバンド活動を終了させます。

活動年数は実に40年近く。メンバーの年齢も60になろうかというところ。

なので、体力的にバンド活動終了もやむなしかと思いきや、本人たちはまだまだ元気いっぱいです。

新譜も80年代にヒットを飛ばしていた頃を思い起こさせるような、ドイツのバンドらしさを残しつつアメリカ受けする音楽性で、聞いていて実に爽快です。間違いなくここ数作の中では傑作です。

アルバムの邦題「蠍団 とどめの一撃」なんて素晴らしいタイトルでしょう。

 

というわけで、これで終わりなんてまだ早すぎるんじゃないかと思わせるアルバムでした。ライブツアーだって、これから2~3年やろうかというくらいですから、体力面も問題ないはず。

BURRN!に掲載されていたインタビューを要約すると、まだバンドが絶頂期に引退したいとのこと。ボロボロの状態になって「まだバンドやってるのか」といわれるくらいなら、いい印象を残して惜しまれつつやめたいそうです。

 

またひとつ良いバンドが引退していくのですねえ。さみしいです。

というわけで彼らのライブアルバム「TOKYO TAPES」と「WORLD WIDE LIVE」の2枚を聞きました。「TOKYO TAPES」収録の「荒城の月」に涙してしまいました。

来日公演して、マイケル・シェンカーとウリ・ジョン・ロートが飛び入り参加して、70年代の曲とかやらないかなー。

|

« 6th雄叫びアルバム / Berryz工房 | トップページ | PCの中身 »

メタル」カテゴリの記事

コメント

ラストということで、歴代のメンバーを
引き連れて、更に今までの歴史を振り返る
ようなセットリストの、おっさん大号泣な
ライブをやってくれると嬉しいです。(笑)

投稿: 碧唯 | 2010年5月 1日 (土) 17時32分

>碧唯さん
お久しぶりです。お元気でしたか?こちらはなかなかよそ様の所をのぞきに行く余裕がない毎日です。すみません。

スコーピオンズ、本当に大号泣なライブ内容になったら、ぜひとも来日公演見に行きたいです。

投稿: ねこぽく | 2010年5月 1日 (土) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/48215206

この記事へのトラックバック一覧です: とどめの一撃:

« 6th雄叫びアルバム / Berryz工房 | トップページ | PCの中身 »