« 元気者で行こう! / 真野恵里菜 | トップページ | モーニング娘。11thアルバム »

℃-uteコンサートツアー2010夏秋~ダンススペシャル!!「超占イト!!」~ / NHK大阪ホール

ってまいりました。℃-uteライブ。

今年の春は℃-uteに限らず、ほとんどのユニットのツアー参戦していないので、℃-uteライブは一年ぶりとなります。

ツアータイトルにダンススペシャルとあったり、かなり激しい内容になるとメンバーが事前に言っていたので、これはかなり盛り上がるんじゃないかと期待しておりました。

期待通り激しかったです。声援送りすぎて声も若干枯れ気味。

ツアー終盤に入ってますが、激しくネタバレするので、お気をつけください……

 

 

昼夜公演、両方とも見ました。

MCとか曲を歌うときの組み合わせが、若干変わっていましたね。

 

今回のツアータイトルのロゴと見ると、何やら80年代を思い起こさせるネオン管のようなデザインになっています。ダンススペシャルというタイトルからして、ひと昔前のディスコブームを思い出します。

だからなのか、ライブが始まる前の場内音楽が80年代ニューウェーブ調のものばかりでした。中にはABBAの「ダンシング・クイーン」がかかったりと懐かしい雰囲気。

とどめは夜公演の時のオープニングミュージック。モーニング娘。の「恋のダンスサイト」がかかりました。びっくりした。

話はそれますが、Buono!のライブ前の場内音楽はメタルですね。

 

一曲目は新曲の「Danceでバコーン!」

これは曲順の予想は簡単でした。まあ、一曲目は最新曲が来るな、と。

ただ、ツアー終盤になっていたせいか、メンバーのダンスがキレキレ。すごいかっこいいです。

そしてお客さんたちの掛け声も完成され尽くしていて、感動しました。特に「じゃっじゃっじゃー」のところの掛け声はすさまじかったです。

一曲終わって普通なら、ここでメンバー紹介VTRが流れますが、それがありません。すぐに二曲目の「ディスコ クィーン」に突入。

イントロ部分を編集して長くして、その部分でメンバーがひとりひとりお立ち台でダンスを披露するという紹介の仕方でした。これは新しくていいですね。

三曲目でいきなり「都会っ子 純情」相変わらず「are you ready?」の歓声はすごいですね。

序盤この三曲でつかみはOK! のっけからやられました。たった三曲でノックアウトさせるとはさすが℃-ute。

 

「これ以上 嫌われたくないの」
「Bye Bye Bye!」
「SHOCK!」
「キャンパスライフ~生まれて来てよかった~」
「ほめられ伸び子のテーマ曲」

この辺の一見おとなしそうで、℃-uteがライブでやると激しく変身する曲もありつつ。

ついつい、つられて踊っちゃうんですよね。また℃-uteメンバーがキレた動きするから、こっちも対抗心が生まれちゃって、こっちもキレた動きをしようとするという、相乗効果が出ましたよ。

もちろん
「FOREVER LOVE」や「めぐる恋の季節」のような激しい曲はなおさらです。声援もでかくなるってもんです。

ただ「キャンパスライフ~生まれてきてよかった~」でAメロの舞美さんと愛理さんのパートで「L.O.V.E ラブリー○○」等の合いの手は面白いですね。てか、よく合いの手をあの短い合間に詰め込んだ! と感心しました。

 

中には「The Party!」や「One's LIFE」のようなおとなしい曲もありました。

この二曲は曲直前のMCの進行役が公演ごとに違うせいもあって、昼公演と夜公演では歌う人が違いました。

「One's LIFE」のラップ部分、昼は岡井千聖さん、夜は中島早貴さんが担当されてましたが、千聖さんのラップはよかったですね。実に滑らかでした。なっきぃは悪くはないんですが、ラップというより単なる早口に聞こえました。

 

矢島舞美さんのソロ曲「夏DOKI リップスティック」と「青春ソング」を全員で歌ってました。これまた盛り上がる盛り上がる。

「夏DOKI リップスティック」はBメロを舞美さんひとりで歌うんじゃないので、合いの手が入れにくかったです。

「青春ソング」はラストのサビをお客さん一緒になって歌って大盛り上がり。とにかく声がでかいですね皆さん。

あと「青春ソング」はタオルを振り回します。最近ハロプロタオル振り回すの増えてきた気がします。楽しいけどね♪

 

ダンスメドレー

ダンススペシャルってことで、ハロプロ曲のカバーを歌よりもダンスをメインにやっていました。選曲が意外すぎてのけぞりました。

「黄色いお空でBOOM BOOM BOOM」(黄色5)
「宇宙でLaTaTa」(太陽とシスコムーン)
「青春のカスタード」(音楽ガッタス)
「SHALL WE LOVE?」(ごまっとう)
「CRAZY ABOUT YOU」(ミニモニ。)
「GET UP! ラッパー!」(SALT5)

℃-uteといえばシスコムーンのカバーをすでに二曲やってるんで、やってもおかしくないんですが、それでもびっくりしましたね。

もっとびっくりしたのは「青春のカスタード」なぜ音楽ガッタスの曲を!? 曲を思い出すのに時間かかりましたよ。

「CRAZY ABOUT YOU」は改めて聞くと良い曲だなあ、としみじみ。

 

旧曲たち

「即 抱きしめて」
「まっさらブルージーンズ」
「大きな愛でもてなして」

やっぱり名曲は何度聞いてもいいですね。特に「即 抱きしめて」は久しぶりに聞いたのでうれしかったです。ちゃんとダンスを覚えていた自分にびっくり。

「まっさらブルージーンズ」は、合いの手はもうこれ以上いじるところはないだろうと思っていたら、サビの部分で一個増えてました。ちょっとツアー行かない間に、どんどん改良されていくんだなあと感動。

「大きな愛でもてなして」
Bメロの歌詞「泣きそうよ」のところをなっきぃが歌うんですが、お客さん「なっき!!」と掛け声を入れてました。そんなやり方があったんですね。二番では同じところを千聖さんが「違うのよ」歌うんですが「ちっさ!!」と掛け声入れてました。面白いです。

 

アンコール明け

まずはトークなしでいきなり「JUMP」からスタート。アンコールも激しいです。この曲でもお客さん全員でサビを歌いました。

MC後は、ラストにぴったりな「忘れたくない夏」

この曲の二番のBメロで「君は急にキスをしてきたけれど」というパートがあるんですが、ここで舞さんがなっきぃにキスしてました。

渋い選曲で終わるな~、と思っていたらいきなり鈴木愛理さんのソロ曲「通学ベクトル」のイントロが、そしてクラップの強制(笑)

舞美さんのソロ曲があって、愛理さんのソロ曲がないな、とは思ってましたが、まさか最後の最後でこう来ましたか! やられました。ある意味サプライズ的でよい演出だったと思います。

それにしてもこの曲相変わらず盛り上がりますね。

 

今回のライブはひと言で言うと、今までの℃-uteのライブの中でも一、二を争うくらいの出来だったんじゃないかと思います。

激しさだけで言うなら、Buono!に匹敵するんじゃないかと思います。

選曲も恐らくファンが聞きたいと思っているであろうと思われる曲を中心に構成されていると感じました。

℃-uteってハロプロのグループでもエリート集団だなあ、と感じた一日でした。

このツアーのライブDVDがほしくなってきました。

 

個人的には久しぶりに見た千聖さんがえらく可愛くなっていたのに驚きました。

中身は相変わらず子供なんですが、ちょっとずつ自分が女の子であることを意識し始めて、きれいになろうとしてる様子がうかがえました。これは十代のころの辻希美さんと重なる部分ですね。

 

MC

最初の三曲が終わったときに選抜されたメンバーが占いというか予言みたいなことをしていました。

昼公演では舞美さんが、グリコのポーズをしているメンバーとお客さんの姿が見える。

夜公演では千聖さんが、ほっぺを指で丸く囲んでたこ焼きポーズをやっているメンバーが見える。

というわけで、その場で全員ポーズをしてくれました。またアンコール終了後、はけるときにもやってくれました。

 

質問コーナー
ただいまセレンドをやっている℃-uteメンバーですが、そこでライブ中に答えてほしい質問を募集しています。

寄せられた質問の中から、ふたつ、みっつ答えるコーナーです。

セレンドに℃-uteスタッフさんが書いてらっしゃるので、書き出してみたいと思います。

○9/25大阪(昼) MC担当:矢島・岡井 Q1火星に行くとしたら何を持って行く? 岡:大量の水! 結果:中吉

○9/25大阪(昼) MC担当:矢島・岡井 Q2愛理やちっさーと同じ年の妹に好かれるには? 矢:色んな所に連れて行ってあげる! 結果:中吉

○9/25大阪(昼) MC担当:矢島・岡井 Q3言ってもらって勇気がわいた言葉は? 矢:舞美らしく頑張れ! 岡:褒められなれていないので… 結果:中吉

ちなみに℃-uteはいつも怒られてばかりいてそれで成長してきたから「怒られ伸び子」なのだそうな。

○9/25大阪(夜) MC担当:中島・鈴木 Q1普段謙虚な℃-uteの皆さん、たまには思いっきり自慢をして下さい! 鈴:どのアイドルグループよりもメンバー思いで、ファンの方も温かい! 結果:大吉

○9/25大阪(夜) MC担当:中島・鈴木 Q2デビュー当時から変わった所! 中:愛理と一緒にお菓子を食べてたのに、全然しゃべらなかったが、今はしゃべるようになりました! 結果:大吉

ちなみに今はなっきぃ、舞さんと仲良しでいつも一緒にいるのだそうな。それを嫉妬した千聖さんが、なっきぃに冷たく当たるのだとか。子供ですか!

 

ですよノート

ipadを会場に持ち込んで、メンバーがその場でセレンドに予言を打ち込みます。その様子をほかのメンバーがハンディカメラで撮影します。

昼公演ではなっきぃが「ボウリングだよーん」。

今からボウリングの球を客席に向かって投げる真似をするので、ピン役のお客さんに倒れてもらうというもの。どれくらい倒れたかで、今のなっきぃの状況が分かるのだとか。というわけで、ピンのまねをするお客さん。球を投げるまねをするなっきぃ。すぐに倒れるピンもあればまったく動じないピンもあり、半々のようです。なっきぃ、自分は昔からこの中途半端な感じで来たからねとちょっと寂しそう。わたくしは倒れるどころか吹っ飛んであげたのに。

 

夜公演では舞美さんが「みんなで漫才」

舞美さん曰く、大阪に来たからには笑いを取りたいということで、普段はボケじゃない自分だけど(ここでブーイング)、わざとぼけるのでお客さんにツッコミを入れてください。と無茶振りを。笑いにはテンポが肝心といいつつ、まったくテンポのないボケをかます舞美さんすべりまくり。

アンコール明けのMCでも再チャレンジしてましたが、やっぱり微妙……。

ちなみにここで、汗だくで前髪がおでこに貼りついてる舞美さんに対して、まったく汗もかかず前髪も崩れていない千聖さんがクローズアップされます。客席から「ヒューヒュー」といつまでもほめる歓声が鳴り止まず、照れまくりの千聖さんが可愛かったです。

 

VTR
休憩コーナーです。

ムラタメグミさんが、℃-uteのメンバーではなく「ナイト」のメンバーに宝物を取ってくるよう指示します。

やっていることは一緒ですが、夜公演と昼公演では若干内容が異なっていました。

映像は実写とアニメの合成で、漫画のように展開して、動きはありません。

「涙の数だけきれいになれる」と聞いてカレーライスを作り始めるナイトのメンバー、玉ねぎを切って涙を出します。

指令その2では高いところに宝物があるらしいと聞いて、Berryz工房の熊井友理奈さんを発見するナイトメンバー。会場が沸きます。

やってることがトンチンカンなのでおしおきを受けるメンバー。昼公演では「アイーン」のポーズを、夜公演では変顔を披露。

映像が安上がりの手作り感たっぷりなチープなものだったので、結構面白かったです。

 

アンコール明け

大阪では恒例なのかな? ℃-uteに限らずどのユニットは大阪の会場は熱い、と言ってくれました。特にこの日は今までのどの会場よりも盛り上がったといってくれました。うれしいですね。

ところで舞さんの「おつカレーライス」はいつから定着したんだっけ?

|

« 元気者で行こう! / 真野恵里菜 | トップページ | モーニング娘。11thアルバム »

 ℃-ute」カテゴリの記事

 ハロプロライヴ参戦」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

凄そうだ!

とりあえずDVDは買います。

投稿: ののまる。 | 2010年9月26日 (日) 19時39分

>ののまる。さん
すごいライブでした。圧巻とはこのことですね。
℃-uteの底力を見せてもらった気がします。

投稿: ねこぽく | 2010年9月28日 (火) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/49568542

この記事へのトラックバック一覧です: ℃-uteコンサートツアー2010夏秋~ダンススペシャル!!「超占イト!!」~ / NHK大阪ホール:

» ABBA CD DVD 通販 [ABBA]
送料無料の通販です♪ [続きを読む]

受信: 2010年10月 6日 (水) 21時44分

« 元気者で行こう! / 真野恵里菜 | トップページ | モーニング娘。11thアルバム »