« 熊井友理奈さん直筆サイン入りA3パネル | トップページ | 東京女子流 »

℃-ute&スマイレージ プレミアムライブ2011春 ~℃&Sコラボレーション大作戦~

告が遅れましたが、行ってまいりました。℃-ute&スマイレージの合同ライブ。

本当なら4/23の大阪公演に行く予定でしたが、その日はどうしても東京に行く用事があったので、予定を繰り上げて4/16の名古屋公演に参戦してきました。

ツアー初日、昼公演のしょっぱなのライブです。みんなどんなセットリストなのかもわからない状態です。これって面白いですね。みんなの反応がどう出てくるかが見れるので。

 

基本は、℃-uteとスマイレージのライブ向けの盛り上がり曲が中心にセットリストは構成されていました。そこへ、アルバム曲をちょこっと入れて、びっくり。という感じ。

流れとしては、前半いきなり飛ばしまくり、真ん中辺でゲームコーナーがあって休憩し、また後半飛ばしまくるというかなり激しいもの。

℃-uteもスマイレージも、ライブで映える激しい曲が多いですから、代表曲を並べるだけでも相当な熱量になります。

ただ、今回℃-uteは「JUMP」も「都会っ子 純情」も歌ってないのに、あれだけ盛り上がれるということは、曲そのものの魅力よりも℃-uteと言うグループのポテンシャルの高さがなせるワザってやつかも。

 

小川紗季さんがMCでおっしゃってましたが「(スマイレージは)歌とダンスは置いといて」との言葉通り、やはり歌とダンスを同じステージ上で比べてしまうと、どうしても℃-uteに軍配が上がります。

わたくしは常々℃-uteのことを「歌とダンスにキレのある精鋭集団」だと思っているので、これはスマイレージだけでなく、他のハロプロユニットも℃-uteにはかなわないと思います。

だから、スマイレージにしてみれば、℃-uteとステージ上で比較されるのは、かなり残酷なものがあったような気もします。そこを若さで弾き返すくらいの勢いがあればよかったのですが、明らかに℃-uteに圧倒されて呑まれてましたね。

だからといって℃-ute目線で見ると、℃-uteソロライブではないので、どこか消化不良気味。もっと℃-uteの激しいライブが見たいなあ、と残念な気分になったり。

 

℃-uteメンバーとスマイレージメンバーが入れ替わって歌う、「オトナになるって難しい!!!」や「めぐる恋の季節」があったり、ゲームコナーの優勝者には歌いたい曲を相手側のユニットメンバーを選んでデュエットでき、和田彩花さんが矢島舞美さんと「シューティングスター」を歌ったりと、このライブでしか見れないレアな場面もありました。

でもわたくしとしては、せっかく℃-uteとスマイレージが合同でやるんだから、矢島舞美さんと前田憂佳さんの2人でHigh-Kingの「記憶の迷路」を歌ってほしかったです。

そういう意味では、ナゼ、℃-uteとスマイレージをくっつけたのかという、根本的なものが見えてこないライブでした。

ファンたちを見ていると、完全に℃-uteオンリー、スマイレージオンリー、といった具合に互いに普段推してないユニットを勉強しようという空気が伝わってこないというか。ただ単に、ふたつのユニットが一緒にライブしているだけ、というネガティブなものしか見えてこなかったです。℃-uteとスマイレージが一緒になることで、相乗効果を期待してましたが、まっぷたつに分断されてた感じです。

 

ではどうして℃-uteとスマイレージが合同コンサートを行ったか? そこが疑問です。この合同コンサートに全精力を注ぎ込む勢いなら、℃-uteの単独春ツアーはなかったはずです。

それが、スマイレージとの合同コンサートなどなかったかのように、すぐさま始まる℃-uteの春(初夏)ツアー。

まるでスマイレージの相手をするのは、℃-uteじゃなくてもよかったかのようなスケジュールの組み方です。

他のユニットはどうでしょう?

 

スマイレージといえば、真野恵里菜さんです。真野さんのライブから巣立っていって、今の地位を築いたのですから、今年も真野さんとやってもよかったかもしれません。

ただ、真野さんファンからすると、スマイレージは真野さんを踏み台にして花を咲かせてしまっているので、反感を買うかもしれませんが。

 

Berryz工房はどうでしょう?

わたくし常々Berryz工房は「個性がぶつかり合うキャラクター性の集団」と思っています。

そこへ、スマイレージが入ると、ベリーズのキャラクターに呑まれて、何も出来ない気がしないでもないです。

 

モーニング娘。はどうでしょう?

今年は9期メンバーが入ってしまったので、若さでも勝てる要素がありません。

 
 
とまあ色々妄想しましたが、どうも今年の春はスマイレージはどのユニットと組んでも分が悪かったかもしれません。

その埋め合わせかどうかは分かりませんが、「恋にBooing ブー!」イベントが全国各地で開催されています。これでもか、ってくらいに。

そのイベントでスマイレージ単独の代表曲ミニライブを見に行くと、℃-uteとの合同ライブでのモヤモヤがやっと吹き飛びます。

 

スマイレージはまだ持ち歌が少ないですから、単独でツアー行った場合、去年の秋とあまり変わらないセットリストになるのは否めません。

でもそこはファンも分かりきってるわけですから、セットリストの都合上ハローのカバーをやったとしても、納得してくれると思います。

だから、秋はちゃんとスマイレージの単独ライブとなるよう願うばかりです。

|

« 熊井友理奈さん直筆サイン入りA3パネル | トップページ | 東京女子流 »

 S/mileage」カテゴリの記事

 ℃-ute」カテゴリの記事

 ハロプロライヴ参戦」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/51510005

この記事へのトラックバック一覧です: ℃-ute&スマイレージ プレミアムライブ2011春 ~℃&Sコラボレーション大作戦~:

» スマイレージ 最新情報 - Nowpie (なうぴー) アイドル [Nowpie (なうぴー) アイドル]
スマイレージ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2011年4月28日 (木) 07時32分

« 熊井友理奈さん直筆サイン入りA3パネル | トップページ | 東京女子流 »