« Cappuccino【エンジンルーム編】 | トップページ | スマイレージ追加メンバー »

Cappuccino【足回り編】

たくしの愛車カプチーノの紹介、今回は足回り編です。今回で最終回になります。

 

まずは、エンジンルーム編でも紹介した、SUZUKI SPORT製ストラットタワーバー。このタワーバーのおかげで、かなりハンドリングが向上しました。

でもそれを超えるのが、強化スタビライザー。

arc製パイプスタビライザーをフロント・リアに入れています。純正のスタビライザーと比べて、径は大きいですが、パイプ式なので軽量になっています。

Cimg0458

エンジンルーム内からわずかにフロントスタビライザーを確認することが出来ます。

このスタビライザー交換で、別世界のハンドリングに変わりました。様々なパーツ交換の中で、もっとも変化を体感できたパーツのひとつです。

とにかくハンドリングがクイックになり、軽く切っただけで楽に車線変更ができます。車体ロールもかなり抑えることができ、高速でのコーナリングが可能になりました。下手に高いサスペンションに換えるよりも、ずっと手軽に面白いハンドリングを味わえます。

 

サスペンションは、SUZUKI SPORT製サスペンションキット。これは中古で買ったため正確な型式名が分かりません。同じくSUZUKI SPORT製のスプリングが付属で付いてアッパーマウントも付いた一式セットでした。これにより、純正位置より20~30mmローダウン。

ホイールのすき間からわずかに見えるのがポイント。まあ、車高調まではいらなかったので、純正形状のワンランク上のもので十分でした。

Cimg0459

ローダウンしたことで低重心になり、よりいっそうコーナリング特性が上がっているはずです。ただ、一部の意見ではカプチーノは純正位置がもっともコーナリングに適した高さで、ローダウンするとかえってコーナリングスピードが落ちてしまうそう。個人的にはあまり違いは分かりません。

このSUZUKI SPORT製サスペンションキット、かなり走りが変わりました。とにかく安定していて、特に直進走行が安定します。高速道路を利用することが多いのですが、高速走行時でもブレがかなり抑えられて運転が楽になりました。

このSUZUKI SPORT製サスペンションキット、乗り心地的には少しゴツゴツしていますが、決して乗り心地が悪いわけではないです。むしろやわらかい純正に比べて剛性がでて、ライトウエイト車なのにどっしりとした安定感があります。

ストラットタワーバー、強化スタビライザー、サスペンションキット。この三つの相乗効果で、乗り心地とコーナリング両方が、グッと向上しました。

 

この足回りのおかげでコーナリングスピードはかなり向上しましたが、それを受け止めるタイヤにはかなり過酷なグリップが求められます。

以前はブリヂストンのプレイズを履いてましたが、その時はコーナリング中にリアのタイヤが滑ってしまうことがたびたびありました。

カプチーノはホイールベースが2060mmという、超ショートホイールベースのため、ドリフトコントロールが容易ではありません。わたくしの腕では一度滑ったカプチーノを元の姿勢に戻すことが難しいので、グリップのあるタイヤに換えました。

ADVAN Neova AD07 175/60 14に変更しました。ちなみに純正のタイヤサイズは165/65 14という珍しいサイズなので、同じサイズのタイヤを探すのは困難です。

ADVAN Neova AD07に換えてグリップ力がかなり向上しました。まずリアのタイヤが滑り出すということが無くなりました。通常のコーナリングもキビキビしていて、ハンドリングも向上。ただ、タイヤノイズはプレイズに比べて大きくなりました。でもうるさい感じはしません。

 

ブレーキパッドを交換しています。

フロントにはENDLESSのNS97、リアにはENDLESSのSSY。リアに比べて、フロントに制動力の強いパッドを入れています。これも、リアが滑らないようにする配慮によるものです。リアを制動力強くすると、タイヤがロックした場合、リアが滑ってしまう危険があるので。

Cimg0460

ブレーキホースはENDLESSのスイベルスチールタイプです。ブレーキホースも強化にして、制動力をダイレクトにパッドに伝えます。

ブレーキフルードはENDLESSのS-FOUR。純正のブレーキフルードはDOT3ですが、これに交換することでDOT4になりました。

 

とりあえず足回りでは、「曲がる」「止まる」という事を重視しています。とっさの時に、すぐに止まったり、すぐに車線変更できるようにするためです。

 

今後してみたいことは、ブレーキローターを換えたいですね。いまだに純正を装着し続けていて、磨耗が結構来てますから。スリット入りとまではいかないまでも、スポーツタイプのローターに交換したいです。

 

以上、わたくしの愛車カプチーノの紹介でした。

 

 

○Cappuccino【エクステリア編】

○Cappuccino【インテリア編】

○Cappuccino【エンジンルーム編】

○Cappuccino【足回り編】

|

« Cappuccino【エンジンルーム編】 | トップページ | スマイレージ追加メンバー »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

どんどん進化していますね。
今後が楽しみですね^^

投稿: RYO | 2011年8月20日 (土) 00時02分

>RYOさん
とりあえずチューニングはひと区切り付きました。

あとは随時、調子の悪くなったパーツを交換していく感じです。

投稿: ねこぽく | 2011年8月21日 (日) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/52482788

この記事へのトラックバック一覧です: Cappuccino【足回り編】:

« Cappuccino【エンジンルーム編】 | トップページ | スマイレージ追加メンバー »