« 甘酸っぱい春にサクラサク / Berryz工房×℃-ute(ベリキュー) | トップページ | ブレーキローターやアクセサリやブースト計 »

ブスにならない哲学 / ハロー!プロジェクト モベキマス

「ブスにならない哲学」

ハロープロジェクト全員が集まってできた企画もののシングルです。

ハロプロメンバーが全員集まってシングルを出すのは、2004年の「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!」以来です。

今回のシングルは、大人っぽいカッコイイ路線です。

曲タイトルからしてパンチが効いてますが、曲の方もリピートするたびに頭の中でグルグル回る中毒性のあるメロディラインに仕上がっています。

さらに大人数で歌う迫力もあります。

まさにハロプロを代表する楽曲になっていると思います。

このシングル発売を記念して、全国各地でメンバーがイベントを行い、さらに現地でラジオ番組に出演するというまさに全国展開の宣伝を敢行しました。

人数が集まると小回りが効かない難点を克服すべく、少人数で回るというのはいいアイデアだと思います。

そしていざ全員集まると、大きなパワーを生み出す巨大ユニットに変貌するというドラマティックな展開が感動的です。

曲そのものは、リリースのタイミング的に新春のハロプロライブに向けたものであると思われますが、これは今後数年に渡ってハロプロライブで歌ってもよさそうな感じです。全員で歌ってもいいですし、ユニットごとに分かれてもOKです。

少人数で歌ってもこなせるということは、全国キャンペーンで証明して見せてます。

ハロプロのテーマ曲とまではいかないまでも、2011年のハロプロをうまく表現した結果だと思います。

打ち上げ花火的な企画ものに終わらず、今後も歌い継がれていってほしい楽曲です。

 

「もしも…」

通常盤のカップリング曲です。

曲の出だしが、℃-uteの「君の戦法」っぽいセリフから始まる可愛らしい曲です。

ソロパートも、カワイイ系の声を持ったメンバーばかりでそろえた、なんともぜいたくなつくりです。聞いてるだけでにやけてしまいます。

A面との対比がうまくできていて、「こんなことも出来るんだよ」と言わんばかりの余裕を感じさせます。

シンプルながら扇情的なリズムが心をあおって、感情を高ぶらせる効果を生んでいます。

かわいい曲調の中にも、したたかに聞き手をあおる隠れたテクニックの光る曲です。

これは隠れた名曲かも。

ライブの後半に歌ったらかなり盛り上がりそうです。

 

「かっちょ良い歌」

各ユニットごとの初回盤に収録のカップリング曲です。わたくしはモーニング娘。盤を聞きました。

曲タイトルにあるとおり、ギターサウンドを強調したカッコイイ曲に仕上がっています。

「オイ!」「オイ!」と掛け声も入っていて、ライブを意識した曲であることがわかります。

リズム隊も、うねるベースラインと、力強いスネアの音がよく聞こえて、ボトムラインを押さえています。

歌い方もかっこよく決めていて、聞き応えがあります。

ハロプロの元気な部分が爆発した、名曲だと思います。

もちろんこれはライブのラストを飾るにふさわしい曲です。

実に潔い曲です。

 

この「ブスにならない哲学」、カップリング曲も手を抜かない良いシングルです。

特に「かっちょ良い歌」は、各ユニットごとに歌い分けていて、全部聞き比べてみたくなる効果があります。

単なる企画ものに終わらない、優れた楽曲が収録されたシングルになっていると思います。

|

« 甘酸っぱい春にサクラサク / Berryz工房×℃-ute(ベリキュー) | トップページ | ブレーキローターやアクセサリやブースト計 »

 ハロプロ楽曲」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/53289936

この記事へのトラックバック一覧です: ブスにならない哲学 / ハロー!プロジェクト モベキマス:

« 甘酸っぱい春にサクラサク / Berryz工房×℃-ute(ベリキュー) | トップページ | ブレーキローターやアクセサリやブースト計 »