« デスメタル/グラインドコア | トップページ | 9期・10期 »

3月6日は

3月6日は嗣永桃子さんのお誕生日でした。

最近はハロプロメンバーのおたおめ記事は書かないのですが(昔は書いてた)、今回はちょっと特別に書いてみたいと思います。

 

桃子さんが20歳ですよ! 20歳!

ハロプロで年相応に見えないランキングやったら、きっと上位に食い込むこと間違いなしの桃子さんが、20歳です。これでますます年相応に見えなくなりました。

 

先月の矢島舞美さんの20歳は、これは年相応。立派な20歳だと思います。

中島早貴さんの18歳とか、萩原舞さん16歳も、まあ衝撃でしたけど、それでも時間と共に見慣れてきました。

 

わたくしが桃子さんを知ったのはZYX結成の時です。この当時は矢島舞美さんがお気に入りでしたが……。

その時の桃子さんの印象は、常に何かを言いたそうにして周囲に気を配ってる、小学生とは思えないアピール力を備えた人でした。

その後、Berryz工房を結成していくわけですが、そこでも桃子さんは目立ってました。おかげで、Berryzのメンバーを覚える際、真っ先に覚えたメンバーでした。単に浮いてただけかも。この当時見分けがつきにくかったのが、徳永千奈美さんと須藤茉麻さんと熊井友理奈さんでした。ちなみにこの時点での好きなメンバーは石村舞波さん。

 

桃子さんが目立つ理由にはいくつかあります。

まずはその子供っぽい見た目です。Berryzメンバーは大人っぽい人が多いので、余計目立ちます。

小柄な体つきもインパクトあります。かつてハロプロでは矢口真里さんがちっちゃいことで目立ってましたが、桃子さんも同じ理由です。またコンパクトな足による、桃子プロポーションは独特のシルエットを放っていました。当時は、まだキャプテン清水佐紀さんの方が小さかったですが。

そして歌声でもすぐに分かる甘く高い声です。でも今はBuono!でロックを歌うようになってから、低い声も出せるようになり、音域が広がった印象です。

 

桃子さんのすごさは、初めて見た時の印象からあまり変わっていないことにあると思います。

一体桃子さんのピークはいつなのか!? というくらい、クオリティを保ち続けていると思います。細かいことを言えば、「○歳のときが一番ピークだった」という意見もあると思いますが、相対的に言ってピークはまだ訪れていないと思います。

特に最近は「ニャン」を多用したり、ももち結びをして、ますます少女への憧憬をあらわにして年齢を倒錯させています。

 

でも上には上がいて、安倍なつみさんも年相応に見えない人のひとりです。三十路を過ぎても「なっち」を貫き通す姿は拍手あるのみです。

桃子さんも三十路を過ぎても「ももち」を貫く覚悟でやってもらいたいものです。もちろん「ニャン」もね。

 

なんにしてもお誕生日おめでとうです。ところでお酒は飲んだのかな?? 酔った桃子さんも見てみたい。

Momo

|

« デスメタル/グラインドコア | トップページ | 9期・10期 »

 Berryz工房」カテゴリの記事

 ハロプロその他の話題」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/54163445

この記事へのトラックバック一覧です: 3月6日は:

« デスメタル/グラインドコア | トップページ | 9期・10期 »