« グスコーブドリの伝記 | トップページ | 海の日 »

佐藤優樹ソロDVD「Greeting」

っと届きました。佐藤優樹さんのソロDVD。

Masaki01

モーニング娘。9期10期は、みんな大好きなのですが、その中でも特に好きなのがまーちゃんです。

何と言いますか、まだ幼いせいもあるのでしょうが、何を言い出すのか、何をしでかすのか分からない、放っておけない感じが保護欲をそそられる子です。

 

DVDの内容は、ハロー!SATOYAMAライフにでも出てきそうな田園風景での撮影と、駅のホームや電車の中での撮影が中心です。あとはインタビューです。

ロケーションに関しては、かなり低予算で作ったなという印象があります。というより、なんか急ごしらえで制作したようにも感じます。

衣装は三種類。薄紫色のワンピース、制服、ショートパンツをはいた普段着風の衣装です。

髪型ではポニーテールをしてるところが、なんとも可愛かったです。

 

9期10期メンバーは、全体的に育ちの良さそうな「いいところのお嬢さん」的な人が多いです。

その中でも、特にお嬢さんオーラを放っているがまーちゃんの特徴だと思います。それなのに嫌味がなくて品がいいのです。

そんなまーちゃんの笑顔は、全身から幸せパワーが湧き出ているようで、見ていてついこちらもニヤけてしまいます。こんなに幸せそうに笑える人は久しぶりに見た気がします。

 

撮影時期は、インタビューにもありましたが、モーニング娘。の春ツアーの合間を縫ってのスケジュールだったようです。なので、まだ12歳のまーちゃんですね。

ロケーションに関しては先ほども触れたとおり、低予算風です。カメラワーク的にもこれといった工夫は見られません。

いわゆるアイドルのイメージDVDとしての出来は、ちょっと不満な出来に入る部類かもしれません。

ですが、まーちゃんの初々しくて瑞々しい、という言葉がぴったりと当てはまる純粋さが光っています。

12~13歳になりかけるまだ何色にも染まっていない瞬間をとらえた奇跡の作品であることを考えると、少々の出来は無視しても素材の素晴らしさで十分補っていると思うのです。

まさに2012年にリリースしてくれてありがとう、というDVDだったと思います。

Masaki02

 

ところで、まーちゃんのインタビューを聞いていて気になったことが一点。

質問に答える際、まず最初に結論を言います。そして「なぜかというと」という言葉をはさみ、最後に理由を述べるという場面がたくさんありました。

これがまーちゃんのしゃべるときのクセなのか、たまたまその時だけだったのかわかりませんが、こういうしゃべり方は英語的ですね。

以前まーちゃんが、萩原舞さんのUSTRAEM番組にゲスト出演した際に、幼少の頃は家では英語で会話していた、といったような事をおっしゃってました。

とすると、まーちゃんの言語は、日本語と英語が混じった言葉ということなのでしょうか?? いや間違ってもルー大柴さん風ではないですが。

|

« グスコーブドリの伝記 | トップページ | 海の日 »

 ハロプロその他の話題」カテゴリの記事

 モーニング娘。」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/55187320

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤優樹ソロDVD「Greeting」:

« グスコーブドリの伝記 | トップページ | 海の日 »