« Berryz工房×℃-ute クロストークBOOK 「RIVAL ~12少女の10年物語~」 | トップページ | Berryz工房「cha cha SING」発売記念イベント 10秒おしゃべり会 »

真野恵里菜さん

野恵里菜さんの公式ブログにて発表されてますが、2013年2月23日をもって、ハロー!プロジェクトを卒業するとのこと。

つんく♂さんのコメントによると、ハロプロエッグだったころは頼りなかったが、音楽Gatasに抜擢される頃になるとしっかりしてきて、インディーズでソロデビューし活躍が認められメジャーデビューとなった経緯が語られています。

最近は更にパフォーマンスに磨きがかかり、ソロデビューさせるには良いタイミング、といったことが書かれています。

卒業後は歌に芝居に活躍して欲しいと激励の言葉もあります。

 

真野さん本人のコメントには、今年の初めから今後の活動について話し合いをしていたようです。

コメントを抜粋いたしますと、

>ソロで活動するようになって約4年、
>ハロー!プロジェクトの歴史と比べるととても浅いですが、
>色々な事を経験しました。
>憧れだったハロー!プロジェクトに入ることができて、
>ソロデビューすることができて、
>嬉しい事、楽しい事、時には悔しい事もありました。

という言葉がつづられています。

ソロで活動してきた真野さんだからこそ、経験できたこともあると思います。

グループであれば、誰かに悩みを聞いてもらうこともできたでしょうが、真野さんはどうだったでしょうか?

また、活動期間は約四年と比較的短いです。真野さんにとって、この四年間は充実していたのでしょうか?

それは真野さん本人にしかわからないかもしれません。

 

わたくしは常々、二十歳を超えたメンバーや、ある程度スキルを身につけたメンバーは、いつ何が起きてもおかしくない、と覚悟しています。

ですから、今回の真野さんのハロプロ卒業は、多少のびっくりはありますが、喜ばしいことだと思っています。

確かにハロプロに在籍してさえいれば、それなりに活動が出来ると思いますが、逆にハロプロに在籍しているからこそ足かせになることもあると思います。

そう言う意味では、真野さんはソロである上に、一人のアーティストとして身軽に動けることになると思います。

ここ最近の真野さんの活動を見ると、女優業の方が増えてきているのでそっちの方向にシフトするのかな? と感じます。

でも歌手真野恵里菜としても見ていたいというファン心理もあるので、せめて一年に一枚シングルをリリースできたらいいな、と思っています。

少なくとも吉川友さんのような、アイドルとしての活動は望めないと思います。

とはいえ、真野恵里菜さんが今後もアップフロント所属の、ひとりのアーティストとして居続けることには変わりがないので、応援する気持ちも変わりません。

 

今回の真野さん卒業の件は、他のハロプロメンバーに多少なりとも影響を与えると思います。

今年で23歳になる、道重さゆみさんと田中れいなさん。

モーニング娘。ではトップの位置に登りつめたお二人ですが、あと何年在籍できるか分かりません。

それは9期10期の成長しだいだと思います。その9期がここ最近、ぐんぐん伸びてきているので、彼女たちが育ってくれば、6期の存在も不要となる日が来ると思われます。

その土台として、道重さんはバラエティーに、田中れいなさんはバンド活動と、それぞれの道が用意されています。

 

ベリキューはどうでしょう?

今年で二十歳以上のメンバーが6人と、半分が成人になります。彼女たちも、あと数年もすればアイドルとしての活動は難しくなってくると思います。

以前、記事に書いたことですが、ベリキューメンバーの大人組をごっそり卒業させて、残りの年少組で新たなグループを作るのではないか、ここ最近ベリキュー合同で活動してるのは、その前段階なのではないかということです。

 

モーニング娘。9期10期、そして11期のオーディションと、明らかにハロプロは若返りを目指しています。

既存のメンバーに頼ることなく、新しい風を吹かせようとしているように感じます。

今年15周年になるハロプロですから、きっとこの先10年といった長期を見越しての英断だとは思います。

ゆっくりゆっくりですが、今ハロプロは転換期に来ているのだと思います。

常に新しい宝石の原石を発掘し、磨き上げ育て上げ、立派に巣立って言ってもらう、それがハロプロなのだと思います。

ただ、そこには必ずファンとの軋轢が生じてくると思います。

確かに卒業は悲しいです。できることなら永久にハロプロにとどまっていて欲しい、何も変わらないで欲しい。というのがファンの本音だと思います。

そんなファン心理を事務所側が、どこまで汲み取ってくれるか? が課題になってくると思います。

 

最後に……

思えば真野さんとの出会いは音楽Gatasでした。

一人だけ飛び抜けて可愛い子がいるな、と思っていたら、インディーズでソロデビューされました。

ピアノの弾き語りをするという、ハロプロでは異色な存在で、わたくしはひと目でこの子は絶対に伸びる! と確信しました。

というわけでインディーズ活動で、全国を回る真野さんを追いかけて応援し続けました。

イベントの度に手紙を渡し続けていたら(本人に直接ではなくマネティに渡してた)、真野さんからファンレターの返事をもらえたのは貴重な体験でした。

そしてメジャーデビューを果たし、今度はスマイレージをバックに従えて活動し、やがて同じくスマイレージがインディーズ→メジャーデビューという流れになりました。

この真野さん~スマイレージの流れは、本当に必死で応援してました。遠征できる範囲で、イベントには足を運び、彼女たちを言葉や手紙で励まし続けました。

そして、今回真野さんがハロプロから巣立っていくことに誇りを持っています。

ハロプロから今度は広い芸能界へと羽ばたいていってくれるという、期待です。

今わたくしは遠征は出来ない身ですが、真野さんのラストツアーにはぜひとも参戦したいと今から思っています。

彼女の勇姿を目に焼き付けておきたいのです。きっと集まったファンは真野さんを泣かせようとするでしょうし、真野さんもきっと泣いてしまうでしょう。

「真野恵里菜コンサートツアー2011 ハタチの乙女 801DAYS」の千秋楽大阪公演、アンコール明けに歌った「MY DAYS FOR YOU」で泣いてしまって歌えなくなった真野さんの代わりに、ファンのみんなで歌った思い出はきっと一生忘れない瞬間でしょう。真野さんにとっても、ファンにとっても。

これから真野さんが卒業される日まで、一日一日が奇跡の瞬間であり続けることを祈っています。

|

« Berryz工房×℃-ute クロストークBOOK 「RIVAL ~12少女の10年物語~」 | トップページ | Berryz工房「cha cha SING」発売記念イベント 10秒おしゃべり会 »

 ハロプロその他の話題」カテゴリの記事

 真野恵里菜」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

個人的にハロプロをちょっと離れて眺めてた時期に再び”おお!”って思わせてくれたのが真野ちゃんだったので寂しいですが、
思えば「デス・ゲーム・パーク」での演技や仮面ライダーなでしこに強く惹かれたので、女優として大きくなっていく姿を観たい…という気持ちもあります。

ハロプロ全体としては、久々にいい風が吹きはじめたこの時期に意外なくらい大きな変革をしかけてくる(新ユニットとかも含め)のが良くも悪くもらしいかもしれませんね。

ではでは。

投稿: のの。コバイア | 2012年7月21日 (土) 23時13分

>ののさん
真野さんは女優兼歌手として活躍して欲しいですね。
女優さんが、時々シングルをリリースする感じで。

ハロプロは良くも悪くも、転換期だと思うので、あとは良い人材が加入してくれることを期待するのみです。

とりあえず9期10期は安心してみていられます♪

投稿: ねこぽく | 2012年7月23日 (月) 05時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/55247827

この記事へのトラックバック一覧です: 真野恵里菜さん:

« Berryz工房×℃-ute クロストークBOOK 「RIVAL ~12少女の10年物語~」 | トップページ | Berryz工房「cha cha SING」発売記念イベント 10秒おしゃべり会 »