« 生スマ第二回 | トップページ | いずもくにびきこねくしょん2012~ガールズ サミット~ / 出雲APOLLO »

ニコニコ生放送「スマイレージ『好きよ、純情反抗期。』発売記念ミニライブ」

8/17に行われた、ニコニコ生放送での「スマイレージ『好きよ、純情反抗期。』発売記念ミニライブ」見ました。

セットリストはこんな感じ、

1.夢見る 15歳

MC

2.好きよ、純情反抗期。

3.ドットビキニ

4.有頂天LOVE

MC

5.スキちゃん

 

このイベントは8/22発売の「好きよ、純情反抗期。」のリリース記念イベントとなっていますが、その裏では、新型ペンライト"FreFlow"(フリフラ)の実験イベントでもありました。

ペンライトの仕組みがまだイマイチ分かってないのですが、どうも遠隔操作で色が変わるようです。

例えば、MCで喋っている人のメンバーカラーに統一されるとか、歌のソロパートでメンバーカラーに変わるとか。

MCでメンバーカラーに統一された時に、こぞって新メンバーの方々が「自分色に染まるのは初めてで感動しました」という発言が切ないです。

歌ってる間は、色はバラバラになったり、急にそろったりと、まだ改良の余地がありそうですが……。

でも、ファンの方々は、この色が勝手に変わるペンライトを本当に持ってみたい、と思われるのでしょうか?

「自分は、この色以外は持ちたくない!」とおっしゃる方もいるでしょうし、

「各メンバー均等に色が変わって不公平感がないので便利」とおっしゃる方もいるでしょう。

 

これは案外、難しい問題のような気がします。

ライブの楽しみ方は、見に来た方それぞれ自由でいいと思うのです。じっと見るのもアリだと思いますし。

わたくしも昔は、両腕にリングサイリウムをジャラジャラ付けてるタイプでしたが、最近はあえてサイリウムを持たないようにしてます。

それなのに、応援の仕方を束縛してしまうことになりかねないということは、なにか本末転倒のような気もするのですが。

仮に1000人ライブを見に来たとして、1000人それぞれライブの楽しみ方ってあると思うんです。

一番良いのはその1000人が満場一致で「楽しかった」と思えるライブですが、それは不可能だと思います。必ず不満の残る人は出るはずです。

その1000人に対して、「ハイ、こうやって応援しなさい」と強要が出来るでしょうか?

生誕祭、凱旋ライブ、卒業ライブ……

今一度、ライブの応援とは何なのか? ということを、考えてもいいかもしれません。

ただ怖いのは、一度既成事実が出来上がってしまうと、もう後戻りができないということです。

|

« 生スマ第二回 | トップページ | いずもくにびきこねくしょん2012~ガールズ サミット~ / 出雲APOLLO »

 S/mileage」カテゴリの記事

 ハロプロその他の話題」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

新ペンライトイベントのフリフラテストライブ参加させて頂きました。普通のペンライトみたくボタン押すごとに7色変化点灯タイプでしたね。ねこぽくさんの以前の予想通り無線受信機内蔵らしく送信機により自動的に色が統一されるようですね。MC中スマのメンバーが持ってたペンライトでも色が変わってましたし送信機内蔵タイプペンライトもあるようです。ニコニコで観覧された感想のようにメンバーごとに曲中にソロパートで担当カラーに変わったり変わらなかったり、照明の担当の人が人為的に色変更してたのか確かにバラバラになったり、ソロパート自動変更システムなど入れるのか、まだ開発途上みたいですね。生誕や卒業イベやソロではいいかもしれませんが、強い推しがいる個別のファンに通常イベント曲でも強制カラー変更は賛成より否定意見も多そうですね。ライブ会場にある演出照明が客席のペンライトに変わるみたいなもので、海外では実用化されてるようですが、日本でも浸透するかわこれからの評判や実験次第のようですね、値段も未定みたいですしソニー系会社開発みたいなんでまたいつかテストするかもしれませんね。

投稿: | 2012年8月17日 (金) 22時46分

コメントありがとうございます。

実際に新型ペンライトを使われたのですね。貴重な意見ありがとうございます♪

通常は、色は任意に変えられるタイプなんですね。
で、やはり遠隔操作で色が変えられてしまうわけですね。

スキちゃんの「スキちゃんスキちゃん……」の部分は、まあまあ色分けされていたと思うのですが、まだ色の統一がキチンとできてませんでしたね。
送信装置の不具合など、色々問題があったのかもしれませんね。

生誕祭など、色統一では重宝しそうですが、ファンが一丸となって企画するという連携を無視する形になりかねないので、これら有志のファンとどう折り合いをつけるのかが見ものです。

今回はテストということですので、今後どうなっていくのか、楽しみにしたいと思います。

あくまで個人的な意見ですが、ペンライトを積極的に持ち込む現場ではファンに任せて、ペンライトをあまり使わない現場でのDVD収録のときに使うといいのではないかと思うのですが。

投稿: ねこぽく | 2012年8月17日 (金) 23時58分

フリフラ使用コメントしたものです
早々にコメントレス投稿どうもです。
明日土曜で休みで暇だったんで
長文失礼します。

フリフラの実用化で個別で市販するのか
アーティスト側が公式として採用するかによりますが
おそらく大多数はねこぽくさんの意見の通りファンまかせが無難だと思います。

かにょんブログでは公式採用希望と気にいってるようで
いつか東京ドームで同色ペンライト統一みたいと目標設定してまいたね。

ねこぽくさんの見解のようにファン同士がイベントで独自に色統一している、サプライズ感が感動的でもありファン心理としては暗いライブ会場では、推しメンTシャツ等グッズの代わりが推し色ペンライトになるわけで、せっかくの最前付近など取れた時に強制色変更では推しメンのレス目当てのジャンプ合戦などで立ち見では争いが激しくなりそうな気がします。

しかし、限定した場所でのDVDやPVやTV収録の演出では統一感が出て良さそうですね。声優ライブや単独アーティストのライブではファン側的にはコストや曲ごと色切替しなくて便利そうですが、フリフラ浸透したら既存のペンライトやサイリウム関係業者は商業的に厳しそうですし、影響が懸念されそうですし色々問題がありそうですね。

あと新ペンライトといえば8月21日に新発売で12色変更可能なキングブレード・テンが発売みたいですね、同じ12色のLEDカラフルビームは形状発色や輝度が不足気味でしたし、実験段階でフリフラが7色でボタン電池採用みたいな感じだったんで、無線搭載で価格的にどうなるかもありますし、キンブレテンが単4採用で輝度的にも市販では売れそうな感じですね。

とにかく今回
スマイレージがフリフラテスト歌手ににオファーがあり
初めての実験テスト体験だったスマメンバー喜んでたようですし良かったと思います。いつかメンバー目標の場所でのペンライトの海の光景を現場で見ることが叶うよう願います。

投稿: | 2012年8月18日 (土) 01時38分

どうもコメントありがとうございます。
色々とご意見していただき、とても参考になりました。

普通に事務所側が公式と銘打って売り出したとしても、結構ビミョーな気がします。
ただ、福田さんがブログで書いたように、メンバーが「使って」と言ったとなれば話は別です。

昨年の生スマで、番組中にダンス講座やコールのやりかたを説明してしまったために、良くも悪くもそれが浸透してしまった、という事実がありますから。

ファン心理として、やはりメンバーに喜んでもらいたい、というのが一番にあると思うので、今回の福田さんの発言は影響力があるかもしれません。

なので、和田さんも含め、ブログでの「ドットビキニのコール」についても、影響力は大きいと思います。

>推しメンのレス目当てのジャンプ合戦
これが一番起きてほしくない事態ですよね。
ペンライトを放棄して、レスほしさにやっきになる、となれば何のためなのかわからなくなります。

でもおっしゃるとおり、このフリフラの実験イベントの第一号がスマイレージであったことは、世間に誇れることだと思うので、そこは喜びたいですね。

ハロプロ以外の現場なら、色々な場所で活躍できそうな気がするので、従来のサイリウムとうまく住み分けができたらいいのではないでしょうか。

投稿: ねこぽく | 2012年8月18日 (土) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/55445023

この記事へのトラックバック一覧です: ニコニコ生放送「スマイレージ『好きよ、純情反抗期。』発売記念ミニライブ」:

« 生スマ第二回 | トップページ | いずもくにびきこねくしょん2012~ガールズ サミット~ / 出雲APOLLO »