« ステーシーズ 少女再殺全談 | トップページ | スピードメーター交換 »

スマイレージライブツアー2012秋~ちょいカワ番長~「スマイレージ篇」

週9/12配信の生スマでの和田彩花さんが、とても大人びて見えたのが印象的でした。

18歳ともなれば当然で、今までが子供っぽく見えすぎた感じもします。

ですが、見た目だけでなく、所作であるとか雰囲気が大人っぽくなっているのです。言い換えれば、子供から大人へと脱皮した感じで、見ようによっては「冷めてる」とも受け取れました。

明るく元気なスマイレージですが、そんな和田さんの様子になんだか不安を抱いていたら、

YouTubeに「スマイレージライブツアー2012秋~ちょいカワ番長~「スマイレージ篇」」という動画が挙がっていました。

内容は、9期10期の加入したモーニング娘。は頑張っているのに、2期メンバーの加入したスマイレージのライブチケットが余っているから、つんく♂さん自らメンバーに対してダメ出しをしているというものでした。

これを見たメンバーは皆呆然。

和田さんに至っては「スマイレージはいつか見捨てられるのでは」と思いつめています。

 

最初に断っておきますが、わたくしはスマイレージの秋ツアーには参戦しません。

というより、参戦できないのです。

こまかい理由は書きませんが、本心は2期メンバーが本格始動し始めて、新曲も披露されるということで、心機一転スマイレージを応援したい気持ちでいっぱいです。

 

このYouTubeの動画を挙げた真意は分かりませんが、コメント欄を見ると、ファンたちから厳しい意見が寄せられています。

その大半が、今のスマイレージ人気低迷は、メンバーに責任はない、つんく♂さん及び事務所やスタッフの責任であるといった内容です。

わたくしは表側のことしかわかりません。裏方の方々が日々どんな風に仕事をされているのかまでは把握しきれません。

ですが、ひとつ言えるのは、どんなに仕事の要領が悪い人でも、スマイレージを立派なグループに押し上げようと、日夜働いているということは間違いないということです。

要するに、スマイレージの人気を落としてやろうとか、悪い方向へ導こうと、おかしな考えを起こしている人などいるはずがないのです。

仕事の要領が悪い人でも、悪い人なりに、頑張っているはずです。

ですから、わたくしはつんく♂さんや事務所のことを非難するつもりはありません。やり方に問題はあるかもしれません、でも頑張っていることは確かなのです。

かといって擁護もしません。大人は大人の仕事を頑張っていただきたいので、手を抜かないでほしい。それだけです。

単につんく♂さんがプロデューサーをやめればいいとか、事務所を変えた方がいいとか、そういう話ではないと思います。

 

動画はつんく♂さんがスマイレージにダメ出しをして追い込むという内容です。

古くはASAYANで初期モーニング娘。に無理難題を押し付けられるという手法の使い回しです。

メンバーへの同情心をあおるようなこんな動画をいまさら見せられても、単なる子供だましでしかないわけですが、メンバーはマジで凹んでます。別動画では中西香菜さん泣いてます。

明らかに、これはメンバーへの同情心を誘う動画ではなく、つんく♂さん及び事務所に不快感を抱かせる内容です。

ですが、あえてこの動画を流す意図を考えたとき、この動画を見たファンならきっとつんく♂さんに怒りを感じると思います。

言い換えれば、つんく♂さんはプロデューサーとして責任を感じて、あえて嫌われ役を買って出て動画を挙げたのではないかと推測できます。要するに、プロデューサーが悪いんですよ、とちょっと遠まわしに言ってみました的な。

 

ただ、これは動画に挙がっているから、あれやこれや言えるのだと思います。

例えば9期10期のインタビューなどを読むと、初めてのツアーリハーサルであまりに怒られて泣きすぎた、と回想しています。

これは9期10期に限ったことではないと思います。誰もが通る道だと思います。

 

スマイレージの人気が低迷してしまった要因。様々あると思います。

2011年のゴタゴタ劇。2期メンバーへの風当たり。マネージャーの不手際。

でも、そんな困難を一緒に乗り越えるのがファンだと思うのです。苦楽を共にした仲は、固い絆で結ばれます。一見ピンチのようで、実はチャンスかもしれないのです。

あと、脱退してしまった二名にあまりに固執しすぎるのもどうかと思います。

確かに初期の四人は輝いていました。しかし、それは過去のもの。今を見つめないでどうするの? って話です。

野球で言えば、主軸を打っていた打者やエース投手がいなくなってしまったも同然かもしれません。だけど、残されたメンバーや新しいメンバーで最大限のことをやっていくほかありません。嘆いたところでもう戻ってこないのですから。

今の六人だって輝いています。力もつけてきました。実に応援しがいがあります。

要するに、頑張って頑張って何とか打破しようとしているのに、評価がついてこない、というのが現状ではないでしょうか?

 

あと、特定のファンの方を名指しするようで心苦しいのですが、一部のスマイレージファンの中に、ライブ中マナーの悪い方を散見します。

最近和田さんがそういった方々に苦言を呈するような発言をされました。メンバーも困っているのでしょう。

振り返ると、初期ベリーズや、初期℃-uteでも、マナーの悪いファンはいました。

しかし、ベリーズや℃-uteの人気が出て普通のファンが増え始めると、迷惑なファンは自然と駆逐されていきました。

もし仮に、スマイレージのライブのチケットの売れ行きが悪い原因が、そういった迷惑なファンがいるから敬遠してるのだとしたら、こんな不条理なことはありません。

迷惑なファンたちは、お客さんが少ないのを見ればきっと、もっと場を盛り上げようとさらに騒ぎ出す可能性があります。悪循環です。

ライブはみんなで作るもの。ステージと客席のキャッチボールで、完成されるべきです。決して一部のファンだけが盛り上げてひとり歩きするべきではありません。

 

9/23大阪からスマイレージのライブツアーは始まります。

それに行けないことがとても悔しいです。

今の六人を応援できないことが悔しいです。

今の自分にできること。

それはCDを買って、ファンレターではげましてあげること。それくらいですが、メンバーの力になれば幸いです。

どうか、和田さんのスマイレージへの情熱が冷めてしまわないことを祈っています。

|

« ステーシーズ 少女再殺全談 | トップページ | スピードメーター交換 »

 S/mileage」カテゴリの記事

 ハロプロその他の話題」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/55691834

この記事へのトラックバック一覧です: スマイレージライブツアー2012秋~ちょいカワ番長~「スマイレージ篇」:

« ステーシーズ 少女再殺全談 | トップページ | スピードメーター交換 »