« アルバム派 | トップページ | 久々に装備 »

里山ムーブメント

YouYTubeに「SATOYAMA official Channel」が出来ました。

そこでは、2012年夏のハロコンで披露された、ピーベリーとDIYのライブ映像を見ることができます。

今年のプッチベストに収録されそうですが、一足先に曲感想を書いてみます。

 

「キャベツ白書 / ピーベリー」

和田彩花さんと鞘師里保さんによる、異色なユニットです。

白いワンピースに身を包み、しっとりと歌い上げる、心にしみる曲です。

曲調は牧歌的で、ある意味フォークに近いかも。

ライブの合間の一息つける曲といえば聞こえはいいですが、ちょっと軽く聞き流してしまがちな曲です。

一曲のインパクトとしては弱いですが、例えばアルバムの中にそっと置いておくと、他の曲との間にはさまれて際立って聞こえると思います。

決してシングル向きではありませんが、水準以上の小曲になっていると思います。

里山ムーブメントがどれくらいのスパンで考えられているのかわかりませんが、こうやって色々なメンバーの組み合わせで曲を作って、一枚のアルバムを作れるくらいになれるといいですね。

鞘師里保さんは、以前ラジオでひとりで歌を歌うときはダンスをしないで、しっとりと歌いたい、とおっしゃってたのでこの曲で少しは願望がかなったのではないでしょうか?

歌詞は里山を意識した「自然」をキーワードにしています。

 

「フォレフォレ ~Forest For Rest~ / DIY」

徳永千奈美さん、夏焼雅さん、矢島舞美さん、中島早貴さん、飯窪春菜さんのユニットです。

曲調はシングルカットしてもいいくらいのノリノリの曲です。

こちらもピーベリー同様、自然を意識した歌となっていますが、派手な夏焼雅さんひとりがいるだけでK-POPみたいに聞こえるから不思議。

衣装もヘソ出しにショートパンツだし、ダンスもセクシー。う~ん、里山からは遠いような……。

もし里谷ムーブメントでアルバムをリリースしたら、軸となる曲となりそうです。

サビの「フォレフォレ」の部分だけでも耳に残るので、印象的な曲です。

でも、やっぱりどこか軽いノリで、中毒性はあまりないんですよね。もっと毒があってもいいのに。って毒があったら里山じゃ困るか(笑)

 

・作曲陣
映像でスクリーンを見たら、作詞作曲者名が見えました。

「キャベツ白書」が角田崇徳さん。

HANGRY & ANGRYにいくつか曲提供された方ですね。もっとさかのぼれば、美勇伝の「紫陽花アイ愛物語」などもあります。

角田さんはもっとロックテイストの曲を作るイメージがありましたが、こんな曲も作れるんですね。意外でした。

 

「フォレフォレ ~Forest For Rest~」は、MEG.MEさん。

調べてみるとこの方は、High Kick Entertainmentというクリエーター集団を抱えた会社に所属しているようです。

この会社に所属している人で、いくつか見覚えのある名前がありました。

MIKOTOさん、真野恵里菜さんの「Song for the DATE」を作られたユニットです。

生田真心さん、Buono!の「キライスキダイキライ」を作られたお方です。他にもAKB48及び派生ユニットの各楽曲の編曲を手がけられたりしてます。

木之下慶行さん、Buono!他を多数手がけられてます。サイトから引用します。
>Buono!「Independent Girl~独立女子であるために」(作曲/編曲/ギター)
>Buono!「One Way = My Way」(作曲/編曲/ギター)
>Buono!「Early Bird」(作曲/編曲/ギター)
>Buono!「ワープ!」(作曲/編曲/ギター)
>Buono!「無敵の∞Power」(編曲/ギター)
>Buono!「Cafe Buono!」(作曲/編曲/ギター)
>Buono!「ホントのじぶん」(作曲) 
>しゅごキャラエッグ!「わたしのたまご」(作曲/編曲/ギター)
>ガーディアンズ4「Summer Has Come!」(作曲/編曲/ギター)

と多数に登っています。

ただ、木之下さんもAKB48及び派生ユニットの楽曲の編曲&ギターもされています。

 

このことから、High Kick Entertainmentは大手アイドルグループから楽曲制作依頼を受ける、今や引っ張りダコの人気クリエーター集団だとわかります。

他にも、ももいろクローバーZやさくら学院の名前を見ることができます。

 

だとすると、このDIYの「フォレフォレ ~Forest For Rest~」も生半可な発注で制作された楽曲ではないことがわかります。

要するに里山ムーブメントはかなり真剣にやっているよ、と捉えることができます。

この里山ムーブメントを本気でやっていくなら、冬のハロコンでも披露する機会があるかもしれませんし、また里山ムーブメントだけでイベントやライブを行う可能性もあります。

 

時期的には、やっぱり11月くらいによみうりランド……かな??

|

« アルバム派 | トップページ | 久々に装備 »

 ハロプロ楽曲」カテゴリの記事

 他ユニット」カテゴリの記事

ハロプロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/55562917

この記事へのトラックバック一覧です: 里山ムーブメント:

« アルバム派 | トップページ | 久々に装備 »