« グッズ追加 | トップページ | 伝説とは何か? »

ももいろクローバーZを聞いてみました

たくしのブログの隣人様である、シルヴァさんがわたくしに対してももクロの曲をどう思うのか?

という難題を出されたので、これはマジメに答えなけりゃならん、というわけでYouTubeで代表曲等々を聞いてみることに。

ちなみシルヴァさんは現在Berryz工房とももいろクローバーZのファンをやっているそうです。

最近は色んなアイドルがいますからね。ひとつのアイドルグループだけを応援するのは難しいと思います。

自分の琴線に触れるグループがいくつかあっても無理はないと思います。

全く無名のローカルアイドルが、プロデューサー次第でとんでもない名曲を歌ったりする時代ですから。

 

さて、ももクロですが、まだももいろクローバーに「Z」が付く前から、音楽番組等でチラチラと曲は聞いたことがありました。

率直な感想として、展開の激しいコミックソングをおもしろおかしくやってる、という印象でした。

アイドルだけれど、純粋なアイドルファンを蹴散らすようなところがあり、アイドルなのにアイドルをパロディ化して見せているように、わたくしの目には映りました。

そのスタイルはとても斬新で、今までのアイドルにはない部分なので、きっとこれがももクロの生命線なのだろうな、と思いますが、残念ながらわたくしの心には響きませんでした。

まだどこか吹っ切れない、煮え切らない、従来のアイドル路線を捨てきれないような、ハッキリ言ってしまえば無理して今のスタイルをやっているように見えたのです。

ファンの方には失礼ですが、その姿がどうも痛々しく見えて、ももクロを受け入れられないのです。

 

そんなももクロの最新曲がドラマ「悪夢ちゃん」の主題歌に抜擢され、作曲が布袋寅泰氏とのこと。

今までは前山田健一氏中心の展開の激しい曲調がウリだったと思うのですが、布袋さんになってなんかフツーになってしまったな、という印象です。

わたくしは、激しい曲も好きですが、展開が複雑な曲も好きです。メロディではなく、展開や構成で聞かせるタイプの曲です。Aメロ、Bメロ、サビとかいう公式を全く無視した曲展開です。

なので前山田健一氏の曲は好きというほどではありませんが、一目置いていました。

布袋氏の曲は、Aメロは割と面白いと思うのですが、サビが平凡でちょっと物足りない感じです。

ハードなロックとアイドル曲を融合させようと試行錯誤されたのだとは思いますが、ちょっと面白味に欠けました。アーティスティックではあると思いますが。

ももクロのことを全くわかってないわたくしが「これはももクロらしくない」なんて口が裂けても言えませんが、いろいろな曲に挑戦するのは良いことだと思います。彼女たちのポテンシャルが試されるわけですし。

また、MVは従来のももクロのおもしろおかしい路線から一転して、シリアスになっています。細かいネタはありますが。ここら辺で評価が分かれそうな気がします。

ただ、より一般的な曲をやるようになるということは、今までももクロを理解してなかった人を取り込むチャンスとも言えます。

 

個人的な意見として、アイドルのプロデューサー(曲提供者)はなるべく固定してほしい派だったりします。

ハロプロのほとんどがつんく♂さんであるように。Perfumeが中田ヤスタカ氏であるように。

それはなぜかというと、アイドルはプロデューサー次第で色合いが変化してしまう恐れがあるからです。

フリーの作曲集団もいらっしゃって、様々なアイドルに曲提供をされています。

そのフリーの方が、曲を書き下ろすアイドルの本質を理解していれば問題ないのですが、理解するどころか勘違いを起こしていたとしたら、曲をもらったアイドルは迷走してしまいかねません。

どうしてわたくしがこんな考えを持っているかというと、アイドルを応援する際に一番重視してるのが曲だからです。

そのアイドルのイメージを壊さず、今いるメンバーだからこそ出来上がった曲を歌っている姿が、わたくしは望ましいと思っています。

なので、ひとつのアイドルグループにはひとりのプロデューサーがついているのが理想です。

または、曲提供者は何人かいて、その提供された曲を統括(編曲)する役割を果たすプロデューサー、という場合もありますが。

というのも、元々わたくしはシンガーソングライターが好きで、自分の歌は自分で作るタイプの人やバンドが好きなんです。

他人が書いた曲を歌うなんて、わたくしの本心からするとありえないことだったりします。

ハロプロを応援していて思うのは、つんく♂さんはメンバーのことをちゃんと理解していて、その時に応じた曲を作っているという点に優れていると思うのです。要するに、プロデューサーでありながら、もうひとりのメンバーであるかのように振る舞えるというのが最大の武器だと思っています。

 

話が逸れました。

ももクロの場合、前山田健一氏のおもしろおかしく、展開の激しい曲が生命線ならばそれを貫いてほしいと思います。

とはいえ、前山田健一氏も月島きらりに曲提供していたくらい、フリーな人なのでももクロばかりに専念してられないのが実情だと思います。

だから今回布袋寅泰氏にオファーが回ったのかもしれません。

だとすれば、今後は様々な楽曲提供者から、いろいろな曲が回ってくるということを意味しているかもしれません。

なので今後、ももクロはどんなスタイルの曲を歌おうと、ももクロらしさを失わないレベルに達するくらいに成長していってほしいと思います。

ももクロらしさとはなんなのか? ということを突きつけられた今回の新曲ではないかと思います。

|

« グッズ追加 | トップページ | 伝説とは何か? »

音楽(メタル・ハロプロ以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/55991376

この記事へのトラックバック一覧です: ももいろクローバーZを聞いてみました:

» ももいろクローバーZ 最新情報 - Nowpie (なうぴー) アイドル [Nowpie (なうぴー) アイドル]
ももいろクローバーZ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2012年10月29日 (月) 07時37分

» 岡山商科大学はあなたの夢を叶えます! [岡山商科大学はあなたの夢を叶えます!]
岡山商科大学は世界を視野に入れ、斬新なアイデアで地域の活性化に貢献しております。 [続きを読む]

受信: 2012年10月30日 (火) 10時55分

« グッズ追加 | トップページ | 伝説とは何か? »