« Che Che Chelip~魔法の言葉~/アシンメトリー / Chelip | トップページ | キャベツ白書 / ピーベリー »

ももいろクローバーをもう少し聞き込んでみました。

日、ももクロの記事を書いたときは、YouTubeにあるシングル曲を数曲聞いただけのものの感想で、情報量が少なく個人的にあまり満足してませんでした。

というわけで、ももクロファンの知り合いから、

1stアルバム「バトル アンド ロマンス」

まだ6人体制だった1stライブ「ももいろクリスマス~脱皮:DAPPI~」

を借りてみました。

 

さて、本題に入る前に。

初期ももクロはメンバーチェンジが激しく、紆余曲折あって今のラインナップになったわけですが、わたくし的に無視できないのが、初期メンバーに伊倉愛美さんが在籍していたことです。

NHK教育の「ひとりでできるもん」のまいちゃん役を経て、てれび戦士にもなった経歴を持つ彼女に反応した全国のジュニアアイドルファンは少なくなかったはず。

今もし、ももクロに伊倉愛美さんがいたとしたら、ファン層は相当変わっていただろうなあ、と想像に難くないのです。

 

アルバムを聞いて、率直な感想として、シングル曲は派手に作りこんであるけれど、アルバム曲は割と聞き流してしまいがちな曲が多いなということです。

ただ、ラップというかセリフというか、メロディラインを追わないパートから、急にスピード感のあるサビに突入する、クセのある楽曲は独特の世界観を持っています。

この辺りがももクロの面白さだと思うのですが、好き嫌いの分かれ目でもあるとも思います。

一緒に楽しんで聞ければOKですが、ついて行けないと置いてけぼりになる恐れがあります。

ここら辺は付いてこれる奴だけ付いてこい的なモノを感じて、独自の路線を突き進む孤高の存在感をかもし出しています。

でも、もう少しアルバム曲に力を入れて、シングル曲に頼らない、ハイライト的なナンバーがあればアルバムがもう少し締まったモノに仕上がったと思うのですが。

そんな中「オレンジノート」という曲が、とてもキャッチーで耳にすんなりと入ってくる曲でした。

ライブを見ればわかりますが、ライブが最高潮に盛り上がるアンコール前に歌うくらい重要な曲という位置づけのようです。

「オレンジノート」は単なるアルバム曲ではなく、アルバムのハイライト的な存在になるべく収録されたと思うのですが、もう一歩、あと少し、まだ何か足りないです。

 

1stライブを見て思うのは、アルバムで聞けるようなクセのある曲はまだ少なく、普通のアイドル路線の曲が多いな、という点でした。

「きみゆき」や「Believe」は、普通に聞けました。

ひょっとしたら、まだ楽曲の方向性がまだ定まりきっていない状態だったのかもしれません。

それにしては曲の出来がいいです。

ライブを見て思うのは、ストレートに普通に楽しめる曲が多いということ。初期の方が分かりやすい、ということです。

初期の曲のキャッチーさを保ちながら、現在の変幻自在の曲に昇華できたら、と思うのですが、なかなか難しいようです。

 

「ももいろクリスマス~脱皮:DAPPI~」

は、ももクロにとって初のホールでのライブで、メンバーの緊張する様子や、感動で泣いてしまうメンバーや、客席の歓声に初々しく反応する姿が見えます。

ハロプロのライブを見慣れてるわたくしからすると、いかにハロプロメンバーがライブ慣れしてるのかがわかります。良くも悪くも。お客さんがいて当たり前とか、歓声が沸き上がって当たり前、というおごりなんてないとは思いますが、初心忘るべからずという言葉を思い出しました。ももクロのライブを見て。

アンコール明けにWham!の「Last Christmas」を歌ったのはびっくりしましたが、クリスマスイブのライブなので歌ってもいいですけど、ちょっとアレンジがイマイチでした。

アンコール明けの最後の歌を歌うときに、メンバーが後ろを向く場面があるのですが、その時に客席が白いサイリウムに持ち替えて真っ白になるという演出がありました。メンバーが振り返ってその光景に感動というシーンですが、なんとなく、主催者側からサイリウムを渡されファンへ演出要請をしたっぽい感じがしました。DVD収録もあるし。そこの部分だけ、興ざめしました。

 

ももクロのファンはいろいろな世代に支持されているようですが、これは昨今のアイドルブームが作用してる気がします。

アイドル戦国時代と言われ、もはやアイドルがちまたに溢れている状態になり、アイドルを応援することが恥ずかしいことではない風潮が出来上がり、それまでアイドルに興味のなかった層もアイドルを応援するようになったと思うのです。

モーニング娘。を始めとしたハロプロは過去のものと見られ、AKBをはじめとする48系の商法についていけない人は、他に応援するアイドルを探すことになります。

そこに出てきたのが、ハロプロともAKBとも違う路線で、しかも面白い曲を楽しくやるももクロだったと思うのです。

また、時期的にプラチナ期が崩壊したモーニング娘。ファンから流れていった例もあると思われます。

すき間産業ではないですが、今までなかったことをやる斬新さや、初々しさも手伝って、またうまくタイミングに乗っかって新世代のアイドルの筆頭に祭り上げられたと思います。

今後の路線に関しては、まったく予測が付きませんが、ある程度ステイタスを築いたのであれば、普通ならアーティスティックな路線にシフトすると思われます。こういうのもできるんだぞ、と。

良くも悪くもファンを裏切り続けて、それでもなおかつファンをつなぎとめておけるかが生命線だと思います。

 

ところで、ももクロのキャッチフレーズ「週末ヒロイン」ですが、メタルファンの目線からするとIRON MAIDENの1992年のアルバム「FEAR OF THE DARK」収録の「Weekend Warrior」を思い出してしまいます。意識したのかな?

|

« Che Che Chelip~魔法の言葉~/アシンメトリー / Chelip | トップページ | キャベツ白書 / ピーベリー »

音楽(メタル・ハロプロ以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/56062682

この記事へのトラックバック一覧です: ももいろクローバーをもう少し聞き込んでみました。:

« Che Che Chelip~魔法の言葉~/アシンメトリー / Chelip | トップページ | キャベツ白書 / ピーベリー »