« 8万 | トップページ | メギツネ / BABYMETAL ~五月革命チケット特典CD~ »

メギツネ / BABYMETAL

Dsc_0290


「メギツネ / BABYMETAL」

メジャーシングル第二弾です。

初回盤が三種類と通常盤があり、全部で4パターンありますが、収録曲は初回盤にBLACK BABYMETALの「おねだり大作戦」、通常盤にSU-METALソロの「紅月」がそれぞれ収録されています。

 

「メギツネ」

そもそもの話で、BABYMETALのメンバーがメタルについて勉強している時に、海外のメタルミュージシャンがやっている「メロイックサイン」を見て、影絵のキツネと勘違いして「可愛い」と言ったことから、BABYMETALはオリジナルの「キツネサイン」が出来上がったわけですが、今回の曲はBABYMETALがその「キツネ」にこだわってクローズアップした曲になっています。全て後付けの事とは言え、ここまで風呂敷を広げられると、感服するしかありません。

公式では「お祭りメタル」とあるように、「メギツネ」は和風テイストの曲に仕上がっています。

衣装もいつものゴシック調のモノから、和服に着替え、キツネのお面を強調しています。

和風テイストのメタルというと、真っ先に思い浮かぶのが、自称「妖怪ヘヴィメタル」の陰陽座です。彼らもコンセプトだけを聞いてると、色物っぽいですが、音楽そのものは正統派のメタルで、和風のメロディをうまく融合させて成功している数少ないバンドです。

どこまで陰陽座と差別化をはかるかが、今回の曲の鍵だったと思われますが、「お祭りメタル」として「ワッショイ」とか「ソレソレソレソレ」とか「ソイヤ」とか、YUIMETALとMOAMETALに合いの手を入れさせることでBABYMETALらしさを演出しています。

曲も扇情的になるようにうまくアレンジされていて、豪華さや賑やかさといった喧騒感を表現しています。

 

曲は、太鼓を意識したような「ドコドコ」というスネアが印象的で、なおかつキャッチーで覚えやすいリフが特徴です。ここに「ソレ!」と掛け声が入ることで、嫌が応でも盛り上がります。

曲のアレンジを手がけたのは、「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」のゆよゆっぺ氏。「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」はメタルというより、普通のポップスを多少ディストーションをかけた程度で、あまりメタルメタルしたアレンジにしない方です。

「メギツネ」もガチガチのメタルアレンジに仕上がっておらず、ポップスの領域にとどまった上で、メタル要素が入ってる感じです。曲も生演奏ではなく、打ち込みですし。

ですが、ドラムパターンがかなり激しくて、ここだけは激烈なメタルっぽさがよく出ています。特にバスドラ。海外の猛者ドラマーならキックできるでしょうけど、日本人のドラマーでここまでキック出来る人は限られてくるのでは……。

歌メロは、SU-METALの新境地を拓いたような世界観で、特にサビに至っては昭和歌謡といってもいいくらいのメロディラインです。

こういうクサイメロディラインを歌うと、ダサくなりがちですが、メタルの上に乗っかると不思議とかっこよく聞こえるから面白いものです。

これは何も「メギツネ」に限った事でなく、海外のメタルにも言えます。その国々の土着の民謡を取り入れたメロディラインでメタルを歌っても、ダサくなるどころか、クサイメロディラインが返って感動を呼ぶのです。

「メギツネ」も、日本人が好むマイナー調の切ないメロディが特徴です。ここに、ジャパニーズメタルの真髄があると思います。

SU-METALは、真っ直ぐで伸びやかなボーカルが特徴で、まだヴィブラートらしいヴィブラートは出来てませんが、10代でここまで歌えるのなら満点です。誰もさくらまやのように歌ってほしいとは思わないでしょう。

更に曲は、「さくらさくら」のパートが導入されており、ジャパニーズメタルであることをことさらに強調してるようです。

「メギツネ」は、お祭りの楽しさと、歌謡曲の切なさが同居した、日本人にしか作り得ないまさに「ジャパニーズメタル」だと思います。そこに加えて、SU-METALのボーカルの新たな一面が見れるという大きな意味のある楽曲に仕上がっています。

 

「紅月-アカツキ-」

SU-METALのソロ曲です。

曲自体は、昨年のBABYMETALソロライブにて披露されてましたが、長らく曲タイトルが発表されていませんでした。わたくしは勝手に「紅の騎士」と呼んでました。

曲はメロディックスピードメタルとか、メロディックパワーメタルとか、そういったジャンルになると思います。日本人メタラーが最も好むメタルのジャンルです。曲のテンポが速くて力強く、尚且つメロディラインが美しくもはかないというのが特徴です。

これは、BABYMETAL及びSU-METALファンが、彼女に最もやってほしかった曲に仕上がっているのではないのでしょうか?

今までのBABYMETALは「ド・キ・ド・キ☆モーニング」に始まり、ポップスの領域を意識した上でのメタルで、純粋なメタル曲といえば「イジメ、ダメ、ゼッタイ」くらいのものでした。

その「イジメ、ダメ、ゼッタイ」ですら、YUIMETALとMOAMETALの合いの手が入っていて、それが邪魔という頑固な人もいたかもしれません。

ですが「紅月-アカツキ-」は、合いの手のない完全にSU-METAだけLの曲です。バックの演奏も純粋なメタルです。ここまでやってくれたら、BABYMETALに否定的なガチメタラーにもアピール出来ると思います。

恐らく、このクオリティの曲をやり続けていけば、メタルファンに十分に訴えかけるものがあるので、支持は受けられると思います。

とはいえ、オンリーワンを目指すBABYMETALですから、メタルファンのためだけにアピールする楽曲にとどまらない活動を望みます。

常に「なんじゃこりゃあ!?」と、ファンの度肝を抜くような楽曲を提供し続けていってほしいのです。

そのためには、正統派のメタルから逸脱してもそれは構わないと思っていますし、なにもメタルじゃなきゃダメってこともありません。

でもたまには「紅月-アカツキ-」のような曲も織り交ぜてね。ってところでしょうか?

 

「おねだり大作戦 / BLACK BABYMETAL」

YUIMETALとMOAMETALがメインの曲です。

簡単に言うと、ラップメタルです。えーと、実はこの手のジャンルは苦手だったりします(笑)

まあ、彼女たちにはメタルの様々なジャンルに挑戦して欲しいと思ってるので、こういうのもアリです。いつかはやると思ってました。「いいね!」で布石をしてましたし。

とはいえ、ライブでは非常に盛り上がる曲で、サビなどでは会場一体となってジャンプしまくりです。

歌詞は女の子がパパにゴマすりしながら、おねだりするという小悪魔な曲です。

MOAMETALによる殺し文句の「わたし、パパのお嫁さんになるんだ」がきいてます。

ボーカルに関しては、やはりSU-METALと比べると子供子供した声です。だからこそ、おねだりの歌詞が似合うのかもしれません。

キャピキャピしてるようで、実はボーカル自体の下地はしっかりとしてるので、ちゃんとじっくりと聞けます。多少の萌え要素もありますが……。

凡庸なことを続けるよりも、常に前進・実験を繰り返して欲しいので、この曲の意義はとても大きいと思います。

 

以上、「メギツネ」の感想でしたが、3曲とも全く違う曲調なのに、ちゃんとBABYMETALらしさが出ているのが素晴らしいと思います。

これからも、様々なメタルに挑戦していってほしい、そう思ったシングルでした。

|

« 8万 | トップページ | メギツネ / BABYMETAL ~五月革命チケット特典CD~ »

音楽(メタル・ハロプロ以外)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
メギツネ最高DEATHね!

曲もパフォーマンス(SU-さんの歌声はますます澄んで伸びやかで)もアートワークも完璧で!

キツネのコンセプトはまさに神降臨としか思えない!
祭り…も素晴らしいセンスDEATH

「紅月」の素晴らしさは筆舌に尽くし難いDEATHし、
「おねだり大作戦」は所謂ラップメタルのストリート感が無く、V系バンドがやるミクスチャーを彷彿としました。


DVDも素晴らしく…しかし飢餓感を煽られる内容で
BABYMETAL無しで今後生きていくのが困難になりそうなシングルでした!

ではでは

投稿: のの。コバイア | 2013年6月20日 (木) 11時17分

今日先ほどAmzonで通常版を注文しました。
出遅れましたが、今回はチャートにギリギリ絡めそうDEATH(照)

「紅月-アカツキ-」に興味が出てきました。
ハードル上げて聴きたいと思います。

あと「メギツネ」は、私もYoutubeの初見で黒猫を連想しました。
こっちのほうがストーリーが分かり易いですが、ストレートに広島ものを連想できるところがあって、語りというよりちょっと露骨に女優っぽいのは楽しめました。
きつねといいヘビーさの裏にいろいろあって、それらがよく混ざり合って確かにベビーで、よくこの完成度に仕上げているなと前回同様に思いました。

P.S.
さくら学院のアルバム、コンセプトが明瞭でかつ学生ソングだと思うと親しみ易く受け入れ易かったです。
本当の意味での国民的感覚がありました。
幼い声も目立つので父兄になったような、評価はナンセンスな感覚ですが、完成度高いと思いました。

投稿: いいな | 2013年6月21日 (金) 19時11分

>ののさん
返事遅れてすみません

「メギツネ」聞くたびにどんどんハマる曲ですね。
僕はメタルを聞くときには、リフを重視するんですが、そのリフがキャッチーなのでハマるんです。

コンセプトはよくぞここまで作り上げた! としか言い様がないですね。

特典DVD見たら、「I、D、Z」の完全DVDをリリースして欲しいという欲求がますます高まりました。

「紅月」のリード、完コピしてくださいね~。

投稿: ねこぽく | 2013年6月23日 (日) 08時49分

>いいなさん
お久しぶりです。

CD届きましたか?
今回のシングルも完成度高いので、ハードル上げても大丈夫……なはず!

BABYMETALをはじめ、さくら学院関連は、コンセプトの作り方が上手くて、感心させられます。

投稿: ねこぽく | 2013年6月23日 (日) 08時51分

ねこぽくさん、お久しぶりです。

CDは今日届きました。
チャートにギリギリ絡めたと思います。一安心。
21日(金)の注文で、22日(土)の発送です。
金曜か土曜のチャートどちらかに絡めたと思います。

まだ車内でしか鑑賞できていませんが、メギツネは似たような音が賑やか過ぎて処理できてないようで残念です。
音質の問題なのかセンスの問題なのか分かりませんが、普段私がよく聴く曲達や、さくら学院のアルバムのヘドバンギャーと比較しても違和感だらけでしたのでオーディオのせいではないようです。

ですが、まてまてアカツキとの差を明確にするため意図的にしたのかと、プロの奥深さを信じたい気持ちも交わって鑑賞しました。

インストはあまり違和感ないので、SUMETALの声質と合っていない音と個人的に感じたのかもしれませんが・・・
しかしYoutubeでは、思わず外国人的にOh!グレート!と違和感なかったので、これでこの曲の価値を下げるつもりはないですが、個人的な購入する価値としては下がりました。

アカツキはハードルを高くして聴いたつもりですが、SUMETALの声はもうはるか高かったです・・・
大丈夫なはずどころではなく、かなりのおつりが必要なほど。
曲始めの少しふにゃっとした質感からのクリスタルな声は目覚めますね。
インストはメタルっぽさを感じましたが、SUMETALの声が良い意味で勝ちすぎて、こっちはアニソンを聴いているよう。
個人的にはどっちも好きですが、CDではアカツキが違和感なくきけ不戦勝という感じです。
このアカツキで購入して良かったと感じました。

正直ところ、周りの大人の仕事しだいで期待以上にも以下にもなる微妙さを今回のCDでは感じましたが、BABYMETALは素材が大変良く、やっぱり面白そうという結論で、今後も期待します。

相変わらず文が長くなってしまい申し訳ありません。
コンセプト(存在価値・表現したいこと)が明確にできるだけでも素晴らしいと思います。
音質?は本来二の次ですね・・・ 期待の現われということにしておいて下さい。

投稿: いいな | 2013年6月23日 (日) 18時59分

>いいなさん
長文OKですよ♪

「メギツネ」は、今までのBABYMETALとはまた違ったことをやってるので、違和感があるのだと思います。
わたくしとしてはお祭りの喧騒感と、SU-METALの新たな一面の歌唱が聞ける曲として、とても楽しんで聴いてます。
ちなみにウチのオーディオで聞くと、打ち込みの音が、少々安っぽく聞こえます(笑)

「紅月」は、きっと誰が聞いても文句が出ない曲でしょう。
歌、バックの演奏、ギターソロと、どれもが完璧です。
ファンが求めている曲を作ったら、こうなった。
といった感じでしょうか?
わたくし個人の意見としては、いい曲だと思いますが、ちょっと保守的かな? って感じです。
とは言っても、ライブで生歌聞いたときは泣きそうになりましたが(笑)

今回に限らず、SU-METALがまだあまりメタルを理解していないからこそ、変な先入観がなくフラットに歌えてるんだと思います。
これが、仮に好きなメタルボーカルが出来て、モノマネとかしだしたらそれは反対です。

メタルのことはわからなくてもいいから、今のSU-METALのまま歌い続けてほしい、そう思えるシングルだと思います。

投稿: ねこぽく | 2013年6月25日 (火) 20時31分

車のオーディオやロードノイズとの相性が悪かっただけのようです。
CDのメギツネを悪く書いてしまったので反省DEATH!
ついでにSUMETALとまた書いたのも猛反省DEATH!

音が割りと鋭くクリアなままで分厚い音も出せるATH-AD9というヘッドホンで鑑賞し直しました。

「メギツネ」違和感なく鑑賞できました。
でもオーディオは選びそうですね。
音の安っぽさも感じませんが、低音がかなり響いているので鳴らしきれるスピーカーでないと一音一音に影響しそうです。

「紅月」には別のヘッドホンが合いそうでしたがそのまま聴くと、メタル全開でSU-METALの声ニュアンスは優しさがあり控えめな印象で別の曲に聞こえました。
非常に奥行きのある空間世界観でやっぱりこの曲いいわー。
こっちはオーディオを選ばないというより、いろいろ変えて聴いてみたいくらいです。
保守的なものでも涙をさそうくらいなら、むしろ本当の意味(現実)では攻撃的ですね。

BABYMETALを聴くにはどんな環境が本来のイメージなのでしょう?
中田ヤスタカならYAMAHAがいいのかなーと想像できるのですが・・・
ふと、環境でイメージが左右しそうなほど違いを感じましたので気になったしだいです。

>今回に限らず、SU-METALがまだあまりメタルを理解していないからこそ、変な先入観がなくフラットに歌えてるんだと思います。
これが、仮に好きなメタルボーカルが出来て、モノマネとかしだしたらそれは反対です。

たぶん杞憂です。
そして「ある意味」理解もできてそう出来ていると思います。
音・質感・歌詞・自分らしさを理解できればいいのです。
いちPerfumファンからしてみれば、ジャンルの定義など所詮一音一音の塊に過ぎませんし。
言い過ぎました。我ながらジャンルをよく知らない無知は恐ろしいですね・・・
ですが、ジャンル感覚はSU-METAL自身に近いとは思ってます。
大人が余計なことを教えない、強要しなければ杞憂だと思いますし、歌い方はすでに確立モノにしている印象もあるのでこのように感じました。

あとSU-METALの良さと強さを考えると、メタルが案外ぴったりだと思うようになりました。
ドラマチックな展開に持っていければ、どのジャンルも合うとは思いますが。
私の場合、子守唄もドラマチックですので正確に伝わらないとは思いますが風景が想像できるイメージです。

あとさくら学院のCDのおまけDVDなどの動画を見ると、どの子もなかなか非凡なものを感じまた人間性豊かに感じました。
YUI-METALとMOA-METALに無理強いさせてるイメージがあったのですが、さくら学院を知ってから見ると、全然第一印象が違って見えたかもしれません。
BABYMETALから知ると、だけだと化粧や衣装の影響でヴィジュアル的にもかわいらしさで損をしているとも感じました。
外国人的にはOK???
BABYMETALから、さくら学院へのスムーズな繋がりがあるとより相乗的に良さそうと感じました。
私のようなものがいるので・・・

あとあと・・・と、わざと長文にしているかのようですいません。
ハマっているだけです。

あとオリコンチャートの推移見ました。
アイドルソングではなく、ちょっと特殊な存在ですが、今のCDが売れないのが当然の市場とメタルの市場考えると、かなり好成績で成功してますね。
こうでないと世の中、面白くありません。
良いものはやっぱり普通に評価されないと。
今はCDが売れることが、普通の評価には値しないのかもしれませんが・・・
でもアミューズの株主総会ライブに登場ということでやはり評価されてますね。

投稿: いいな | 2013年6月26日 (水) 12時14分

>いいなさん
なるほど、カーオーディオだとあまり曲の全容がつかめなかったんですね。
それと、いいヘッドホンをお使いですね。さぞかしいい音で鳴ってくれたでしょう。
ウチは昔ながらの、オーディオセットで聞いてます。

BABYMETALは、曲ごとにジャンルが違っていたりするので、どの環境で聞くのがいいのか、ちょっと分からないですね。
ただ、今の音楽ファンの大半が携帯プレーヤーにヘッドホン(イヤホン)で聞いてる人だとすると、ヘッドホンで聞くと迫力あるようにミックスされていそうな気もします。
その反面、メタルという古典的な音楽をやっている以上は、昔ながらのオーディオで聞くと更にいい音で聞けそうな気もします。

SU-METALの歌い方についてですが、確かにもう自分の歌い方というものを身につけているようにも思えます。
確かに、いいなさんがおっしゃるように、今更他人のモノマネをするのは杞憂かもしれません。
今は、SU-METALとしてメタルを歌っていますが、きっとどんなジャンルでも歌いこなせる、というより、どんなジャンルを歌っても「中元すず香」という個性が出ると思うのです。

たまたま、自分がメタルとアイドルが好きだから、その両方を兼ね備えたBABYMETALにハマったわけですが、オリコンチャートを見る限り、一般層にもウケていそうな感じもあります。
自分がメタルファンなので、このまま行けるところまで、メタルを歌い続けて行って欲しいですが、色々なジャンルにも挑戦して欲しい気もあります。
ジレンマですね。

良いものが、当たり前に評価される。
このことを喜びたいです。

投稿: ねこぽく | 2013年6月27日 (木) 17時22分

ターゲットとする環境が残念ながらハッキリとされてないようですが、確かに携帯プレーヤーを意識して調整もするのが今時のようですね。
私は携帯型をほとんど使わないので、これは完全に盲点でした。

携帯用のVictor HP AL-600で聴くと、低音が足りなく感じそれぞれの音の定位感も薄れて平面的になるので、やはり低音が盛っていて厚みのあるタイプので聴くと「メギツネ」の良さが引き立つ感じがしました。
音の分離感が強いタイプで聴くと上手く混ざらず浅く感じるので、とにかく低音がしっかりしたものが良く、どうしても低音と厚みが不足しがちな携帯タイプでは良さが一歩出てこないようです。
あくまで比較的なことですが、最近ここまで意識した曲がなかったので新鮮でした。

なんだかんだで今は、どっぷりと「メギツネ」の低音にハマっていて、MVと合わせて「紅月」以上に堪能してます。

投稿: いいな | 2013年6月28日 (金) 23時34分

>ジレンマですね。

分かります。
もうSU-METALの真価をよくご存知だからでしょうから尚更に。
それと期待の大きさも。

正解はないと思いますが、正解があるとしたらBABYMETALというジャンルを造ってしまえば解消です。
おっとまたジャンルにこだわりがない無責任なことを・・・ご容赦を。

とりあえず、今の方向性は間違っていないと思います。
他にない良さが出ていると思います。一番重要なところがしっかりしてると思います。
熱い曲が好きですが、そればかりでは疲れてしまいますし、本気で子守唄を唄って欲しい気持ちも。
わがままですね・・・ (でもわがまま無くすと必要性もなくなりますよね。)
しかもメタルで。
寝させない?子守唄は子守唄とは言わない?
半分冗談ですが、次は演歌調も交えてでメタルファンの度肝を抜いて欲しい気持ちも。
ジャンル分けしにくいのを希望と、私のジレンマをぶつけて頂いて意地悪したい・・・(子供か!笑)

投稿: いいな | 2013年6月29日 (土) 00時04分

>いいなさん
我が家のオーディオ関係は、左の「オーディオ・ビジュアル」カテゴリから見れます。
メインで使ってるのは、SONYのCDデッキ、山水のアンプ、ダイヤトーンのスピーカーです。低音が強く、ドンシャリな音です。
なので、メタルを聞くにはもってこいです。

そんなわけで、「メギツネ」も低音が良く鳴ってくれます。
バスドラの音が特に聞こえるのですが、これは多分わざと大きく聞こえるように調整された感じがします。

携帯プレーヤーでの再生ですが、わたくしの持っているエクスペリアのスマホで聞いたところ、音は薄っぺらく感じました。中音域の、ボーカルラインはしっかり聞こえるのですが……。

>おっとまたジャンルにこだわりがない無責任なことを・・・ご容赦を。
いえ、これはこれでいい意見だと思います。
なまじ音楽に詳しかったり、解説者の方々は、新しい音楽が生まれるたびにすぐに「○○メタル」とか分類分けをしたがるのですが、バンド名がジャンル名になるくらい個性的なアーティストはそれでいいと思います。

バラードは、いつかどこかでやってくれると信じています。
メタルにもバラードは不可欠ですから。
それが子守唄調なのかは分かりませんが(笑)

常にファンの期待を、いい意味で裏切り続けて欲しいと思っています。

投稿: ねこぽく | 2013年6月30日 (日) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/57624948

この記事へのトラックバック一覧です: メギツネ / BABYMETAL:

» BABYMETAL 最新情報 - Nowpie (なうぴー) アイドル [Nowpie (なうぴー) アイドル]
BABYMETAL の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2013年6月25日 (火) 07時41分

« 8万 | トップページ | メギツネ / BABYMETAL ~五月革命チケット特典CD~ »