« サマーカイジュウ / Cupitron | トップページ | 「恋愛至上主義(ラジオVer.)/ Chelip」 »

新型コペン試乗 その2 MT車編

日、新型コペンに試乗したわけですが、それはCVT車でした。やはりスポーツカーはMT車でしょ! というわけで、MT車を展示してあるお店に行ってまいりました。
 
で、本題に入る前に。
前回の記事にて「室内にドリンクホルダーが無い」と書いたところ、コメントにて「あります」との返答がありました。
ハイ、ドリンクホルダーあります。勘違いしておりました。
センターコンソールの一番後ろ、シートに挟まれる間にちんまりと2個のドリンクホルダーが縦に並んでいます。
でも、この位置、運転しながらだと取りにくいですね。てか危険です。信号待ちとかでないと取れないかも。
 
さて、MT車です。
三気筒ターボのMTというだけで、ワクワクするのですが、実際走りはいいです。
市街地走行なので、全開というわけにはいきませんでしたが、それでも何とかエンジンは回してみました。
まず思ったのが、クラッチの重さ。割とふみごたえのある重さです。フニャフニャと軽いクラッチではないので、そこはカッチリしています。
シフトフィールも極上とまではいきませんが、コキコキ入ってくれます。ショートストロークで必要最低限の操作でシフトチェンジできます。
ただ残念だったのが、シフトノブの位置。
シートポジションの関係もあるかもしれませんが、ちょっと遠いです。体を前のめりにするか、腕を目一杯伸ばさないと、届きません。もう少し体に近い位置にあれば、シフトチェンジも楽にできたのですが。
カプチーノの場合、センターコンソールに腕を乗せたら、まさにちょうどいい位置にシフトノブがあって、シフトチェンジが楽に行えます。
 
コペンですが、一速で踏み込むと、これがなかなかイイ出足をしてくれます。トルクがあるのが十分に伝わってきて、ドンっとスタートダッシュできます。そのまま二速につなげるとあっという間に60キロくらいまで出ます。実にストレスなく加速してくれて、車重を感じさせません。
カプチーノの場合、一速での出足はモタモタしてる感じで、中速域の三速からの伸びが鋭いので、単純比較はできませんが、よーいドンで走らせた場合、明らかにコペンの方が出足は速いように感じました。
 
中速以降の伸びですが、市街地走行のため未確認です。あくまで想像ですが、ギヤ比からして、高速域の伸びはあまり無さそうな気がします。五速までシフトを入れた時の伸びがそれほど驚くような加速を見せなかったからです。
一度高速道路を走ってみたいのですが、まあ機会はないでしょう。
 
とまあ、MTのコペンですが可もなく不可もなく、といった感じでした。
低速域の加速には「おお!」と思わせてくれましたが、それ以降がエキサイトできる感じではなかったので、及第点です。
ただ、街乗りするには十分なトルクで、ちょっとそこまで出かけるだけでも気軽にスポーツ走行が楽しめる感じです。
 
最後に、新型コペンを運転していて一番気になったことを。
なんとフットレストがないのです。「え? 左足はどこに置けばいいの??」と焦りました。
仕方がないので、クラッチペダルの左側のスペースに足を突っ込むのですが、思いのほか狭いです。もしかしたらですが、コペンのペダル周りのスペース、カプチーノよりも狭いかも??
さらに、クラッチペダルの左側に足を突っ込もうとすると、クラッチペダルから伸びたバーが左斜め上に伸びているために、そこに足が当たり結果的にクラッチを踏んでしまう格好になってしまうのです。これは~、ちょっと設計上の問題がありそうですね~。
 
というわけで、以上新型コペンの感想でした。
先代と大きく変わったエクステリア、操縦感覚等々、意見が分かれそうですが、今の時代に2シーター・オープン・スポーツが発売されること自体を喜びたいと思います。
特にコペンといえば、軽自動車初の電動ルーフが売りなので、イージーに女性でも気軽に楽しめるクルマというのがコンセプトだと思います。
この新型コペンもロングセラーになるといいですね。

|

« サマーカイジュウ / Cupitron | トップページ | 「恋愛至上主義(ラジオVer.)/ Chelip」 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

ご苦労様です。

アクセルペダルは軽い方ですが、若干の重さが味付けされている感じがしました。が、基本は軽い方だと思います。
アクセルに対する応答性は中々よく、CVTでありながら違和感もなくて、低回転から中々のトルクを感じながら加速してくれます。
加速自体も結構よくて、すぐにスピードに乗れる印象です。
3気筒ターボエンジンですが、加速は至ってフラットな感じで、トルクのあるNAに乗っているような印象でしょうか。
この辺りは最近のターボエンジンらしい造りになっていると感じます。

アクセルを踏み込んでいっても、5000回転くらいまで回してもパワーが落ちる感じはあまりありませんでした。
加速時のエンジンの印象については、滑らかに吹ける感じではなくて、振動やがさつさの残る印象があります。

また、2000回転以上になると、CVTのキーン音が耳に障ります。
2000回転以下では心地よく聞こえるエンジンサウンドも、それ以上回すとCVTのキーン音にかき消されてしまうのがちょっともったいない気もしますし、エンジンを回した時の気持ちよさが感じられないのが残念です。

投稿: りょうさん | 2014年8月 3日 (日) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123214/59889160

この記事へのトラックバック一覧です: 新型コペン試乗 その2 MT車編:

« サマーカイジュウ / Cupitron | トップページ | 「恋愛至上主義(ラジオVer.)/ Chelip」 »