カテゴリー「模型」の6件の記事

ガザC

いぶん前に買って作っていたのですが、記事にするのを忘れていました。

Gazac02_4

というわけでHGのガザCを買いました。

劇場版Zガンダムの公開に合わせて、販売したと思われるMAです。ハマーン・カーンが乗る白いタイプがあるものの、比較的マイナーな機体だと思います。

Gazac04_2

ガザCで一番印象に残っているシーンは、初登場時の場面ですね。エウーゴとティターンズが戦っている最中、突然大挙をなして登場するあのシーンです。ガザCが一斉射撃する場面を劇場版で見たら、なんか感動でジーンと来ました♪

ガザCって言うくらいですから、ガザAやBもあります。Aは元々作業用ロボットだったようです。Aに武装させたものがB。さらに変形機構を備えたものがCということのようです。ZZガンダムではガザDや発展系のガ・ゾウムなど登場します。その他設定等にもガザシリーズが登場するようです。

Gazac01

しかし、ガザCは生粋の戦闘用MAというよりは、どこか作業用ロボットの面影があります。個人的には、主人公が乗るようなスマートな機体よりも、むしろこういう無骨なデザインの方が好きです。ピンクとパープルのツートンというカラーリングもぶっ飛んでいてステキ♪

ナックルバスターと呼ばれる主力兵器が装備されていますが、どこかとってつけた感があり不自然です。むしろこの不自然さがお気に入りだったり♪

Gazac05

変形するとかなりカッコよくなります。このマニピュレーターだか、カギ爪だかわかんない足が特にツボです♪

Gazac06

組み立てはいつものように色塗りなしの、スミ入れのみ。組み立ててみての感想は、MS形態が予想以上にキャシャだったということ。特に腰周りがスカスカで、ちょっと迫力に欠けました。これは変形させるために、こうせざるを得なかったのでしょうね。MA形態はかなりイイ感じなんですけども。

 

ところで、このキットには固体識別番号のシールがおまけでついてきました。いくつか番号の種類があったので、数字を組み合わせてオリジナルの番号を付けてみました。

Gazac03

「723」です♪ 何の番号かお分かりですね? まあアクシズにもハロプロファンがいたということで……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三菱 LANCER EVOLUTION VI WRC

たくしクルマ大好きなのですが、クルマの模型を集めるのも大好きです。ミニカーだったり、プラモデルだったり色々ですが。

てなわけでそのコレクションを紹介するコーナーです。

ちなみにプラモに関しては、とりあえず作れている程度ですので、あんまり上手に出来てませんのであしからず……。

evo605

第一弾は、三菱ランサーエボリューションⅥ WRCバージョンです。これは、タミヤの1/24スケールSPORTS CAR SERIES NO.220というモノです。やっぱプラモはタミヤですね。組み立て後見えなくなるパーツまでにも細かく色塗り指定するくらいこだわりがあります。

evo601

経営改善のため、2006年度はWRCから撤退している三菱ですが、その三菱がWRCでもっとも輝いていた頃のマシンです。

evo602

ドライバーのトミ・マキネンの活躍により、ランエボの人気は不動のものになりました。当時これを記念して、ランエボⅥのトミ・マキネン・エディションなるモデルも発売されました。通称T・M・E。

evo603

ランエボはこの凶暴なデザインが大好きですね。角ばってエッジの利いたデザインがステキです。ノーマル・ランサーとのギャップもすごい♪

evo604

一度乗ってみたいクルマのひとつですけど、市販バージョンと言えどすごい馬力だからなあ……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パラスアテネ

Gのパラスアテネを作りました。色は塗らずに、関節部等のスミ入れのみです。

今月、劇場版Zガンダムの第3弾が公開されるのに合わせて、先月からZのHGシリーズがたくさん発売されてます。その一発目がコレ。

palace01

パラスアテネといえばレコアさん。レコアさんといえばパラスアテネ。というくらいイメージが定着しています。

palace02

パラスアテネって劇中での結構華奢なイメージだったんですが、こうして組んでみるとかなり重装備でゴツくなりますね。スマートには違いないですが、筋肉質と言う感じかな?

palace03

ところで付属の解説書によると、設定ではシロッコの乗るジ・オパラスアテネポリノーク・サマーンの3機でチーム編成を作ることになっていたそうです。これも初耳。聞いたことあるかもしれませんが忘れてます。

これはポリノーク・サマーンをキット化することへの布石ですか? てか、買う人いるんだろうか? でも最近流行の、劇中のシーン再現ということで、「3機そろい踏み」みたいに並べてディスプレイできるようにする可能性も、無きにしも非ず。

だって、今月「グリプス戦役セット」と称して、Mk-Ⅱ百式の3体がセットになったものが、四千円ちょっとで発売されますから。

palace04

今後の発売予定によると、キュベレイ・スペシャルコーティング仕様メタスガザCなどがあるようです。ガザCは買いかな♪ ハマーン用の白い機体と、汎用タイプのピンク両方出ますが、もちろんガザCと言えばピンクでしょ♪

palace05

このキットにはスタンドは付属していませんが、過去の作品、アッシマーガブスレイに付属のスタンドに装着可能です。これにより、自由度の高いポーズが可能に。

palace06

面白いポーズを取らせようかと思いましたが思いつきませんでした。かかとに装備された爪が前の方に回りこんで、物をつかむことができるようになっているようです。初めて知りました。ドラゴンの口みたいでカッコイイ!

さて、パラスアテネは通常のMSと違い、ちょっと大きめに作られています。

通常MSの全長が20m前後なのに対して、パラスアテネ27m。バックパックの突起部分や、ミサイルが出っ張ってるせいもありますが、ガタイ自体がひと回りは大きいです。

palace07 

てなわけで大きさ比較。すべて1/144スケールです。

熊井友理奈さん、菅谷梨沙子さん、嗣永桃子さん……ではありません♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HG ガブスレイ

ンプラのHGシリーズの「ガブスレイ」を買いました。

わたくし、ガンダムシリーズでは「」が1番好きです。モビルスーツも「」に登場するティターンズのモビルアーマーが大好きです。

ガンダムシリーズでも好きなキャラクターは、永遠のオールドタイプ「ジェリド・メサ」でして、ジェリドの駆るガブスレイには特に思い入れがあります。

さて、今回ガブスレイのHG化で最も注目すべき点は、MSからMA形態に完全変形するところです。昔発売されていたバージョンでは、変形してくれずとても残念な思いをしておりました。

しかもこのガブスレイ、劇中で一体どうやって変形しているのかよく分かりませんでした。実際に変形させてみることにより、ようやく長年の謎が解けました。

やっぱ変形させてナンボです。変形はメカ好きのロマンです(笑)

gab001

これはMS形態。ここだけでも、かなり優れたデザインしてます。ディテールも細かすぎず、シンプルすぎず、程よい感じ。カラーリングもミリタリー調で、渋いです。ちなみにコレは色塗りはしてません。関節部等にスミ入れしているだけです。

gab003

変形途中。脚の装甲を外すと中から、アームクローが出てきます。脚部装甲はひざの裏に回り込んだ形になります。こっちの形態の方が断然カッコイイ!

その後、機体を仰向けにした格好になり、背中の装甲が頭部を覆う形態になります。脚部をたたんで、背中側に回して変形完了。腕もたたんで胸の辺りに収納します。

gab002

MA形態。機体下部にビームライフルを装着して出来上がり。この辺は、Zのウェブライダー形態を意識してますね。頭部にかぶさった背中から回ってきた装甲が可愛い。スズメみたい♪

 

さて、今回のHGガブスレイ。変形させることに主眼を置いてあるせいか、MS形態での可動範囲が狭く感じました。もともとのプロポーションが優れているので、棒立ちしていてもサマになるのはさすがですが、やっぱりもうちっと動いてほしかったかな? HGではコレが限界かもしてませんが。それでも、一部パーツの差し替えが必要とはいえ、完全変形させられたのは立派のひと言。今後もティターンズのMSのHG化を期待しちゃいます。

……2月はパラスアテネが出るそうで、そちらも期待大。その次は、ハンブラビあたりお願いします♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

可動限界に挑戦!

の間、調べ物があってネット検索している時にですね、まったく関係ないページを開いたんですよ。

そこでは、2ちゃんねるで「ガンプラにありえないくらいかっこ悪いポーズをさせるスレ」が立っているという話題が盛り上がっていました。

「面白いこと考えるな~」と思って、検索の手を休めて、しばしそのページを見てました。

いくつか画像も紹介されていて、見てみたらこれが結構笑えるのです。

確かに最近のガンプラはよく動くし、ポリキャップのおかげで複雑なポーズも維持できます。

というわけで、便乗にのってわたくしも遊んでみようと思います。

エジキはこの間作ったばかりのアッシマー。

nise02

よし!今日も可愛いぞ(はぁと)

モーニング娘。道重さゆみさんの決めポーズです。

シナを作って、ナヨっとした腰つきがたまりません。

そっかー、アッシマーってこんなに可愛くも変形できるんだー。

……しっかしわたくしもヒマですな。

kawaii

  本物

nise01

  偽者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アヒル口

る7/30。ついに伝説の茶色いヤツが甦ります。

ガンプラのマスターグレードシリーズで、あのアッガイが発売されます。

わたくし、アッガイが大好きなのです。

どこが好きって、あのアヒル口です。

アヒル口の形状の条件から外れてるなんて、外野の声は聞こえません。どう見てもこれはアヒル口です。タコではありません。

ahiru01

なんとも愛らしくないですか?

特に、こう、下を向いた口の加減で、スネて上目遣いになってるような感じがたまりません。

しかもですよ、マスターグレードの可動限界に挑戦し、体育座りができるのです。

taiiku

かわいい♪

バンダイさんイイ仕事してます。

これはですね、雨の日に濡れた捨て猫をお家に連れて帰るがごとく、おもちゃ売り場から連れて帰ってあげたくなります。

ただ、定価4200円は高い……。

う~ん、バンダイさん、ぜひ安価なハイグレードでも発売してください。そしてそのときは、1/220くらいで体育座りバージョンをオマケで付けてください。

ちなみに、今アヒル口で旬の人といえば、モーニング娘。6期メンバー亀井絵里さん。(断言)

アッガイとどっちが可愛いかな~?(同じ土俵に上げるなよ!)

ahiru

  ちょっと画像が古かった……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)