カテゴリー「猫」の9件の記事

寒くなりました

Cimg0596

さて、何匹いるでしょう??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い

雨明けしましたね。

クーラーに弱い体質なので、家の冷房機器は扇風機しかありません。

ただ今室温38℃。

猫たちは風呂場に集結しております。タイルがひんやりするようです。

Nekodomo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前を拝借

が家の家族がまた増えました。

知り合いの職場にふらっと現れたはぐれ子猫を、ひょんなことから引き取ることになりました。

まだ乳離れしたばかりと思しき、ちっちゃなメス猫です。

雑種だと思いますが、アメリカンショートヘアのような模様が目を引くきれいな猫さんです。

とっても人懐っこくて、一回抱いてあげたら、もう離れたくないみたいでずっとくっついてました。

てなわけで、ウチにつれて帰りました。これで我が家の猫は三匹目。着々と猫仙人への道を突き進んでいます。


……で、我が家の先輩猫リンゴさんと桃子さんの反応はというと、これが仲良くしてくれません。お互いにけん制しあってる感じ。

まあ、じっくり慣れてください。
Maimi


さて、新入りのお名前ですが、なぜか我が家の猫はフルーツの名前を使うという意味不明のジンクスがあります。

リンゴ→桃子と来てますから、順番的に梨華か梨沙子って感じだけど、そこをあえてさけて舞美にしました。

矢島舞美さんなのですが、彼女はさくらんぼが大好きなので、ソコからとって舞美です。
そんな舞美さん、まだトイレになれてなくて、いきなり布団の上におねしょしてしまいました。


ラフランスが好きな岡井千聖さんや、メロンが好きな有原栞菜さん、という手もありましたが、今回は舞美さんです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

家族が増えました

イミクのヒカルさんから、子猫をいただいて、我が家の家族が増えました。

4匹いたメス猫のうち、一番おとなしそうなのをいただいてきました。現在、まさに借りてきた猫状態なので、まだ本性を現していません。

でも、先輩猫のリンゴさんにも全く動じる様子がないので、案外大物かも??

生まれて3~4ヶ月の乳離れしたての子猫です。

Momoko01

名前は、リンゴさんに合わせてフルーツ系にしようと決めてました。

色柄が純日本猫風なので、和名にしようと思いました。

光沢ある黒い毛並みがきれいだったので、ソコから連想して嗣永桃子さんの名前が出てきました。

以上のことを踏まえて、新しい家族の名前は桃子に決定!

 

しつけに関しては、とりあえずトイレの場所は覚えてもらいました。

エサ置き場と、水のみ場も覚えてもらいました。

爪とぎの場所はまだ覚えてくれません。

Momoko02

ところで、実のところ先輩猫のリンゴさんとはあまり仲がよろしくありません。

ケンカはしないけど、お互いけん制しあってる感じ。仲良くしてほしいんだけどなあ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬は……

1/26は後藤真希さんに何があったのか、公式ブログが大量更新されています。

記事には後藤家の動物さんたちが写っていて、なかなか興味深いですね~。

最近その猫のごてんさんがお太り気味なのが、後藤さんのお悩みのようで。

 

わがやの猫のリンゴさんも最近お太り気味です。冬は猫も脂肪がつく季節ですね。

というわけで久しぶりにリンゴさんに登場。

Rinngo

座椅子を占領するリンゴさん。

え~とどいてもらえますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひなたぼっこ

Hinata

今日はやわらかな日差しが気持ちの良い一日でありました……。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コタツに入ってなさい!

んか、飼い猫の可愛らしい姿を写したブログが人気みたいですね。というわけでちょっとパクッてみます。一応、当ブログの主人公なので……。

kotaturingo

コタツの中が暑くなって、外に出てきたリンゴさん。重いんですけど……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いっス

daruiyo

暑いです。

だるいです。

やる気ないです。

以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンゴさん

ロフィール画像にも使われてる、わが家の愛猫リンゴさんについて書きますね。

リンゴさんは女の子です。歳はレディに聞くもんじゃないですけど、多分四歳です。多分というのは、よそから頂いたときすでに歳が分からなかったからです。

三年ほど前、知り合いから頂いた時に「多分一歳くらい」とおっしゃってたので、多分四歳くらいです。

リンゴさんという名前は、わたくしがつけた名前ではありません。

知り合いのお宅へリンゴさんを引き取りに行ったとき、そこの中学生の娘さんから直接手渡されました。

「名前はリンゴです。可愛がってください(はぁと)」

(はぁと)がついてたかどうか分かりませんが、目をキラキラさせて言われた日には、恐れ多くて名前を変えられませんでした。

しかもその娘さん、よほどリンゴさん可愛がってたようで、香水がかけてありまして、何日も香りが取れなかったのを憶えております。

さて、そのリンゴさん、女の子らしく小食なワリには、コロコロと丸い体型をしております。体も大きくならず、横幅だけ広がってます。子猫体型といいますか。

ま、可愛いからいいけどね~。

あ、でも一度だけ名前変えようと思ったことがあります。

その名も「加護ちゃん

いえ別に深い意味はありません。

ringo01

  あの~座れないんですけど……

| | コメント (0) | トラックバック (0)