カテゴリー「書籍」の2件の記事

ステーシーズ 少女再殺全談

Cimg0704


モーニング娘。出演の舞台「ステーシーズ 少女再殺歌劇」の原作、「ステーシーズ 少女再殺全談」を読みました。

敬愛する大槻ケンヂさんの作品ということで、厳かに読ませていただきました。

原作本はさほど長くなく、文章も読みやすかったので、あっという間に読了できました。

やはりわたくしの性格上、映像よりも文章の方が面白く感じますね。人それぞれだとは思いますが。

文章の言い回しだったり、言葉の選び方ひとつ取っても、作者の個性が現れるといいますか、楽しいですね。

 

舞台は、なるべく原作に忠実に作ろうとしているような作りになっていることがわかりました。

ただ舞台の方は、思春期の美しい時期にステーシー化してしまう悲哀と、そのステーシーを再殺しなければならない悲劇を中心に据えていて、物語を美しいものにしようとする演出に感じられました。美しいものが儚く散りゆくやりきれなさを強調しています。

もっとステーシー化した醜さとか、ステーシーを掃討する酷さとか、ステーシーを再殺することで起こる精神崩壊といった、不道徳的な部分がなくなっていたのが残念といえば残念。

まあ、モーニング娘。を主役にしている以上は、彼女たちを目立たせないといけないので、色々と制約があったのでしょう。エログロ表現などもってのほかですから。

それでもミニマム的とはいえ、この作品をモーニング娘。出演で舞台化したこと自体がある意味奇跡かもしれません。

 

舞台のストーリーは、人間とステーシーの共生が可能なのではないか? という明るい材料を見出したところで、終わってしまいますが、原作は全く違います。

原作では、特殊能力を持った奇形の少女(新世代)が生まれハムエと呼ばれるようになり彼女たちが世界を統治し、従来の人間(旧世代)はロストと呼ばれ、ステーシーはいつしか人肉を求めなくなり害がなくなると知能の低いペットとして飼われるようになります。

かつて人語を喋ったステーシーモモ、彼女によって語られた言葉は、新々約聖書としてその後の世界のあり方について語られます。新時代の人間ハムエ、旧時代の人間ロスト、そしてステーシーとの共存について語られています。

そのモモと彼女の言葉を聞き取った有田博士は、ステーシーとロストの間に子供をもうけています。これこそ、舞台で言うところのアダムとイブなのかもしれません。

原作版のラストは、かなり宗教色・政治色が強くなってくるので、きっとわざと避けたのだと思われます。

アイドルにあまり宗教や政治的なものはくっつけない方が良いと思うので。

舞台では「愛」を強調していますが、原作でももちろん「愛」は何度も語られています。

ただ、舞台では「愛」だけでストーリーを終わらせたのに対して、原作では話の収拾をつけるため色々と「要素」がくっついてます。要するにつじつま合わせです。

この「つじつま合わせ」をどうするかが、作家の腕の見せどころといいますか、面白いところです。

大槻ケンヂさんは、宗教的かつ政治的にまとめあげました。良いか悪いかではなく、こう来たか! って感じです。

 

この話で印象的なのは「お別れしても、どんな形でも、また会えたなら、それでチャラ」というセリフです。

いかに好きな人が一度死んでお別れしても、再びステーシーとして会えたのなら、チャラ。というのが悲しみを誘います。

これがラストの数十年経ったシーンで、渋川が最初に再殺しなおかつ愛したステーシー、詠子のことが忘れられず、売買されているステーシーに「詠子」と名づけペットにしてるシーンに響いてきます。

果たして、老人となった渋川にとってお金で買った「詠子」との再会は、「チャラ」になったのか?

 

最後に、ステーシー再殺部隊をロメロ部隊という名前で登場させてますが、これはゾンビ映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督から由来しているものと思われます。オマージュかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔障ヶ岳 / 諸星大二郎

masyou

久しぶりに漫画を購入です。ホンット久しぶり、いつ以来なのやら。

わたくし諸星大二郎氏の大ファンです。諸星ファンというと熱狂的なファンが多いイメージがありますが、知らない方は全くご存じないですね。どっちかというと、作家さんや漫画家さんに指示されてるかも。一般ウケはしないけど、ミュージシャンに尊敬されるミュージシャンみたいな感じで。昨今のミステリー・ホラー作家さんで、諸星大二郎氏の影響を受けていない方は恐らくいないでしょ。もしいたらモグリです(笑)

諸星作品の特徴のひとつが、その独特の絵です。決してうまい絵ではありませんが、どこか懐かしい温かみのある独特の絵柄がわたくし大好きです。かといってヘタではないのです。構図はめちゃくちゃうまいし、人物の線もとても魅力的。最近は線が細くなりましたが、昔の筆ペンで書いたような力強い絵には、ホント虜になりましたね。あと、キャリアが30年以上にもなるのに、絵柄がほとんど変わっていないのも特徴ですね。

今作は「稗田礼二郎の妖怪ハンターシリーズ」の最新刊です。小説現代「メフィスト」に2003年~2005年にかけて掲載されたものに加筆・修正されたものを一冊にまとめたもののようです。諸星作品の単行本は、作品の掲載雑誌名と年をキチンと書いてくれるのがうれしいですね。

女子中高生向けのホラー漫画雑誌「ネムキ」に連載されている「栞と紙魚子」シリーズなど、最近は軽めの作品が多いような印象がありましたが、今作はダークでヘヴィな諸星ワールドがよく出ていていました。

妖怪ハンターシリーズは、考古学者稗田礼二郎がオカルト事件を解決するミステリー作品です。地方に残る民話伝承などからヒントを得て作られた怪事件は毎回魅力的だし、稗田礼二郎の科学的なアプローチで事件を解決する姿はとてもクール。

作者の幅広い考古学、宗教、神話、人文、哲学要素がうまく織り込まれていて、とても作家性の高い作品に仕上げられています。単なるミステリー作品にとどまらないのも諸星作品の特徴です。

あと、ホントに物の怪の類も登場します。この辺は、20世紀初頭のホラー作家、HPラヴクラフトからの影響も見られますね(わたくしこの作家も大好き♪)。

 

魔障ヶ岳」は、天狗の宝器という不思議な力を持つ宝にまつわる人々の物語です。「モノ」という日本古来から言い伝えられている、神や鬼、魂などについても深く言及しています。またストーリーは、オムニバスというか連作形式になっています。ひとつひとつ独立したエピソードでありながら、ちゃんと一貫した壮大なストーリーを形成してます。

ある考古学者は魔的なひらめきで世紀の大発見をし、ある修験者は神がかり的な霊能力を発します。人間の心の奥底にある欲望が隠れたテーマになっているようで、読後考えさせられる作品です。

また、物語中に邪馬台国に関する新たな「学説」を、様々な角度から紐解いてるのが興味深いですね。神話や民話伝承などと比較しながら分かりやすく解説されています。

ところで、物の怪が携帯電話を使ったりするという、諸星氏独特のユーモアもあったり。ちゃんと21世紀に合わせた作品を作り続けてらっしゃるようです(当たり前だ!)。てか、諸星作品に「モー娘」という言葉が出るとは思ってもみませんでした(笑)これも時代の流れか……。

 

さて、そんな諸星大二郎氏1976年発表の短編「生命の木」が映画化されたそう。東北地方の隠れキリシタンにまつわる奇怪な事件の話ですが、これを映画化ってどんな感じになってるのでしょうか。主演が阿部寛さんという時点でうさん臭いと言うか……。いや適任かも。

「奇談」公式サイト

| | コメント (2) | トラックバック (0)