カテゴリー「 矢口真里」の36件の記事

TFP2にモーニング娘。13人

9/17放送の東京フレンドパークⅡにモーニング娘。OGを含めた13人が出演されました。

OGからはこの面々。

Tfpm0000

いきなり中澤裕子さん12年前のデビュー当時の年齢を聞かれます。そして計算する後輩たち……。

Tfpm0003

娘。からは来月リリースのシングルと、

Tfpm0004

秋ツアーの宣伝が。

Tfpm0005

 

・ウオールクラッシュ

以前出演した時に辻希美さん壁をよじ登り、高得点を挙げ大活躍されましたが。今回はいかに。

支配人の関口さんの「可愛いければ許したい」の言葉に、精一杯可愛く見せる辻さん。いじらしい!

Tfpm0008

 

副支配人の渡辺さんの「自称可愛いんだよな?」のフリに「みんな公認で可愛いんです」と道重さゆみさん。「どれくらい可愛いの?」の質問にも「極度に可愛いんです」。よく言った!!

Tfpm0010

 

ここでは辻さんや矢口さん、吉澤さんの活躍で見事クリア。

Tfpm0012

 

・ネヴァーワイプアウト

ここでは矢口さんと辻さんのコンビが見れました。

Tfpm0014

が、失敗して地団太を踏む辻さん。一児のママのすることですか!

Tfpm0018

このゲームは他の人たちも失敗して、クリアならず。

 

・キーワードジャングル

カバにエサをやる係と、問題に答える係に別れるのですが、なぜかカバにエサをやりたいと駄々をこねる辻さん。

Tfpm0021

一児のママのすることですか! というわけで裕子さんにたしなめられます。

祝日という答えを「国立記念日」と答え、見事正解する辻さん。ミラクル!

Tfpm0027

このゲームではみんなの頑張りで見事クリア。

Tfpm0030

 

・アーケード6

6個のゲームの中から4個成功すれば、ゲームクリア。

辻さんはバナナシューターに挑戦。バナナの形をしたぬいぐるみをゴールに蹴りいれます。フットサルではキーパー役の辻さんですが、ここでは立場が逆転。

何を思ったかたくさんバナナを確保しだす辻さん。

Tfpm0034

それでも希空さんのつもりか一個は抱えて蹴る辻さん。

Tfpm0036

それが効いたのか見事クリア。

Tfpm0040

バナナにキスです♪

Tfpm0041

 

フライングバーガーに挑戦するとき、飛ばすハンバーガーをたくさん確保する辻さん。それは主婦の知恵ですか?

Tfpm0043

 

三つのゲームまでは順調に成功していきますが、最後のひとつがなかなかうまくいきません。

ラストの手裏剣アタックに挑戦する久住小春さん。

タイムオーバーになった瞬間、ラストの手裏剣をシュート、

Tfpm0045

それが見事命中。ミラクル!

Tfpm0046

が、これはタイムオーバーではないか、ということでなかなか認めてくれません。というわけで、全員でお願いするメンバー。

バナナを捧げる辻さん。何やってるんですか?

Tfpm0047

支配人の「可愛ければ許す」の言葉どおり、ここは何とかOKをもらって見事クリア。

Tfpm0050

 

・ハイパーホッケー

全員女子ということでかなりハンデをもらってスタート。得点が入るごとにメンバーチェンジしてました。

ところで辻さん持ち方が変じゃないですか?

Tfpm0052

ここではハンデが効いて見事クリア。

Tfpm0054

 

・ダーツ

金貨四枚獲得したので、ダーツ四本と交換します。

まずはゲームセンターでよくダーツをしているという田中れいなさんから。

Tfpm0058

いきなり娘。リクエストの加湿機能付空気清浄機が命中。さらに焼肉までついてます。

Tfpm0060

このイラストなんとなく誰が誰なのか分かりますね。リンリンが劇似だと思うのですが。

Tfpm0056

二投目は今日のミラクルガール小春さん。

Tfpm0061

見事辻さんリクエストのブルーレイ内蔵型液晶テレビに命中。もらえると分かって大喜びの辻さん。杉浦家にまた新たな家具が!

Tfpm0063

三投目は中澤裕子さん。このダーツでは、欲しい人に当ればその人に譲ることが出来ますが、中澤ルールでは裕子さんが持っていってしまうそう。

そして当ったのは矢口さんリクエストのスピーカー。ぬか喜びでショック。

Tfpm0069

でも矢口にならあげると裕子さん。相変わらずこの2人はラブラブですね。

Tfpm0070

四投目は吉澤さん。

再びブルーレイ内蔵型液晶テレビに命中。ふたりで喜びを表現。これが四期のきずなですな。

Tfpm0071

さて、コーナーが進行する中ホンジャマカの石塚さんのギャグにウケるメンバーの中に混じって、ひとりずっこける新垣さんを発見! コケ方が昭和だ!

Tfpm0074

 

というわけで、大盛り上がりで商品も持ってかえった娘。たちでした。

Tfpm0076

ゲームでここまでワーキャーする姿を見るのは、ハロモニ以来? 実に懐かしいものを感じました。そしてすごく面白かったです。

このメンバーでゲストが成り立った影には、恐らく辻さんの最近の活躍や、矢口さんのバラエティでの活躍があると思います。

Tfpm0077

どんな形であるにせよ、モーニング娘。がテレビに出演して、その魅力を存分にアピールできたのは良かったと思います。

今後の出演に期待大です。辻さんにもね。

 

ところで……

番組従業員に虎南有香さんがいました。

Tfpm0006

コナンちゃん、いつのまにこんな番組に抜擢されてたのですか。びっくりしました。いやうれしいです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

Hello! Project 2009 Winter エルダークラブ公演~Thank you for your LOVE!~ / 大阪厚生年金会館

ってまいりました。エルダークラブのライブ。

エルダークラブの皆さんは今年の3月を持ってハロプロから卒業されるということで、こうしてエルダーのライブが見れるのも今回が最後。

というわけでしっかりと目に焼き付けてきました。

相当ネタばれしますので、知りたくない方はご注意を……。

 

 

ライブの流れはごくフツーのハロプロライブでした。各ソロメンバーやユニットごとのコーナーが設けてあったり、このライブだけの組み合わせの曲があったりと、まさにハロプロライブ。

ただ、今回の場合、2008年にリリースされたエルダー組の方々のCDが、安倍なつみさんの「スクリーン」、松浦亜弥さんの「きずな」くらいのもので、新曲披露の場とはなりませんでした。

さらに、今回でエルダークラブを見納めということもあってか、各メンバーともに新旧関係なく「代表曲」を歌っていたのが印象的。

まずライブ1曲目にモーニング娘。OGによる「I WISH」をやった時点で、このライブの方向性が分かるというもの。

「ああ、これはファンを泣かしにかかってるな」と実感いたしました。んで、わたくしこのライブで何度も泣きましたよ。

続いてエルダー全員で「I KNOW」とくれば、もうこれは皆で涙してお別れする懐メロ大会になるな、と思いました。

 

ところで、このライブのあった日は1/17。

石川梨華さんと矢口真里さんの誕生日が近いので、なにかあるかな? と思ってましたが、なにもなく終わりました。

本人からのコメントも特になし。

ちょっと肩透かしでした。

 

このエルダークラブのライブで仕事復帰となった飯田圭織さん。

髪も昔のようにきれいなロングヘアーに戻っていて、まったく違和感がありませんでした。

美しさとか、貫禄に一段と磨きがかかったな、というのが印象的でした。

 

○セットリスト

・モーニング娘。OG
ライブ1曲目の「I WISH」と、ライブ最後の「NEVER FORGET」がすごく印象的でした。どちらも涙なしでは聞けませんでしたよ。

NEVER FORGET」を歌う前後で中澤裕子さんが上を向いたりしながら、涙をこらえてる姿がとても印象的。もらい泣きしました。

娘。メドレーではまず中澤裕子、安倍なつみ、飯田圭織、保田圭、矢口真里での、

モーニングコーヒー」→「真夏の光線

が感動的。「モーニングコーヒー」での「なっちコール」は健在で、大阪厚生年金会館が揺れました。というより、この日は他の曲でも「なっちコール」がすさまじく、とにかく会場が声援で揺れる揺れる。この日のライブの目的の3割くらいは「なっちコール」をしに行ったようなものでした。

愛あらば IT’S ALL RIGHT」→「ザ☆ピ~ス!」→「LOVEマシーン

からは、石川梨華、吉澤ひとみ、紺野あさ美、小川麻琴、藤本美貴が加わります。

愛あらば IT’S ALL RIGHT」では再び「なっちコール」。

ザ☆ピ~ス!」では石川さんのセリフが聞けて、OGメンバーの石川さんイジりが面白かったです。

LOVEマシーン」では中澤裕子さんの「み・だ・ら」が聞けて感激。

 

・中澤裕子

悔し涙ポロリ」を歌っていました。

すごく久しぶりに聞けて感動でしたし、合いの手も完璧でうれしかったです。

 

・安倍なつみ

スクリーン」と「恋のテレフォン GOAL」を歌っていました。

スクリーン」は昼公演では合いの手は入りませんでしたが、夜公演で「なっちコール」が入りました。まだまだ開発途上中の曲だと思うので、これからに期待です。

恋のテレフォン GOAL」は盛り上がってよかったんですが、なぜその曲なんですか? という気がしないでもないです。

アップテンポの曲は「スクリーン」でやったので、しっとりおとなっちな曲を聞きたかったかな? 「学生時代」でもいいんです。

でも一番聞きたかったのは、最新アルバム曲の「微風」かな? でも分かる人がどれくらいいるかというと……。

昼公演で安倍さん、たこ焼き食べて元気です。って言ってました。やっぱり大阪に来るとたこ焼きなんですね。

 

・飯田圭織

エーゲ海に抱かれて」を歌っていました。

やっぱりこれは名曲だと思いますよ。いろんな感情がこみ上げてきて泣いてしまいました。

 

……とここまできたらつい矢口真里さんの「センチメンタル南向き」を期待してしまいましたが、それはなし。残念。

その代わり「モーニング娘。誕生10年記念隊」の「十年愛」を歌ってました。なんか沁みますねこの曲。

 

・タンポポ

たんぽぽ」を飯田圭織、矢口真里、石川梨華、紺野あさ美、柴田あゆみで歌っていました。

曲イントロが流れた瞬間、涙出ましたよ。

真野恵里菜さんが「ラララ-ソソソ」の全国キャンペーンでこの曲を歌っていたから、なんとなく免疫は出来てると思ってましたが、本物が歌ったらそんなの関係なかったです。

 

・プッチモニ

BABY! 恋にKNOCK OUT!」を保田圭、吉澤ひとみ、小川麻琴でやってました。てか、この3人の組み合わせって初めて見ましたよ。

 

・メロン記念日

ライブ定番曲「This is 運命」で会場が揺れたのはいいとして、以前Wもカバーしてた「GIVE ME UP」を歌っていたのが意外。

しかもスタンドマイクをバトンのように操りながら歌う姿は、どこかフレディ・マーキュリー。さすがにスタンドマイクを真上に向けたりはしてませんでしたが。

 

・松浦亜弥

I KNOW」「100回のKISS」「Yeah!めっちゃホリディ」「きずな」と、結構多く選曲されていました。

さて、亜弥さん年明け早々足の指を骨折するというアクシデントに見舞われたわけですが、そのことをライブ冒頭でもお詫びしてました。

夜公演では「牛乳飲んでカルシウム採ってます」とのコメントも聞けました。

実際、ダンスの動きは鈍いものの、あそこまで動ければたいしたものです。

時々、ダルそ~にライブしてる亜弥さんの姿を見慣れてる人からすれば、あれくらいなんでもないことです(笑)

とはいえ、この日の亜弥さんは歌声が素晴らしかったです。

特にラストの「NEVER FORGET」ではサビ最後の一番おいしい部分をソロで歌ってたんですが、娘。メンバーよりも数倍感動的に歌ってましたね。さすがいいトコ取り!

 

・藤本美貴

ブギートレイン’03」を歌ってました。「置き手紙」を歌うと思いきや、この歌を歌うとは、意外や意外。ブリブリな美貴さんが見れて感激でした。

 

・GAM

Thanks!」を歌ってました。もしかしたら再結成あるかも~、と期待してましたけども、来ましたね。GAM。感激です。

 

・美勇伝

再結成といえばこちらもこの場限りの再結成が見れました。

愛~スイートルーム~」「恋するエンジェルハート」が選曲。文句なしでしょう。

美勇伝やってるときの石川さんって、本当にいい表情しますね。

 

・音楽ガッタス

COME TOGETHER」と「鳴り始めた恋のBell」を歌ってました。これも順当。

ここではのっちこと能登有沙さんの動きがすごく良くて、つい目が行ってしまいました。

 

・青色7

ものすごく意外にも「青いスポーツカーの男」が聞けました。まさか、最後の最後でコレが見れるとは感激でした。赤、青、黄では、この曲が一番好きだったので感無量でしたよ。

最近は、Zo-3ギターといえば、Buono!で鈴木愛理さんが赤いモデルを持ってる姿が印象的ですが、先に青いZo-3ギターを使ったのは青色7なんですから、オリジナルの姿を見せ付けられた思いでした。

とにかく飯田さんと矢口さんのハジけてる姿が良かった!

 

・稲葉貴子&前田有紀

意外といえばこの二人で「MAGIC OF LOVE」を歌ってました。

とにかく歌唱力のあるこの二人のハーモニーは素晴らしくて、このライブの裏の一番の見どころだったかもしれません。

 

・真野恵里菜

エルダークラブに真野恵里菜さんがゲスト出演されてました。歌うはもちろん「ラララ-ソソソ

この人の場合、公演ごとに少しずつ成長してるのが分かるというか、その過程を追いかけたい衝動に駆られて、つい応援したくなりますね。インディーズ好きな性格なのでしょうがないですけど。

んで、昼公演と夜公演でトークをしていましたが、ちゃんと昼と夜で内容を変えてました。

昼……舞台袖で中澤裕子さんからほめられたそう。それを言われた裕子さん照れくさそうな表情をされてました。

夜……真剣な表情で弾き語りをしてるところを、もっと笑顔で歌った方がいいよ、と藤本美貴さんに指摘されたそう。

真野さん、ハロプロでもこの2人をいじれるとはなかなかやりますな。意外と世渡り上手なのかも。

 

○トーク

・VTR
10年の歴史を持つハロプロの秘蔵映像から、メンバーの昔の姿を映し出す「あの頃君は若かった」というコーナーをやっていました。

ファンからすれば貴重映像ということでうれしい限りですが、映像を流された本人は恥ずかしくて悲鳴を上げずにおれないという恐ろしいコーナー。

昼公演

①稲葉貴子さん……アフロ姿が披露。さらには「アイドルをさがせ!」の番組内で挑戦してた空中ブランコの映像も流れました。

 

②中澤裕子さん……演歌デビュー当時の映像が流れました。和服姿が艶っぽい♪ 「アイドルをさがせ!」の番組内でお酒を飲んだことがあったそうですが、あまりに飲みすぎてベロベロに酔っ払ってしまい、当時お蔵入りになっていた映像が見れました。なんかすごく陽気な裕子さんが見れました。

その映像を見た安倍さんが大爆笑してたのが印象的(笑)

 

夜公演

①三好絵梨香&岡田唯……美勇伝でのリハーサル風景が流れます。二人を映してるはずなのに、なぜか突然石川さんが割り込んできて、画面を独占。

三好&岡田さんによると、ふたりで練習してるといつも石川さんが邪魔をしに来るのだとか。またカメラがあると独占して、いいトコ取りばかりしてるのだとか。

あ~、やっぱりこのふたり石川さんがいないとぶっちゃけてくれて面白いですね~。

が、次の瞬間岡田さんが「石川さんはいい人です……」と申し訳なさそうに言います。どうやら舞台袖から石川さんが、超見てたようです(笑)あ~これは後でお説教ですか??

 

②里田まいさん……モーニング娘。4期メンバーオーディション当時の映像が流れます。今の面影はほとんどなく、完全に素人の映像です! 本人も認めてましたがアレはひどい! てか、この映像を流してもいいとOKを出した事務所もひどい、と里田さん抗議。

なんでも他のメンバーは、あまりにひどい映像を出すと、ライブに支障が出るから軽めの映像を選んだそうですが、里田さんは大丈夫だろうとかなり衝撃の映像を選んだのだとか。確かに当時ASAYANでも流れなかったすごいレアな映像でした。

で、里田さん案の定その後のライブでも支障が出たようで、舞台裏でかなり凹んだようです。

 

ところで、このVTRですが、なんとなく大阪公演にあわせて関西出身メンバーが選ばれていた感じですね。

本来なら、里田さんではなく亜弥さんが選ばれてもおかしくなかった感じもありますが。「亜弥のDNA」の頃の映像とか見たかったな~。

 

・音楽ガッタス

今の感想を一言で表すと?

昼公演

石川梨華……「HAPPY!」→客「HAPPY!」

紺野あさ美……「完璧です」

里田まいさんは200文字以内でまとめるように指示されると、「わたしは一発芸を持ってないので……」と謙遜気味。

 

夜公演

石川梨華……「どっすーん!」

コレを見た吉澤さん聞き捨てなら無い様子で、本物を見せてやると言い出します。「見ときいや」と吉澤さんの得意のエセ大阪弁も飛び出します。で、本家本元の「どっすーん!」が見れて大満足。

紺野あさ美……「HAPPY!」

これは紺野さんがうまかったですね。でも石川さんも負けじと本物の「HAPPY!」を見せるとエセ大阪弁ですごみます。で、本家本元の「HAPPY!」を披露。

里田まいさんには再び200文字以内での感想を求められますが、VTRコーナーでのショックから立ち直れず、コメントできず(笑)

 

・藤本美貴さん

Hello! Projectで学んだことについての質問で、「団体行動ができるようになった」と振り返ります。

が、客席からはえぇ~!?と笑いとブーイングが(笑)

もしかしたらトーク部分で一番盛り上がった瞬間だったかも。

 

というわけで、エルダークラブ大阪公演終了しました。

これで本当に見納めかと思うと、なんだか寂しいですね。

もちろん各メンバーはそれぞれソロ活動するから、見ようと思えば見れますけど、みんなが集まってお祭り騒ぎをするのはもう無いんですね。

とても楽しいひと時でした。エルダーメンバーに敬意を表したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

Hello!Project 2008 Winter ~決定!ハロ☆プロ アワード '08~ / 横浜アリーナ

ってまいりました。

Hello!Project 2008 Winter ~決定!ハロ☆プロ アワード '08~ / 横浜アリーナ

わたくしが参戦したのは1/27の夜公演。すなわち最終公演です。

 

今年初のライブ参戦で、わたくしにとって初の関東遠征で、初の全員集合ライブ参戦ということで、初物づくしで緊張してライブに挑ませていただきました。

今回参戦して最も良かったな、と思ったことは、大きな会場で見れたことでした。

わたくしがいつも参戦している関西地区では、ここ数年大阪城ホールで開催してくれないため、久しぶりのアリーナクラスでのライブでした。

やはりハロプロが全員集合するライブくらいは、大きな会場でお祭り騒ぎをしたいわけでして、今回その願いがかなったライブとなりました。

 

大きな会場といえばなんといっても特設ステージです。

ここのところ恒例になっている花道に加え、平面席であるセンター席をぐるりと取り囲む、周回通路が設置されています。ちょうど漢字の「」を90度回転させたかっこうですね。

前側のメインステージに加えて、左右と後ろ側にサブステージを設け、同時に四ヶ所でライブを行うことが可能となっています。

で、わたくしが見ていた席はと言うと……

左側のサブステージの真正面、要するにこのサブステージに向かって最前列のセンターという、これ以上ないくらいの良い席でした。ステージと客席の間には、DVD撮影のカメラさんが通るスペースが取ってありましたが、その距離の近いこと近いこと! メンバーの細かい表情までもはっきり見て取れる、素晴らしい席でした。

というわけでメインのステージはおろか、他のサブステージすべてを捨てて、この自分の真正面の左サブステージ釘付けになっておりました。

だって自分の好きなメンバーが目と鼻の先で踊っていたら、いくらメインステージで他の人が歌っていたとしても、自分の近くの人を見ちゃうでしょ!? ……誰が来てもハシャいでましたけど。

そんな極端な席で見ておりましたから、ライブ全体の流れは見えておりません。

自分の近くに来てくれた人の印象はとても強く残っていますが、あまり来てくれなかった人はほとんど印象はありません。それどころかメンバーによっては「この人いたっけ?」ってくらい印象のなかった人もいます。

 

ライブ全体の流れは、タイトルにも「ハロ☆プロ アワード」とあるとおり、2007年の活動から各メンバーやグループに賞を送るというもの。

例えば℃-uteが「レコード大賞新人賞受賞おめでとう賞」をもらったり、たくさんテレビ出演された里田まいさんが「ベストブレイク賞」をもらったり、モーニング娘。がジュンジュンさんリンリンさんを迎えて「グローバル賞」をもらったりと。で、各賞を受賞後曲披露という流れでした。

これがなかなか面白い試みで、楽しめました。

そんな中、道重さゆみさんが「小悪魔写真集賞」、矢島舞美さんが「汗かきすぎ賞」をもらっていたのは笑わせてくれましたけども。

 

セットリスト自体は、各ユニットが最新曲とライブ向けの盛り上がる曲を披露する形を取っていて、この辺はオーソドックスなハロプロライブだった気がします。

というより、バラード系を一切入れず、あまりにライブ向けの曲ばかりで構成されていたものですから、わたくしはライブ序盤から飛ばしまくってしまい、終盤にはスタミナ切れを起こしておりました。でも終盤に畳み掛けるように激しくて盛り上がれる曲が来るものですから、体は勝手に動いてしまって、全く休ませてくれず、結局ライブ終了後には足がつりそうになってました。

このペース配分無視のハシャぎっぷりは、左サブステージの最前列というステキな席にいたから、というのも理由のひとつだったと思います。

そりゃ、好きなメンバーがすぐ目の前で踊っていたら一緒に踊るっしょ!? ……誰が来ても踊ってましたけど。

 

今回のライブでもっとも印象に残っていたのは、安倍なつみさんでした。

すぐ目の前にいてくれた時間が最も長かったのが安倍さんだった、というのも大きいですが、ライブの最初から最後まで見所がたくさんでした。

その中でも最も一番印象的だったのは「息を重ねましょう」のほとんどの部分をわたくしの目の前で歌ってくれたことです。この瞬間だけ、一万数千人いたであろう横浜アリーナの中にいながら、安倍さんをわたくしがひとり占めしたような錯覚を起こしていました。

このほか、ライブのラスト曲だった「恋愛レボリューション21」でもやはり安倍さんがわたくしの目の前で歌っていてくれたことです。まさか2008年に「恋愛レボリューション21」を歌う安倍さんを最前列で見ながら、一緒に踊れるなんて思ってもみなくて、とても感動的でした。こんな幸せなことはないです。ファンやってて良かったとおもいましたよ。

このラストの曲を歌う前には、中澤裕子さんからあいさつのMCがありました。

1/28にモーニング娘。メジャーデビュー日を迎え、丸10年たち、11年目を迎えることができ、その前日にこうしてライブが出来ることがうれしいとおっしゃっていました。

裕子さんの重みのある言葉に、安倍さん思わず涙ぐんでおられ、それを待ち構えていたかのように会場全体が「なっちコール」して、さらに涙ぐむ安倍さん。

まるでDVD撮影のために仕組まれていたかのような展開に、わたくし思わず安倍さんにもらい泣きしてしまいました。今年初ライブで初泣きです。

モーニング娘。デビューからずっとハロプロの最前線を走り続ける安倍さんは、ホントにファンから愛されているんだな、と思わされた瞬間でした。そんな安倍さんに「10年ハロプロを引っ張ってくれてありがとう賞」をあげたい気持ちになりました。

んでもって安倍さん、ライブ序盤に矢島舞美さんと歌っていた「16歳の恋なんて」では、思いっきり歌詞間違えてました(笑)うん、大型スクリーンに映し出されていた歌詞と、安倍さんの口から出てきた歌詞は全然違ってました。これもDVDにしっかり収録されてんでしょうな~。

この辺も安倍さんらしくて、ホントこの日は「なっちデー」でした♪

 

安倍さん以外のメンバーで印象に残っているのは、菅谷梨沙子さんでした。安倍さんの次に長い時間目の前にいてくれたからです。

ハロプロ内でもトップクラスの美形の彼女ですが、この日はさらに美しさに磨きがかかっていたように見え、ものすごくキラキラ輝いていました。

スッペシャル ジェネレ~ション」をはじめ、色んな曲で一緒に踊ることが出来て感動でした。ちょっとほれてしまったかも??

 

ライブ序盤では久住小春さんが目の前にいてくれて、こちらも印象強かったです。

小春さんらしいニコニコの笑顔にこちらの顔もゆるみっぱなし。やっぱりこの人は、見るものを平和にするパワーを秘めてるお方ですね。

 

この安倍なつみさん、菅谷梨沙子さん、久住小春さんの3人がもっとも印象に残っているメンバーです。

あと、印象に残っているメンバーや曲等を、順不同で書いていきます。

 

○LOVEマシーン
ライブはハロプロエッグ主体での「LOVEマシーン」で幕を明けました。かなり意表を突いた選曲で驚きましたが、ハロプロエッグがトップバッターだったと言うのも意外。

これは2008年はエッグを推していきますよ。という事務所の宣言とも受け取れました。

エッグメンバーが縦一列に並んでの「千手観音」のパフォーマンスを見せてくれて、これはこれで頑張ってるな~という印象。

エッグメンバーでは能登有沙さんが一番印象に残りました。本人曰く中学生に見られることもあるくらいの童顔だそうですが、たしかに短大生だとは思えないくらい若々しいですね。

 

○℃-ute
紅白歌合戦でも披露していた「LALALA 幸せの歌」を歌っていました。が、まだこの曲が浸透していないせいか、盛り上がりはイマイチだったかな?

サビの「LALALA~」の部分は、ひたすら手を振っていればいいんで、ソコは分かりやすかったですけども。

その代わり「都会っ子 純情」はすごい盛り上がりでした。やっぱりライブ向きの曲ですね。曲で出しのセリフ後「Are you Ready?」の部分をみんなでいっせいに掛け声かけるところはカッコイイですね。

℃-uteで一番印象に残っているのは矢島舞美さんでした。すぐ目の前で激しいダンスを見せてくれたら、こちらもつられて激しめに踊っちゃうってもんです。

あと萩原舞さんがキリリとしたメイクをしていたせいか、ちょっと大人っぽく見えてドキッとさせられました。

 

○Berryz工房
新曲「付き合ってるのに片思い」はシンプルでライブ向きなのでとても乗りやすかったです。

さらに「スッペシャル ジェネレ~ション」まで披露してくれたら、そりゃ会場も揺れますわな。

熊井友理奈さんに俄然強めに声援送ってましたが、こちらに来てくれた回数は少なめでした。残念。その代わり清水佐紀さんと嗣永桃子さんがよく来てくれました。

 

○Buono!
新曲「恋愛ライダー」を披露。まだリリース前だというのに、すごい盛り上がりでした。シンプルで乗りやすい、というのが大きいですね。

前作「ホントのじぶん」のc/w「こころのたまご」と同系統の、ちょっとテクノ風味のある曲で、ロック調の軽快さとのマッチングがよく出来ていると思います。

このBuono!にはハロプロらしさを残しつつも、ハロプロの殻をブチ破ることの出来る可能性を秘めたユニットだと期待しています。まだハロプロ未開のジャンル、テクノを突き詰めてほしいところです。

またファッション的にも、前作のゴスパンク調を残しつつも、「恋愛ライダー」という曲タイトルに引っかけてライダースジャケットを羽織るとてもカッコかわいい衣装で決めてくれました。

そのカッコかわいいBuono!の3人が、周回通路を駆け回る姿はとてもステキでした♪ ホントいいユニットを作ってくれたな、と感動。

 

○メロン記念日
最新曲の「アンフォゲッタブル」を歌うかと思いきや、「お願い魅惑のターゲット」でした。

とはいえこの日披露された曲の中では一二を争うくらいの盛り上がりで、ライブ巧者メロン記念日の存在感を見せ付けてくれた印象でした。

が、メロンのメンバーはあまりわたくしの近くに来てくれなかったので、個々のメンバーの印象はちょっと薄め。残念。

 

○前田有紀
最新曲「相愛太鼓」を披露。

この曲は演歌なので異色ですが、ライブのアクセントとしてはかなり良かったです。

ただ前田さん自身は近くに来てくれなかったので印象は薄め。

 

○松浦亜弥
意外にも「I KNOW」を歌ってくれました。

最近の曲ではなく、亜弥さんのライブと言えばコレ! という曲を持ってくるというセットリストならば、こっちも乗らずにおれません。

というわけで思い切りハジけさせてもらいました♪

が、亜弥さんはこちらの近くにはあまり来てくれませんでした。

 

○中澤裕子
最新曲「だんな様」を披露。この曲をライブで聞いたのは初めてなので大感激!

俄然強めに声援を送りましたが、近くには来てくれず……残念。

 

○矢口真里&保田圭
このふたりで「乙女の心理学」を歌ってました。

このふたりだからこその曲であって、もろもろのものがこみ上げてきて、なんか熱くなりました。

 

○美勇伝
前日の1/26に突然の美勇伝活動終了の発表があったわけですが、27日ももちろんあいさつがありました。

ここではこのことについては書きません。

3年間の活動おつかれさまでしたということで、会場からは大きな拍手が送られていました。

曲は「じゃじゃ馬パラダイス」と「恋するエンジェルハート」の2曲を披露。

どちらも大好きな曲なのでうれしかったのですが、個人的には「FANTASY」を見たかったですね~。惜しい! まあ、ラストの単独ツアーまでおあずけ、ってことなのでしょうね♪

石川梨華さんが目の前に来てくれた回数と時間が長くて、この方の印象もかなり強いです。

引き締まったスタイルと、切れのあるダンスにホレボレ♪ 全開のおでこに石川さんの気合の入り具合を見させてもらったので、石川さんが目の前に来てくれたときには、わたくしもより一層激しくダンスさせていただきました。

23歳にしてはおキレイですね、って言い方をすると、きっと石川さんはムキになって怒るでしょうな(笑)

 

○音楽ガッタス
とりあえず持ち歌の「鳴り始めた恋のBELL」と「やったろうぜ!」の2曲を披露。

どちらもライブ向きの活きの良い曲なので、すごく楽しめました。

特に「やったろうぜ!」は、力強い同じフレーズの繰り返しが気持ちよくって、すごく乗りやすくていいですね。

曲を歌い終えたあと、わたくしの目の前で吉澤ひとみさんと里田まいさんが、1stアルバムリリースやライブツアーへの意気込みなどを語ってました。

が、里田さんのコメントが良いことを言おうとするあまり話がうまくまとまらず、それを横で聞いてた吉澤さんがクスクス笑っていたのが印象的でした。

 

○アテナ&ロビケロッツ
ちびっ子にも人気(?)らしいユニットですが、なんか会場中すごい盛り上がりでした。シンプルで乗りやすい曲だった、と言うこともあるでしょうけど、なんか見ていてニューミニモニ。っぽくてなんか面白かったです。

いやひらすら「ハイ!ハイ!ハイ!」って言ってただけのような気も……。

この曲のときに新垣里沙さんが目の前に来てくれたのですが、この日の新垣さんはおでこ全開されてました。さらに、この曲ではおさげ髪にしていて、デビュー当時の髪形を見ているようでした♪

 

○印象派 ルノアールのように
意外な選曲ということで印象に残りました。

この曲はアヤカさんを中心に、里田まいさん、稲葉貴子さん等で歌っていましたが、この3人で歌うとより一層大人っぽさがましてカッコイイですね。ちょっと太陽とシスコムーンっぽい雰囲気があったと思います。

 

○友情~こころのブスにはならねぇ!~
意外な選曲その2

モーニング娘。他のメンバーで歌っていましたが、曲イントロの道重さんのセリフを最前列で見ることが出来て感動。

またこの曲で亀井絵里さんと田中れいなさんと一緒にダンスが踊れてうれしかったです。

 

○モーニング娘。
序盤に「みかん」を披露。この曲はシンプルで乗りがいいので、ライブでやるとCDとはすごく曲が違って聞こえますね。この日の曲でもかなりの盛り上がりだったと思います。

終盤には「ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。」や「ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB GIRL」等の激しい曲が来て、とっても楽しかった!

とは言ってもこの辺りでバテバテでしたけど(笑)

娘。のメンバーではれいなさんが一番印象に残っています。一番多く目の前に来てくれたのも大きいですが、この方はお客さんのひとりひとりに細かいリアクションをされますね。

ウインクしたり、指を差したり、手を振ったりと、きっとサービス精神が旺盛なんでしょうね。この辺の愛嬌の振りまき方に、辻希美さんと同じモノを感じました。というわけでちょっとれいなさん株上昇♪

亀井さんはとにかく笑顔笑顔。小春さんとはまた違った空気感で、すごくおだやかなんですよね。でもダンスはメリハリがあって、そのギャップにメロメロ♪

高橋愛さんもよく目の前に来てくれました。この方はとにかくカッコイイ! ダンスに歌にキレがあって、さすが娘。のリーダー! とうならせてくれました。

ついでに、道重さゆみさんのお腹がちょっと気になりました。あのゆれ具合は……うむむ、きっと気のせいでしょう♪

 

と、駆け足でライブの印象的だった部分を書き出してみました。

この感想は、会場のごく一部からのものですので、見ていた席によってはまるっきり違う感想になったと思います。

なので、これは「左サブステージに特化した感想」ということで読んでいただけたら、と思います。

 

それから横浜アリーナの会場の盛り上がりについてですが、もっとも気になっていたのは、普段参戦している関西のライブ会場との雰囲気の違いを見てみたかったです。

率直な印象としては、会場全体がまんべんなく盛り上がってる感じでしょうか?

わたくしがいたのは比較的テンションの高いセンター席だったので、そのように感じただけかもしれませんが、みんなみんな同じレベルで一体感のあるライブを作り上げている印象でした。

関西、特に大阪では、局地的に異常に盛り上がる集団というのが会場内のあちこちにいて、その集団につられて会場全体がさらに盛り上がる、という乗り方をすることが多い気がするので、そこら辺にちょっと違いがあったかな? と言う感じでした。

 

それと大阪のライブとの違いでもうひとつ。

それは花の数の違い。

大阪のライブでは、花は「ハロプロやねん!」くらいからしか届かないんですが、さすが関東ですね、各テレビ局やら、出版社やら、色々な所からたくさん届くんですね。

すばらしい!

  

そして余談ですが、この日のライブはDVD用の撮影があったわけで、わたくしのすぐ目の前にはカメラマンさんがいらっしゃいました。

なんか~、何度かカメラのレンズがわたくしの方を向いていたんですけれど、まさかわたくしが映っていませんでしょうな?? あとでDVDで確認しますよ??

 

最後に、初の関東遠征で、当初ひとりでの単独参戦になるかと思っていましたが、いろんな方に声をかけさせていただいた結果、ライブ前後に結構な人数で一緒にハロプロトークに盛り上がることが出来ました。

一緒にトークしていただいたみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました♪

| | コメント (7) | トラックバック (1)

Hello! Project 2007 Summer 10th アニバーサリー大感謝祭~ハロ☆プロ夏祭り~ / 大阪フェスティバルホール

ってまいりました。

7/22大阪フェスティバルホールでの「Hello! Project 2007 Summer 10th アニバーサリー大感謝祭~ハロ☆プロ夏祭り~

毎度同じく激しくネタバレしてますのでご注意を……。

 

 

今回の夏のハロプロライブは、簡単に言うと「ワンダフルハーツ + メロン記念日」というメンバー構成でした。

メロン記念日だけ他の出演者と毛色が違うから、一見浮いてるように感じますが、実際ライブではものすごくいいポジションにいました。

ライブの底辺をしっかり支える役割に徹していたというか、決して他のメンバーを押しのけてまで前に出るようなことはしてませんでしたが、さりげなくポイントポイントで目立ってました。

MCでも矢口さんとの掛け合いも面白く、改めてメロン記念日のライブパフォーマンスの高さを教えられました。

この辺、若いメンバーだけで構成された場合、ちょっと偏ったライブになっていたと思いますが、メロン記念日が加わるだけでとてもバリエーションに富んだライブに仕上がっていたと思います。

実際、今回の夏のハロプロライブは全34曲で2時間超、という異例の長さと内容の濃さだったため、こうやって変化を出すことで見ている側を疲れさせないように配慮されていたのかもしれません。

そういう目で見れば、音楽ガッタスや、ハロプロエッグ、THEポッシボー、吉澤ひとみさん、里田まいさん、アヤカさんが出演と、なんだかんだでかなりバラエティ豊かなライブでした。

 

セットリストは、主要な出演メンバーの最新曲と代表曲、そして様々な組み合わせでのハロプロ曲カバーということで、いわゆる「定番」のハロプロライブでした。

がしかし。ツアータイトルに「10th アニバーサリー」とあるだけあって、ハロプロ10年分の歴史を凝縮したようなセットリストだったと思います。(まさかアニバーサリーにひっかけてメロン記念日が呼ばれたんじゃ……)

最近あまりやらなくなったシャッフルユニットの曲をいくつかやったり、ココナッツ娘。の古い曲をやったり、メロン記念日のマイナーな曲をやったりと、結構難易度高めでした。

わたくしみたいに長年ファンを続けていて、なおかつほとんどのハロプロ曲をチェックして、ひんぱんにライブ会場に足を運んでいれば、とても楽しいセットリストだったと思うのですが、最近ファンになった人にはよく分からない曲が次々に出てきて楽しめたのかな? とちょっと心配だったり。

最近ハロプロライブには若い女性ファンの姿をよく見かけますが、この日も多数いらっしゃいました。その方々がどれくらい楽しめたのやら……。特に月島きらり目当てで来てた女の子。

古いファンに対する感謝を込めて今回のセットリストにしたのであれば、それはこちらとしても願ってもないことでうれしい限りです。

Berryz工房や℃-ute、月島きらりなど新しいファンにばかり目を向けて、古いファン層をバッサリ切り捨てる気はなさそうなので、そこは安心させられるライブだったと思います。

事務所も気遣ってんだな~と思いました。

 

今回ハロプロエッグの方々がワリと良い扱いを受けているように感じました。

THE ポッシボーも新曲を歌わせてもらったりしてましたし。ただ、曲のほうは良くも悪くもつんく♂さん丸出しの、分かりやす~いメロディでしたね♪

これからドンドンライブに出演されるのでしょうね。ただ、個人的にはハロプロ関西の方も出してほしかったかな?

 

さて、ある意味今回のライブの目玉だった、紺野あさ美さんの復帰。

しっかり紺野さんの姿を見てまいりました。一年ぶりですが、まったく印象は変わってなかったですね。

また、ライブでも違和感なく溶け込んでらっしゃって、ブランクを全然感じさせませんでした。これはすごいことです。

ハロプロから離れていた期間なんてなかったかのように、自然にステージをこなしてる紺野さんに感動しました。

客席からの声援もすごかったですね。間違いなくこの日一番声援が大きかったでしょう。

紺野さんのこれからの活動は分かりませんが、またコレまでと同じように応援したいと思います。

まさに「おかえりなさい」です。

ところで、今回タンポポが再結成したり、カントリー娘。に紺野と藤本の曲があったりしたので、「もしかしてココでも歌っちゃう!?」と期待させられましたが、ソレはなし。

まあ、期待させておいて出演しない、という出し惜しみくらいがちょうどよいのかもしれません。

 

もうひとつの目玉は、タンポポの再結成でしょうか?

石川梨華さん、柴田あゆみさん、新垣里沙さん、そして矢口真里さんでタンポポの「たんぽぽ」を歌ってました。

イントロ聞いた瞬間に鳥肌立ちました。

でもって今年のエルダークラブに引き続き矢口さんが歌ってる姿見て、涙出ました。

そして思わず飯田圭織さんの姿を探してしまったのですが、さすがにいらっしゃいませんでした。

てか、さいたま公演では飯田さんもココに加わるんだろーか??

 

もうひとつの再結成はプッチモニ。

吉澤ひとみさん、アヤカさん、里田まいさんでの結成でした。この仲良し三人組で結成する演出が憎いですね~。ぜひとも後日ラジオ等でこの辺の感想をお聞きしてみたいです。

このモデルさんのような3人で「BABY! 恋にKNOCK OUT!」を歌えばめちゃくちゃかっこよくって、見てる方もノックアウトされてしまうわけで。

前述したとおり、今回のライブは難易度高めに設定されてますが、この2曲でお客さんの合いの手はバッチリでしたね。こちらもうれしかったです。ちゃんとみんな覚えてるんだ!って感じで感動的でした。

これらを見て、新しいお客さんも真似してくれたら最高にうれしいですね。

 

タンポポ、プッチモニとくれば、ミニモニ。も期待してしまうのですが、そちらの曲はありませんでした。

色々問題があるのかもしれませんが、良い曲はそろっているのだから、高橋愛さんのソロで後期ミニモニ。のオトナっぽい路線の曲やったら面白そうなんですけども。

次に期待です。

 

今回のツアーに出演していない人の曲では、後藤真希さんの「手を握って歩きたい」、松浦亜弥さんの「桃色片想い」をやっていました。

後藤さんにしても亜弥さんにしても名曲ぞろいですから、いつもどこかでカバーされている印象がありますね。

で、一緒に見に行った仲間で話ししたのですが、こういうときに安倍なつみさんの曲はカバーされないですね。

安倍さんの曲は難易度が高くて、カバーしにくいのでは? という意見もあって、なるほどと思いました。

いつだったかの冬のハロプロライブで、亀井絵里さんが「恋のテレフォン GOAL」を歌ったことがありましたが、それくらいしか安倍さんの曲ってカバーされてませんね。

ところで、「桃色片想い」をどハデな衣装着てすっごいうれしそうに歌う道重さゆみさんが、とても印象的でした。あ~やりたかったんだな~、と見ていてとてもほほえましかったです♪

だったら「ね~え?」の合いの手で「あなたが好きだからよ」の部分を道重さんに置き換えたら、もっと喜んだのでは??

 

○各出演メンバーの印象

・℃-ute
冬のハロプロライブではおとなしめの曲をやっていたので影が薄かった気がするのですが、今回は激しい曲ばかりきたので盛り上がること盛り上がること。

まっさらブルージーンズ」をハロプロライブでやってくれるだけでもうれしいのに、会場全体でこのダンスを踊ってくれてた方が多かったように感じました。

ただ、名古屋公演を見に行った方の情報によると、名古屋ではこの曲ではなく「That's the POWER」をやっていたそうです。

う~ん、これはむずかしい選択ですね。

まっさらブルージーンズ」も確かに盛り上がる曲ですが、「That's the POWER」だってハロプロライブのような場所で映える曲のハズ。

名古屋では思ったほど盛り上がらなかったから、曲変更されたのかな?? 名古屋でどんな感じだったのかちょっと聞いてみたかったです。

この日は9/9の℃-uteライブを欠席する有原栞菜さんを俄然強めに見ておりました。が、自然に目は動きの激しい矢島舞美さんを追いかけていました。やっぱりこの人の運動量はすごいです。

JUMP」はもはやライブで欠かせない名曲に成長しましたね。わたくしはこの曲で感極まってこの日2度目の涙が出ました。

 

・Berryz工房
最新シングル「告白の噴水広場」がおとなしかったせいか、ライブでカンフル剤的に盛り上がる「スッペシャル ジェネレ~ション」をやっていました。

こちらもライブでは欠かせない存在になってうれしいのですが、実を言うともっと他の曲でも良かったのでは? と思ったり思わなかったり。

てか、どーして℃-uteは3曲使われたのに、ベリーズは2曲なんですか!? とちょっとそこだけはご立腹。

黄色いお空でBOOM BOOM BOOM」で黄色い衣装を着ていた嗣永桃子さんにめちゃくちゃ食いついてしまいました。桃子さんといえばピンクですが、黄色もなかなか似合ってます。

その桃子さんが小指を立てて、内股であの曲に合わせて飛び跳ねていたら……そりゃ夢にもでてきますな。

 

・久住小春さん
意外だったのは小春さんが3曲も歌ったこと。

きら☆ぴかの曲を歌うのは予想してましたが、よもや「ハッピー☆彡」まさか「恋☆カナ」までも歌うとは……。

これは月島きらり目当てで見に来た同世代・年下の女の子へのサービスなのでしょうねえ。

気を遣う事務所ですねえ。

 

・音楽ガッタス
てっきりフットサルのユニフォーム着て歌うのかと思いきや、フツーに歌衣装でした。

なので、パッと見は新ユニットみたいです。どこまで音楽活動を真剣にやるのか分かりませんが、意外と面白そうです。

てか、予想以上に曲が良くて驚きました。

ここでも吉澤さんがかっこいいですね~。

 

・メロン記念日
新曲「アンフォゲッタブル」は思っていた以上にライブで盛り上がってかなり満足でした。

そして久しぶりに聞いた「さぁ!恋人になろう」は、改めて名曲だな~としみじみ。会場も一体感あって良かったです。

さらにもっと久しぶりに聞いた「夏の夜はデインジャー!」は、半分どんな曲だったか忘れかけてました。

聞いてるうちに思い出しましたけど、意外な選曲に驚きとうれしさが一緒くたになりました。ただ、この曲を歌っていた熊井友理奈さんばっかり見てましたけど……。

 

・美勇伝
恋するエンジェルハート」を初めてライブで聞きましたが、やっぱりいいですねコレ。石川さんのあおりもいいです♪

ついでに石川さんの寒いMCも良かった! ライブ見た人にしか分からないけど「ぼんっきゅっぼんっきゅっぼん」をやりきったときの「どうだ!」の顔が最高でした。

そして「愛~スイートルーム~」と「LET'S LIVE」という、まるで美勇伝のソロライブを凝縮したような選曲にも驚きました。

今年は美勇伝の春ツアー見にいけなかったので、ココでその魅力の断片を見せてもらった感じでうれしかったです。

 

・モーニング娘。
モーニング娘。としてではなく、各メンバーの見せ場自体はとても多く感じました。

例えば高橋愛さんと田中れいなさんで歌う「シャイニング 愛しき貴方」のハーモニーは絶品でした。

藤本美貴さんが抜けた分、高橋さんとれいなさんの見せ場は必然的に増えてくるわけですが、そこでとても楽しそうに歌ってるふたりの姿が印象的で頼もしく見えました。

ジュンジュンさんとリンリンさんを初めてライブで見ましたが、こちらも結構自然に溶け込んでる感じでした。MCでも日本語がうまかったですし、短期間に猛特訓を受けたんだな~ってのが伝わってきてちょっと感動的でした。

まだちょっとイントネーションがおかしいですが、コレくらいは残してもいい感じですね。なまりの取れないメンバーと同じように、イジる材料になりますから♪

新しいモーニング娘。も結構イケるってことが分かって、秋ツアーが楽しみになってきました。

 

最後に。

この日のライブで一番笑わせてくれたのが亀井絵里さんでした。

とあるMCで「夏祭り」についてのことをトークしてましたが、亀井さん「青海苔やめて」とひとことだけ言ってすぐに次の人に回します。

コレだけだとサッパリ意味不明で会場中「え~!?」とどよめいてますが、張本人の亀井さんはドッカンドッカンうけると思ってたのかひとり笑いしてます。

亀井さんの解説によると、亀井さんは夏祭りでたこ焼き食べるのがお好きだそうですが、青海苔が歯につくのがイヤだからたこ焼き屋のおじさんに「青海苔やめて」と言いたいのだそう。

……解説を聞いてもサッパリ意味不明なんですけど~。

でも何かわかんないけど笑えます。亀井さんの適度に「適当」な所、大好きです♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

プレイバック後藤真希

3/24NHK放送の「家族で歌うにっぽんの歌」に、矢口真里さんと後藤真希さんが出演されました。

Knu001_1

矢口さん、当然歌を歌いにやってまいりました。

新春ハロプロライブといい、今年からは矢口さん歌解禁なんですね~。

さて、NHKが独自に行ったアンケートによると、あこがれの女性アイドルというと、こーゆーコトになるようです。

Knu003_1

世代にものすごいばらつきが……。

んでコーナーでは、矢口さんと後藤さんふたりで、アンケートで聞きたい曲の上位に入ったアイドルソングをメドレーで歌うことに。

Knu1000_1

小泉今日子さんの「なんてったってアイドル」の歌いだし部分を歌う矢口さん。

Knu004_1

同じく「なんてったってア~イド~ル」と後藤さん。

すると曲調は一変して、美空ひばりさんの「東京キッド」に。

Knu005_1

この曲を今聞くと、アイドルソングという感じは全くないですね~。でも小気味良いリズムが面白いです。

Knu006_1

続いてはザ・ピーナッツの「恋のバカンス

矢口さんと後藤さんのハモリが聞けるというレアな音源ですが……できればWバージョンで聞きたかったです……。

Knu007_1

続いてはピンクレディーの「渚のシンドバッド

こちらも同じくWバージョンで……(しつこい)

Knu008_1

ところで「渚のシンドバッド」の、この腕を外側から内側に巻き込むような動きって、モーニング娘。の「SEXY BOY」に似てますね。

というより、娘。の方がパクってるのか!

昔はアイドル嫌いだったし、ピンクレディー世代でもないので、この辺全くわかりませんでした。

 

さて、このメドレー最大の見せ場。

それは山口百恵さんの「プレイバックPart2」を歌う後藤真希さん。

Knu009_1

後ろを向いて、さっそく曲の世界観に入り込む後藤さん。

Knu010_1

そしてふり向きざま、はき捨てるような語りかけるような独特の節回しの歌詞。

Knu011_1

わたくしは山口百恵さんをリアルタイムで聞いたことないのですが、この曲のイメージに後藤真希さんスゴくハマっていると思います。

Knu012_1

少しドスをきかせたような、低くささやく歌い方も後藤さんに合ってます。

Knu013_1

てか後藤さんかっこよすぎです!

Knu014_1

ここでは後藤さんのソロなので、矢口さんは横でサブで踊ってるだけです。

Knu015_1

ココからはコメントなしでキャプ画連続で行きます。

Knu016_1

Knu017_1

Knu018_1

Knu019_1

Knu020_1

Knu021_1

Knu022_1

Knu023_1

Knu024_1 

決まった~♪

すっご~い、後藤さんかっけー。かっこよすぎ!

Knu025_1

決めた直後に照れ笑いしちゃうトコロもかわい~♪

Knu026_1

てか「プレイバックPart2」が、ここまで後藤さんにハマるとは思ってもみませんでした。

これはちょっと、後藤さんのソロライブできちんとカバーをやってもらいたいくらいです。

 

以前、Wが二人組アイドルユニット曲のカバーアルバムを出したことありましたが、後藤さんも真似して、ちょっとダーティーなアイドルソングのカバーアルバムとか出したら結構ハマるかも??

いやマジで。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

かくし芸2007

の初めの恒例、1/1放送の新春かくし芸大会に辻希美さん、松浦亜弥さん、矢口真里さんが出演されました。

 

○辻希美さん出演 ヴィーナスアイランド~千手観音エピソード1~

この演目は、縦一列に並んだ踊り子さんが一斉に手を動かし、千手観音像に見えるように踊る舞踊です。

踊り子全員の呼吸が合わないと全くそろわない難しい演技です。

ちなみにこの演目には、辻さんのほかに中川翔子さん、安倍麻美さんが出演されています。

Kg6001

まずはデモンストレーション。

踊り子さんたちがバラバラに踊る部分。でもこの時点でかなり難易度高いです。

てか、ライブ以外で辻さんがダンスするのを見るのは久しぶり。そのせいか、辻さんの顔も晴れ晴れしてるよ~な?

Kg6002

そこへ、石原良純さんが加わり、踊り子さんは縦一列に。いよいよ千手観音の舞です。

Kg6003

見事に息が合ってきれいな手の動きです。

……が、これだと石原良純さんしか見えませんね。

Kg6004

するとこんな配慮が。さすが演出の方、こちらの事情がよくわかってらっしゃる。

でもなんかこの画は怖い(笑)

 

さて、このかくし芸放送の前日12/31には、かくし芸の舞台裏を放送してくれていました。

本番見た後、改めてメイキングを見直すと、また新たな発見があって面白いものです。

Kg6023

練習中の辻さん。

なぜか中川翔子さん、安倍麻美さんとともに、3人で同じ柄のTシャツを着ています。この練習期間中に仲良しになったのでしょうか??

てか、辻さんのはいてるズボンが「変なおじさんズボン」に見えるんですけど!?

Kg6024

練習の合間にインタビューに答える辻さん。なんかカッコイイ♪

でもとりあえず、あぐらはやめてもらえますか(笑)

 

○松浦亜弥さん出演 イリュージョン 禁断の裏側

松浦亜弥さんが演じるのは、Mr.マリックさん指導のイリュージョンです。なかなか本格的。

Kg6007

まずは小手調べ。簡単なマジックから。

Kg6008

なかなかサマになっています。

Kg6009

後半は大掛かりなイリュージョンを。

亜弥さんは観客の注意をひきつける役柄で、それほどむずかしいものではありません。

ですが、なんでしょうね。彼女がやると堂々としてるので、ベテランイリュージョニストっぽく見えてきます。

Kg6010

「これでメシ食ってます!」みたいな自信たっぷり亜弥さん。

なにやらせてもソツのないお方ですな~。

ちなみにイリュージョン自体も、コミカルにテンポよく進んでいたので、そちらもなかなか見ごたえありました。

 

○矢口真里さん出演 ザ・限界ジャンパー

ネプチューンとLeadが挑戦する、空中アクロバット演技に矢口さんが紅一点として加わっていました。なので、矢口さんの役柄は比較的簡単な内容。

Kg6016

それでも地上6メートルの高さで宙吊りになったり、空中回転をしたりと、かなり危険な演目です。

Kg6017

体にゴムをつけて高いところから飛び降り、ゴムの反動で元の場所に戻るという、バンジージャンプをしながら曲芸をするような内容です。

Kg6018

矢口さんがやるとどことなく罰ゲーム風にも見えたりしますが、真剣です。

Kg6019

演技がうまくいって見得を切る矢口さん。顔が引きつってます。

地上6メートルのところでの演技ですから、その場にいるだけで怖いはずなので、当然かも。

Kg6020

その親びんの危険な演技に辻さんもハラハラドキドキ。

 

メイキング映像を見ると矢口さん、練習前は結構余裕でした。

Kg6025

練習も最初の内は遊びながらなので、矢口さんも楽しんでやってましたが、空中回転の練習で一度失敗すると、急に恐怖心が出てきます。

Kg6026

恐怖と自信喪失で練習に参加できない矢口さん。

が、その後持ち前の根性で練習を再開し、本番の成功へとつなげます。

Kg6027

「私本当に無鉄砲なんですよ。出来ないのにやろうとするから」

なるほど、練習前の余裕はやせ我慢だったのかな?? てか矢口さんらしいですな。この人は結構かくし芸向きかもしれません。

 

今回のかくし芸、辻さんは結構練習を積んだようですし、矢口さんは体を張った演目に挑戦されていました。

今まではハロプロメンバーはゲスト参加的な出演が多かったですけど、今回は割りと深く突っ込んだ出演だったと思います。

ケガが一番怖いので、危険な演目に挑戦してほしいとは思いませんが、練習たくさんやったんだな~というのが伝わるようなものはドンドン挑戦して欲しいですね~。

てなわけで来年も楽しみ♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ちっともうらやましいぞ!

ロモニで、今年の8月に行なわれた、「矢口真里&辻希美 ファンクラブツアーinハワイ」の様子を流してくれました。

Yth000

元気いっぱいのおふたり。いきなり楽しそう。

Yth001

今回のツアーでは、ファンも参加してのゲームをやったそうで、辻さんとのハイタッチもあったりなんかしたようです。

Yth003

ライブで「ロマンティック 浮かれモード」を歌う辻さん。てか聞きたい!

Yth004

握手会ではこんな笑顔も飛び出したようで。

Yth005

ん゛あ゛~、楽しそ~。うらめしい、うらやましい……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごきげんように矢口真里さん その3

9/20は矢口真里さんごきげんよう出演3日目。最終日です。

Gym008

オープニングトークでは「心に残るあの一言」。

Gym009

小さいから合格

これはつんく♂さんより、オーディションに受かってから2年くらいたって聞いた言葉だそうです。

当時、モーニング娘。オーディションの一次審査は書類選考だったそうです。

つんく♂さんがたくさんの応募書類を見ていたら、一枚の書類が床に落ちたそう。拾いあげて見ると、そこには身長145センチと書いてあり、その身長を見たつんく♂さんそれだけで一次審査を通してしまったそう。

その145センチと書いてあった書類が矢口さんだった、というわけですが……これはホントに実話なんですか!? すごいな~。

矢口さんはずっと背が低いのがコンプレックスだったそうですが、つんく♂さんから「小さいから合格」出来たと聞いて、それ以来今の身長が好きになったとのコト。

ものすごく運命的かつ感動的なお話ですね~。

 

この日のサイコロトークは「気になってしょうがない事」。

Gym011

23歳になった矢口さん「結婚」が気になるようです。

どうやら地元の友人たちが結婚したり、子供が出来たりしているから、そう思ってしまうようです。

さらに、矢口さんのお母さんが矢口さんを23歳で産んでいるそうなので、「そろそろいい人を見つけて……」という気持ちになっているようです。

で、結婚したら「第二の人生を送りたいな」と思ってるそう。……てかもう第二!?

 

どんな人がいいの?」という質問には、「やさしくて、頼りがいのある人」がいいと答える矢口さん。

普段矢口さんは、家の事は全てお母さんにまかせっきりで分らないので、自分の代わりに家のことをやってくれる旦那さんがいいそうです。

料理や洗濯などの家事はやる自信があるそうですが、家賃や光熱費などを払ったり振り込んだりなどをやったことがないため、まったく分からないとのコト。……ソコですか。

Gym013

あと「プライベートはいろんなことに挑戦するアホなので、バカなことに付き合ってくれる人がいい」とのこと。あ~、ソコが一番ハードル高そうですね(笑)

 

さらに矢口さんの夢として、結婚したらお店を出したいそう。

矢口さん友達の幅が広くなったので、みんなで集まれる飲食店のような感じにしたいそう。

さらに、そこで矢口さん自身がデザインした服を売ったり。

さらに、マンガが大好きな矢口さん、マンが喫茶もやってみたかったり。要するに趣味の店を出したいようです。

Gym012

なかなか贅沢な夢ですね。でもこーゆーのはみんな憧れますね。

勝手に妄想すると、ハロプロメンバーがお菓子やご飯を食べながらマンガを読み、衣装を見て回ってるような場が思い浮かびますね。ある意味、コンサートの楽屋っぽい感じがしないでもないですけど。

 

さて矢口さんの出演はここでおしまい。

特に告知はありませんでしたが、今後の活動についての抱負を語ってくれました。

いろんなことにチャレンジしたいです。ひとりでの歌の活動もこれからちょっとずつやっていきたいなと。今はバラエティをがんばっていきます

とのこと。仕事もプライベートもチャレンジ精神旺盛ってことですね。

 

今回の出演まずまず面白かったです。

でも番組初登場だったせいか、まだ話が固くて自己紹介的な感じだったように思いました。矢口さんならもっと面白く出来るはずなので、何度も番組に出演してもらいたいですね。

トーク以外の部分では、他の出演者の方のトークに何度もうなずいたり相づちを打ったり、小堺さんに動きをあわせたりする、細かい動きが結構目立ったように感じました。

Gym010

こういうさりげない部分でのアピールはいかにも矢口さんらしくて、個人的には好きです♪

 

☆関連記事★

9/20 ごきげんように矢口真里さん その1
9/21 ごきげんように矢口真里さん その2
9/22 ごきげんように矢口真里さん その3

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ごきげんように矢口真里さん その2

9/19は矢口真里さんごきげんように出演2日目。

Gym000

この日は、同じく出演の岩佐真悠子さんと仲良さそうにしている姿が印象的。

このふたり、かなり気が合うようで会話での話し方が友達同士のようです。ドラマ「ギャルサー」で共演してらっしゃいますが、そこで仲良しになったのでしょうか??

 

オープニングトークでは「ハッピー占い研究所」。生年月日からその人の性格を割り出してしまう占いシリーズです。

今回の占いは「韓流キムチ占い」。キムチの種類に当てはめての占いです。

矢口さんのタイプは「白菜キムチ」。

 

ちょっぴり頑固な白菜キムチタイプのあなたは、とても意志の強い人でいったん決めた事は、どんな困難が待ち受けていようと勇気を振り絞って最後までやり遂げます。

しかし、何でも一人でやろうとする為、気づけば周りに誰もいないということ多いはず。

それは、恋愛面でも当てはまり、あなたが相手をリードしがちですが、今後は二人の歩調を確認しながら進んでいくことをおすすめします。

 

なるほど~、あってますね~」と矢口さん。結構突っ走ってしまうタイプだと自覚されているようです。

 

矢口さん、投げたサイコロの勢いが良すぎたため、サクを乗り越えお客さんの席へ突っこんでいってしまいます。

Gym003

慌てて駆け寄る矢口さん。

出た目は「初めて○○した話

プライベートの時間を使って、色々なことに挑戦されている矢口さん。

ある時は、お昼から仕事がある日に、午前中何をしようか?と考えて、いきなりディズニーランドに行こうと思ったそう。朝一、開演前のディズニーランドに並んで入って遊んで、その後お仕事に行ったそうです。

Gym005

またある時は、朝からお昼過ぎまでバーベキューをやり、一度お昼寝をしてから、お祭りに出かけたり。

またまたある時は、友達と「どれだけ寝ないでいられるか?」という挑戦をして、食事を取る以外は43時間何もしないで、おしゃべりだけしていたという記録を打ち立てたり。

さすがにコレには岩佐さんより「バカですよね」とのツッコミが……。あ、矢口さんいいツッコミ役見つけましたね♪

Gym006

矢口さん常に「人がやってない、何かにチャレンジしたい」そうです。

人がしてないことをして、歴史を作りたい」発言まで飛び出します。あくまでお休みの時間を使ってプライベートでのことなので、自分の中だけのお話のようですが。

それでも、周りからは「タフだね」と言われているようです。

Gym007

これからやってみたいことは「日帰りでどこまで遠くの海外まで行ってみたい」そうです。現地で1時間くらいは過ごして、またすぐ帰ってくるツアーみたいな感じようです。

一度、韓国に行って焼肉だけ食べて帰ってくる、という企画をやったことがあるそう。プライベートではなかったようです。

 

てか、この日の矢口さんのトークを聞いてると、オープニングでの占いがぴったり当たってるように思えてならないのですが……。

今のところ付き合ってくれてるお友達がいらっしゃるようなので大丈夫みたいですけど、その内たったひとりで秘境とかに冒険しに行ったりしないでしょうね??

……でもテレビの企画で「矢口探検隊」みたいなの見てみたかったり♪ とりあえず辻さんはメンバー確定♪

 

☆関連記事★

9/20 ごきげんように矢口真里さん その1
9/21 ごきげんように矢口真里さん その2
9/22 ごきげんように矢口真里さん その3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごきげんように矢口真里さん その1

9/18放送のごきげんように矢口真里さんが出演。この日は出演初日。

Gm1000

まず登場するや小堺さんから「矢口さんはエジプトっぽい」と言われてしまいます。矢口さん「初めて言われました」とちょっと戸惑い気味。

なんでもエジプトの壁画に出てくる人に似ている、ということのようですが……。矢口さんの家系にはエジプト人はいらっしゃらないそう。

Gm1001

今度家系をたどってみます、と矢口さん。

矢口さんがエジプトっぽい……。わたくしも初めて聞きました。今日の髪型と衣装からいくと……ムーミンのミーっぽいですけど。

 

オープニングトークでは「ワタシの恋の方程式」。恋愛に関するその人のこだわりです。

Gm1002

矢口さんの答えは「男の人はピンチの時にボロがでる」とのこと。

例えば道端に怖い人が立っていたとして、その時の男の人の態度で、ピンチの時に自分を助けてくれるかどうか分るそう。

矢口さん的には、怖い人を避けて回り道をする人はドン引きしてしまうそう。

要するに困難に立ち向かう強い人がいいってことでしょうか?

 

この日の矢口さんのサイコロトークは「当たり目」。COROZOクエスチョンとなりました。

Gm1003

そのCOROZOくんからの質問は「モーニング娘。時代の秘密を告白してください

以前出演した飯田圭織さん、保田圭さん、辻希美さん、石川梨華さんの時もトーク内容は娘。時代の秘話的な内容でしたから、同じ展開となりました。

これは「元モーニング娘。」が一度は通る道ですね。改めましての自己紹介みたいなものでしょうか。

Gm1004

矢口さんは、プライベートでもよくメンバーと遊びに行ったお話をされます。特に一緒に遊ぶのは、飯田さん、保田さん、裕子さんとのこと。

以前そのメンバーでディズニーシーに行った時のこと。ふと、自分たちの周りがザワザワし出したのに気がついたそう。

一応帽子をかぶったりサングラスをかけたりと、変装はしていたそうですが、バレちゃったかな? と思った一行は、少し離れた場所へ避難したそう。

しかし、ざわついていたのは矢口さんたちの事ではなく、そこでテレビ番組のロケがあったせいだったことが判明。

あ、これはわたしたちのことじゃないな」と気づき、とても恥ずかしい思いをしたそう。

しかもその後、誰にも気づかれることなかったそうで「芸能人やってて大丈夫かな?」と思ったとか。

Gm1005

ここで小堺さんより「ディズニーランドみたいな所では、みんな目的意識が強いからバレないんじゃないか」とフォローが入ります。

確かに、アトラクションに一生懸命で、周りの人は視界に入ってない感じがしますね。特に矢口さんとか……あ、でも子供目線なら一緒か(笑)

でも、アトラクションの順番待ちをしている時に、前に並ぶ男の子が矢口さんの方を振り返ったまま固まってることが、タマにあるそうです。

特に話しかけられるわけでもなく、ずーっと2時間くらい見つめられているとのコト。矢口さんの方も、ヘタに話しかけて騒ぎになってもいけないので、気まずい空気のままだそう。

Gm1007

でも列が進んだ時は気がつかないから、ソコは矢口さんが「進みましたよ」と教えてあげるそう(笑)

 

COROZOくんより、さらに次の話題。

ひもパン」を持っているという情報を聞きつけたCOROZOくん、矢口さんに真相を聞き出します。てかこの質問はセクハラじゃないんですか!?

かわいい下着を集めるのが好きな矢口さん、ひもパンを持っているそう。

Gm1008

モーニング娘。時代、クリスマスパーティーでのプレゼント交換でよくひもパンやTバックを持って行っていたそうです。

このクリスマスパーティでは「ひとり三千円」と金額を決めてプレゼントを持ち寄るそうですが、「アンパン三千円分」とか「非難グッズ」とか、みなさん個性を発揮されていたそうです。

以前、その矢口さんが持ってきたひもパンが安倍なつみさんに当ったことがあって、そのことを矢口さんがラジオでしゃべったところ、翌日のスポーツ新聞にそのことをデカデカと書かれてしまったそう。名誉なんだか、不名誉なんだか……(笑)

 

そういえば、以前ラジオで高橋愛さんが、今年の吉澤ひとみさんの誕生日に、やはりTバックだったかひもパンだったをプレゼントしたとおっしゃってました。

もちろん、高橋さん本人は冗談のつもりで送ったとおっしゃってましたけど、娘。で下着をプレゼントしあう、というのはもはや伝統になっているのかも(笑)

※(加筆)上記の高橋愛さんの話題ですが、吉澤さんにプレゼントしたのはレオタードではないか、というご指摘をいただきました。なんとなくそのよ~な気もします。今年の吉澤さんの誕生日のころに放送されたヤンタンからの引用でしたが、ちょっとうろ覚えでの記述となってしまいました。申し訳ないです。

ハッキリとした真相をご存知のお方、コメントにでも補足いただけると幸いです。

☆関連記事★

9/20 ごきげんように矢口真里さん その1
9/21 ごきげんように矢口真里さん その2
9/22 ごきげんように矢口真里さん その3

| | コメント (3) | トラックバック (0)