カテゴリー「 飯田圭織」の18件の記事

Hello! Project 2009 Winter エルダークラブ公演~Thank you for your LOVE!~ / 大阪厚生年金会館

ってまいりました。エルダークラブのライブ。

エルダークラブの皆さんは今年の3月を持ってハロプロから卒業されるということで、こうしてエルダーのライブが見れるのも今回が最後。

というわけでしっかりと目に焼き付けてきました。

相当ネタばれしますので、知りたくない方はご注意を……。

 

 

ライブの流れはごくフツーのハロプロライブでした。各ソロメンバーやユニットごとのコーナーが設けてあったり、このライブだけの組み合わせの曲があったりと、まさにハロプロライブ。

ただ、今回の場合、2008年にリリースされたエルダー組の方々のCDが、安倍なつみさんの「スクリーン」、松浦亜弥さんの「きずな」くらいのもので、新曲披露の場とはなりませんでした。

さらに、今回でエルダークラブを見納めということもあってか、各メンバーともに新旧関係なく「代表曲」を歌っていたのが印象的。

まずライブ1曲目にモーニング娘。OGによる「I WISH」をやった時点で、このライブの方向性が分かるというもの。

「ああ、これはファンを泣かしにかかってるな」と実感いたしました。んで、わたくしこのライブで何度も泣きましたよ。

続いてエルダー全員で「I KNOW」とくれば、もうこれは皆で涙してお別れする懐メロ大会になるな、と思いました。

 

ところで、このライブのあった日は1/17。

石川梨華さんと矢口真里さんの誕生日が近いので、なにかあるかな? と思ってましたが、なにもなく終わりました。

本人からのコメントも特になし。

ちょっと肩透かしでした。

 

このエルダークラブのライブで仕事復帰となった飯田圭織さん。

髪も昔のようにきれいなロングヘアーに戻っていて、まったく違和感がありませんでした。

美しさとか、貫禄に一段と磨きがかかったな、というのが印象的でした。

 

○セットリスト

・モーニング娘。OG
ライブ1曲目の「I WISH」と、ライブ最後の「NEVER FORGET」がすごく印象的でした。どちらも涙なしでは聞けませんでしたよ。

NEVER FORGET」を歌う前後で中澤裕子さんが上を向いたりしながら、涙をこらえてる姿がとても印象的。もらい泣きしました。

娘。メドレーではまず中澤裕子、安倍なつみ、飯田圭織、保田圭、矢口真里での、

モーニングコーヒー」→「真夏の光線

が感動的。「モーニングコーヒー」での「なっちコール」は健在で、大阪厚生年金会館が揺れました。というより、この日は他の曲でも「なっちコール」がすさまじく、とにかく会場が声援で揺れる揺れる。この日のライブの目的の3割くらいは「なっちコール」をしに行ったようなものでした。

愛あらば IT’S ALL RIGHT」→「ザ☆ピ~ス!」→「LOVEマシーン

からは、石川梨華、吉澤ひとみ、紺野あさ美、小川麻琴、藤本美貴が加わります。

愛あらば IT’S ALL RIGHT」では再び「なっちコール」。

ザ☆ピ~ス!」では石川さんのセリフが聞けて、OGメンバーの石川さんイジりが面白かったです。

LOVEマシーン」では中澤裕子さんの「み・だ・ら」が聞けて感激。

 

・中澤裕子

悔し涙ポロリ」を歌っていました。

すごく久しぶりに聞けて感動でしたし、合いの手も完璧でうれしかったです。

 

・安倍なつみ

スクリーン」と「恋のテレフォン GOAL」を歌っていました。

スクリーン」は昼公演では合いの手は入りませんでしたが、夜公演で「なっちコール」が入りました。まだまだ開発途上中の曲だと思うので、これからに期待です。

恋のテレフォン GOAL」は盛り上がってよかったんですが、なぜその曲なんですか? という気がしないでもないです。

アップテンポの曲は「スクリーン」でやったので、しっとりおとなっちな曲を聞きたかったかな? 「学生時代」でもいいんです。

でも一番聞きたかったのは、最新アルバム曲の「微風」かな? でも分かる人がどれくらいいるかというと……。

昼公演で安倍さん、たこ焼き食べて元気です。って言ってました。やっぱり大阪に来るとたこ焼きなんですね。

 

・飯田圭織

エーゲ海に抱かれて」を歌っていました。

やっぱりこれは名曲だと思いますよ。いろんな感情がこみ上げてきて泣いてしまいました。

 

……とここまできたらつい矢口真里さんの「センチメンタル南向き」を期待してしまいましたが、それはなし。残念。

その代わり「モーニング娘。誕生10年記念隊」の「十年愛」を歌ってました。なんか沁みますねこの曲。

 

・タンポポ

たんぽぽ」を飯田圭織、矢口真里、石川梨華、紺野あさ美、柴田あゆみで歌っていました。

曲イントロが流れた瞬間、涙出ましたよ。

真野恵里菜さんが「ラララ-ソソソ」の全国キャンペーンでこの曲を歌っていたから、なんとなく免疫は出来てると思ってましたが、本物が歌ったらそんなの関係なかったです。

 

・プッチモニ

BABY! 恋にKNOCK OUT!」を保田圭、吉澤ひとみ、小川麻琴でやってました。てか、この3人の組み合わせって初めて見ましたよ。

 

・メロン記念日

ライブ定番曲「This is 運命」で会場が揺れたのはいいとして、以前Wもカバーしてた「GIVE ME UP」を歌っていたのが意外。

しかもスタンドマイクをバトンのように操りながら歌う姿は、どこかフレディ・マーキュリー。さすがにスタンドマイクを真上に向けたりはしてませんでしたが。

 

・松浦亜弥

I KNOW」「100回のKISS」「Yeah!めっちゃホリディ」「きずな」と、結構多く選曲されていました。

さて、亜弥さん年明け早々足の指を骨折するというアクシデントに見舞われたわけですが、そのことをライブ冒頭でもお詫びしてました。

夜公演では「牛乳飲んでカルシウム採ってます」とのコメントも聞けました。

実際、ダンスの動きは鈍いものの、あそこまで動ければたいしたものです。

時々、ダルそ~にライブしてる亜弥さんの姿を見慣れてる人からすれば、あれくらいなんでもないことです(笑)

とはいえ、この日の亜弥さんは歌声が素晴らしかったです。

特にラストの「NEVER FORGET」ではサビ最後の一番おいしい部分をソロで歌ってたんですが、娘。メンバーよりも数倍感動的に歌ってましたね。さすがいいトコ取り!

 

・藤本美貴

ブギートレイン’03」を歌ってました。「置き手紙」を歌うと思いきや、この歌を歌うとは、意外や意外。ブリブリな美貴さんが見れて感激でした。

 

・GAM

Thanks!」を歌ってました。もしかしたら再結成あるかも~、と期待してましたけども、来ましたね。GAM。感激です。

 

・美勇伝

再結成といえばこちらもこの場限りの再結成が見れました。

愛~スイートルーム~」「恋するエンジェルハート」が選曲。文句なしでしょう。

美勇伝やってるときの石川さんって、本当にいい表情しますね。

 

・音楽ガッタス

COME TOGETHER」と「鳴り始めた恋のBell」を歌ってました。これも順当。

ここではのっちこと能登有沙さんの動きがすごく良くて、つい目が行ってしまいました。

 

・青色7

ものすごく意外にも「青いスポーツカーの男」が聞けました。まさか、最後の最後でコレが見れるとは感激でした。赤、青、黄では、この曲が一番好きだったので感無量でしたよ。

最近は、Zo-3ギターといえば、Buono!で鈴木愛理さんが赤いモデルを持ってる姿が印象的ですが、先に青いZo-3ギターを使ったのは青色7なんですから、オリジナルの姿を見せ付けられた思いでした。

とにかく飯田さんと矢口さんのハジけてる姿が良かった!

 

・稲葉貴子&前田有紀

意外といえばこの二人で「MAGIC OF LOVE」を歌ってました。

とにかく歌唱力のあるこの二人のハーモニーは素晴らしくて、このライブの裏の一番の見どころだったかもしれません。

 

・真野恵里菜

エルダークラブに真野恵里菜さんがゲスト出演されてました。歌うはもちろん「ラララ-ソソソ

この人の場合、公演ごとに少しずつ成長してるのが分かるというか、その過程を追いかけたい衝動に駆られて、つい応援したくなりますね。インディーズ好きな性格なのでしょうがないですけど。

んで、昼公演と夜公演でトークをしていましたが、ちゃんと昼と夜で内容を変えてました。

昼……舞台袖で中澤裕子さんからほめられたそう。それを言われた裕子さん照れくさそうな表情をされてました。

夜……真剣な表情で弾き語りをしてるところを、もっと笑顔で歌った方がいいよ、と藤本美貴さんに指摘されたそう。

真野さん、ハロプロでもこの2人をいじれるとはなかなかやりますな。意外と世渡り上手なのかも。

 

○トーク

・VTR
10年の歴史を持つハロプロの秘蔵映像から、メンバーの昔の姿を映し出す「あの頃君は若かった」というコーナーをやっていました。

ファンからすれば貴重映像ということでうれしい限りですが、映像を流された本人は恥ずかしくて悲鳴を上げずにおれないという恐ろしいコーナー。

昼公演

①稲葉貴子さん……アフロ姿が披露。さらには「アイドルをさがせ!」の番組内で挑戦してた空中ブランコの映像も流れました。

 

②中澤裕子さん……演歌デビュー当時の映像が流れました。和服姿が艶っぽい♪ 「アイドルをさがせ!」の番組内でお酒を飲んだことがあったそうですが、あまりに飲みすぎてベロベロに酔っ払ってしまい、当時お蔵入りになっていた映像が見れました。なんかすごく陽気な裕子さんが見れました。

その映像を見た安倍さんが大爆笑してたのが印象的(笑)

 

夜公演

①三好絵梨香&岡田唯……美勇伝でのリハーサル風景が流れます。二人を映してるはずなのに、なぜか突然石川さんが割り込んできて、画面を独占。

三好&岡田さんによると、ふたりで練習してるといつも石川さんが邪魔をしに来るのだとか。またカメラがあると独占して、いいトコ取りばかりしてるのだとか。

あ~、やっぱりこのふたり石川さんがいないとぶっちゃけてくれて面白いですね~。

が、次の瞬間岡田さんが「石川さんはいい人です……」と申し訳なさそうに言います。どうやら舞台袖から石川さんが、超見てたようです(笑)あ~これは後でお説教ですか??

 

②里田まいさん……モーニング娘。4期メンバーオーディション当時の映像が流れます。今の面影はほとんどなく、完全に素人の映像です! 本人も認めてましたがアレはひどい! てか、この映像を流してもいいとOKを出した事務所もひどい、と里田さん抗議。

なんでも他のメンバーは、あまりにひどい映像を出すと、ライブに支障が出るから軽めの映像を選んだそうですが、里田さんは大丈夫だろうとかなり衝撃の映像を選んだのだとか。確かに当時ASAYANでも流れなかったすごいレアな映像でした。

で、里田さん案の定その後のライブでも支障が出たようで、舞台裏でかなり凹んだようです。

 

ところで、このVTRですが、なんとなく大阪公演にあわせて関西出身メンバーが選ばれていた感じですね。

本来なら、里田さんではなく亜弥さんが選ばれてもおかしくなかった感じもありますが。「亜弥のDNA」の頃の映像とか見たかったな~。

 

・音楽ガッタス

今の感想を一言で表すと?

昼公演

石川梨華……「HAPPY!」→客「HAPPY!」

紺野あさ美……「完璧です」

里田まいさんは200文字以内でまとめるように指示されると、「わたしは一発芸を持ってないので……」と謙遜気味。

 

夜公演

石川梨華……「どっすーん!」

コレを見た吉澤さん聞き捨てなら無い様子で、本物を見せてやると言い出します。「見ときいや」と吉澤さんの得意のエセ大阪弁も飛び出します。で、本家本元の「どっすーん!」が見れて大満足。

紺野あさ美……「HAPPY!」

これは紺野さんがうまかったですね。でも石川さんも負けじと本物の「HAPPY!」を見せるとエセ大阪弁ですごみます。で、本家本元の「HAPPY!」を披露。

里田まいさんには再び200文字以内での感想を求められますが、VTRコーナーでのショックから立ち直れず、コメントできず(笑)

 

・藤本美貴さん

Hello! Projectで学んだことについての質問で、「団体行動ができるようになった」と振り返ります。

が、客席からはえぇ~!?と笑いとブーイングが(笑)

もしかしたらトーク部分で一番盛り上がった瞬間だったかも。

 

というわけで、エルダークラブ大阪公演終了しました。

これで本当に見納めかと思うと、なんだか寂しいですね。

もちろん各メンバーはそれぞれソロ活動するから、見ようと思えば見れますけど、みんなが集まってお祭り騒ぎをするのはもう無いんですね。

とても楽しいひと時でした。エルダーメンバーに敬意を表したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

モーニング娘。誕生10年記念隊コンサートツアー2007夏 ~サンキュー My Dearest~ / 新歌舞伎座

ってまいりました。

モーニング娘。誕生10年記念隊の大阪公演。

わたくしが参戦したのは8/19の昼夜公演です。

毎度のごとく、激しくネタバレしておりますのでお気をつけくださいませ……。

 

 

感想に入る前に。

8/19の夜公演にて、後藤真希さんがライブ中に体調不良でステージを降りられました。

ライブ終盤の激しい曲が続くあたりから、急に後藤さんの姿が見えなくなりましたが、ライブは何事もないかのように進行していき、特に説明もなくそのままアンコールへ突入。

異変に気づいたお客さんたちは、すぐに機転を利かせて、アンコールでは急きょ「ごっちん」コールになりました。

アンコール明けのMCにて安倍なつみさんより、後藤さんが体調不良を訴えたため、大事を取ってそのままステージを降りることになった、と簡単に説明がありました。

それ以上の詳しい説明はなく、またライブは後藤さん抜きで進行していきました。

後藤さんの公式ブログで、ココ最近「体調が良くない」といった内容の言葉が見られていたので、その影響かもしれません。

また、猛暑の中、3日間6公演のライブというスケジュールで大分疲労がたまっていたのかもしれません。

8/21には韓国にてライブイベントの出演がありますし、そちらに影響が出ないように考慮されたのかもしれません。

 

また身重の飯田圭織さんは無理はできない、ということで全部の曲には参加されていませんでした。

コレに関しては、見てる側が心配してしまうので、休める所では休んでもらえたので少し安心しました。

激しい曲に飯田さんがいるとハラハラしてしまいますよ。全く。

飯田さんがあまり見れない、という難点はありますが……。

 

さて、わたくしこのライブは本当は昼公演だけを見に行きました。

が、ライブが楽しかったので、急きょ夜公演も見ることに。

その最大の理由はやっぱり、セットリストでしょうか。とにかく徹底してました。

初期モーニング娘。の曲だけにこだわった選曲は、ある意味一か八かのギャンブルみたいなセットリストで、特定のファン層だけをターゲットにした内容はあまりにも潔くって、わたくしはこんなセットリストを作ってしまった製作側に拍手を送る意味で、夜公演にも参戦しました。

10年記念隊と各メンバーの最新のソロ曲を除けば、「モーニングコーヒー」から「ハッピーサマーウエディング」までの期間のモーニング娘。の曲だけを選曲していました。(一曲だけタンポポの曲があった)

シングルは「モーニングコーヒー」「抱いてHOLD ON ME!」「真夏の光線」「LOVEマシーン」「恋のダンスサイト」「ハッピーサマーウエディング」が選曲されてました。

最近の娘。のライブではあまり聞けない曲をやっていたので、ちょっと新鮮でした。それを飯田圭織さんや安倍なつみさん、後藤真希さんがやってるのですから、「本物」なわけですし。

 

それ以上に感動的だったのはアルバム曲の多さ!

1stアルバムからは「未来の扉」

2ndアルバムからは「Night of Tokyo City」「パパに似ている彼」「乙女の心理学」

3rdアルバムからは「愛車ローンで」

さらにはc/wからは「Never Forget」「恋の始発列車」「Happy Night」

そしてタンポポの曲は「ラストキッス」が。この選曲も憎いです。

 

……最近のファンの方々はちゃんとこのライブについてこれたのでしょうか?? 少なくとも新垣里沙さん目当てで3日間参戦されてた、隣人様のへっとずぴかるさんは、知らない曲があったとおっしゃってました。さらには久住小春さん目当てで来てた小学生とかはどうだったのでしょうか??

こーゆー視点で見ると、えらく難易度の高い、ファン層を絞り込みすぎたようなセットリストに仕上がってます。

まあでも「ハロプロにはこーゆー曲もあったんだ!」と新たな発見になって、過去のハロプロ曲を再発掘するキッカケになっていれば一番良いと思います。

でも……な~んとなく会場のファン層はどっちかというと年齢高めのお方が多いように感じたので、エルダーファンの方々ばかりだったのではないかと思います。その辺は、心配なかったかな??

それを見越した上での今回のセットリストであるならば、製作側の思惑通りの集客が出来ていたと思われます。

 

バッサリと言ってしまえば「懐メロライブ」だったわけですが、それはそれでよかったと思います。

こーゆーのもたまにはいいもんです。過去を振り返ることは別に悪いことではありません。温故知新、って言葉があるとおり、過去から学ぶこともたくさんありますし。

そして、なによりモーニング娘。が10年も続いて、今回のような記念のライブツアーが行えること自体が素晴らしいことだと思います。

初期のファンが初期のメンバーと共に、その当時の曲を振り返ることが出来ること自体が幸せです。

メンバーがMCでおっしゃってましたが、15年記念隊、20年記念隊とやっていければもっと素晴らしいですね。

 

んで、このライブのセットリストで不満点をみっつばかり挙げると、まず久住小春さんのソロコーナーでの「ハッピー☆彡

わたくしは「はなをぷーん」をやってくれるものだとばかり思ってましたが……残念です(笑)娘。秋ツアーに期待です。

そしてもうひとつはライブオープニングの「モーニングコーヒー

いや、この曲をやること自体はいいんですけど、同じやるのならフルコーラスでやってほしかったです。

1コーラスしかやってないから「なっちコール」はできたのですが、2コーラス目の「かおりコール」ができなかったのが痛すぎです。

せっかく二人がそろってるんですから、飯田さん安倍さんともに声援を送りたいじゃないですか! そこだけはご立腹!!

んで三つ目は、10年記念隊の「十年愛」をやってくれなかったこと。

記念隊で一番聞きたかった曲だけに残念です……。

まあでも「未知なる未来へ」が予想以上に盛り上がったので、ソコはうれしかったです。

 

各メンバーの印象

○飯田圭織さん
シングル「ドアの向こうでBellが鳴ってた」のc/w「泣かずにいられない私です」を歌ってらして、わたくし最初曲が分かりませんでした。あとで調べて分かりました。

イージーリスニング風味のある曲なので、全く知らなくてもその場のノリで楽しめる曲でした。なので、会場も自然に手拍子や拍手が起きてました。

飯田さんのMCでは、ファンを気遣う姿が印象的でした。

会場には昔からの熱心なファンがいることが分かった上で、お互い歳も取ったので体には気をつけましょう、みたいな内容のことをおっしゃってました。

きっと飯田さんはファンを思う気持ちでおっしゃったのだと思うのですが、何かファンにしてみると、フクザツな感じですね。歳とった事実を突きつけられてるみたいで(笑)

 

○安倍なつみさん
シングル「Too far away ~女のこころ~」を歌ってました。

CDで聞いたときは、あっさりとした内容であまり印象に残っていなかったのですが、ライブで聞くといい曲ですね~。安倍さんのしっとりとした声質にもほれぼれ。

MCではあいかわらずの「カミカミなっち」でホッとさせられました(笑)

かむたびに会場から「えぇ~」と声が上がるもんだから、昼公演のアンコール明けのMCでは、安倍さんすねてステージを立ち去ろうとなさってました♪ その姿や「ハイハイ、かみましたよ」と逆ギレするトコのかわいいこと♪

MCでは全体的に母親口調でファンに語りかける姿が印象的。

なんと言いますか、田舎の母親が都会に出た息子にかける電話口での口調というか、やさしく包み込むようなしゃべり方だったのが面白かったです。

 

○後藤真希さん
夜公演の途中でステージを降りられたわけですが、直前までそんな様子はまったくないように感じました。

というより、後藤さんってポーカーフェイスだから、あんまり苦しいとか痛いとかいうのを表情に出さない人ですよね。そういうのが出てしまうのが恥ずかしい、と思っちゃうタイプなんでしょうね。ものすごいプロ根性だと思います。

シングル「シークレット」を歌ってましたが、安倍さん同様、CDで聞くとあっさりしてて印象に残ってませんでしたが、ライブで聞くとライブ効果でいい曲に聞こえちゃうんですよねコレが。

というわけで後藤さんの秋ツアーが楽しみになってきました♪

MCでは後藤家の日常を語ってらっしゃいました。犬の散歩の途中で出来事、ということで大した内容ではないのですが、後藤さん独特の空気感で面白トークに聞こえてしまうから不思議ですね。

……そういえば、犬の散歩の途中、川原でエイが岸に打ち上げられているのを目撃したというトークは、どこまでホントなのか分からん感じが面白かったです。

 

○新垣里沙さん
この日は新垣さんファンが結構多かったように感じました。声援も大きかったですし。

それに応えたかったのか、新垣さんの動きがものすごく激しかったです。

飛ばしすぎじゃない? って思うくらいダンスしていたのが印象的。新垣さんってこんなにエネルギッシュだったっけ? と思うほどステキでした♪

娘。のツアーと比べて人数が少ないから、新垣さんが普段以上によく見えていたということなのかもしれませんが、今回のツアーでは新垣さんの存在が結構大きいように感じました。そういう意味では娘。のツアーよりも新垣さんが光ってました。

ソロコーナーでは「Never Forget」を歌ってましたが、これが良かったですね~。ずいぶん歌がうまくなったな~と思わせてくれました。

ところで、とあるMCで安倍さんが新垣さんのことを「ガキんちょさん」と呼んでました。なんとなくこう呼びたかったから言っただけ、とのことですが……なんか気に入ってしまいました♪

 

○久住小春さん
この人はとにかくマイペース♪

何なんでしょうね~。偉大な先輩を前にして臆することなく、自由に泳ぎまわる人魚姫、といったところでしょうか??

ダンス自体は激しくないのですが、とにかくヘンテコな動きばかりされてて、常にわたくし小春さんのことが気になりっぱなし! 見るな! と言われても無理です(笑)

新垣さんとのMCでも、新垣さんが一生懸命言った先輩から学んだありがた~いお言葉に対して「ふ~ん」とか「良かったですね」とか、バッサリ切り捨てるような言葉で強制終了させたりと、とにかく小春さん面白すぎ!

そりゃ新垣さんからも「自分の言いたいことだけ言ったら、あとは興味ないでしょ」とおしかりを受けるわけですよ(笑)

DVDパンフレットでも、クイズコーナーを無理やり仕切ってグダグダの小春ワールド全開にしていたのも面白かった!(ココ最近のDVDで一番面白かった)

やっぱりこの人ってすごいな~。悪意なく、ゴリ押しで自分勝手に物事を推し進める姿は、まさにミラクルです。

というわけで、ただいまわたくしの中で「小春さん指数」上昇中♪

 

今回の10年記念隊のライブで思ったのは、新垣さんと小春さんが存在感あったな、ということでした。

これだけ「懐メロ」なセットリストを全盛期の娘。メンバーだった方々が歌えば、普通新垣さんや小春さんの存在はかすんでしまうと思うのですが、まったくそんなことありませんでした。

上に書いたとおり、ふたりともちゃんと自分の存在をアピールされていました。

あとこのふたりを見て思ったのは、ちゃんとモーニング娘。というのは先輩から後輩に託されているんだな、ということ。

マジメな新垣さんは先輩メンバーの教えや信念をキチンと受け継いでいますし、自由な小春さんは娘。のバラエティーな部分や面白い部分を受け継いでいます。

このふたりを見ているだけでも、今の娘。もまだまだ安泰だな、と安心させられるものがありました。

 

最後に、

新歌舞伎座」という普段は演歌系の歌手の方がコンサートを行う場所でのライブだったわけですが、会場の入り口にこんなキチンとした看板(?)をあしらっていたのが印象的でした。夜公演が終わったときにはライトアップされた看板がとてもキレイでした。

というわけで記念撮影してみました♪

10th

てか、みんな同じコト考えていたみたいで、そこらじゅうカメラで撮影している人がたくさんいらっしゃいました♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

おめでとうございます

当は記事にしないつもりでしたが、ハロプロ公式サイトから飯田さんの結婚についてのコメントが出ていたので、ちょこっとだけ書いてみることにします。

すでにニュースなどで取り上げられている通り、飯田圭織さんが結婚されることになりました。

結婚までのいきさつはさておき、まずはお祝いをしたいと思います。おめでとうございます~。

 

わたくしはハタチを超えたソロ活動しているハロプロメンバーに関しては、この手の話題がいつ出てきてもいいような覚悟をしております。

突然のことなのでびっくりはしましたけど。

年齢的なこと以上に、ソロ活動しているからには様々なリスクや責任を全て自分で取る覚悟のうえでの決断であると思っているので、別に深く追求するつもりはありません。(元々追求するブログでもないですけど)

本人が真剣に考えて選んだ道であるのならば、わたくしは彼女たちにエールを送るだけです。それ以上でもそれ以下でもありません。

ちょっと冷たい言い方になりましたけど、別にキモチが冷めたとかいう訳ではありませんので。

 

一番気になっていたのは、ハロプロ公式の扱いでした。

コメントを見ていると、事実関係を述べただけのあっさりした内容です。

ただ、コレは見方によっては祝福ムードであると捉えることが出来そうですね。つんく♂さんのお祝いメッセージとかあるし。

心配されたモーニング娘。誕生10年記念隊のライブツアーには参加されるようですが、あまり無理をしないでほしいですね。

わたくしは8/19の大阪公演を見に行きますが、きっとそこで飯田さん本人から結婚に関する報告を聞けるでしょう。またメンバーからの祝福もあるでしょう。

それを見たら、わたくしは感動で泣いてしまうかもしれません。

てか、ハロプロメンバー本人が結婚の報告をステージで行う日が来るとは……ホント今年は異例尽くめですな。

まだ報告するって決まったわけじゃないけど、報告しなかったら怒ります♪

 

てか、ハロプロメンバーが産休、って言葉をフツーに使うときが来るとは思ってもみませんでしたが……。

 

ところで、ポケットモーニング娘。の「アーティストQ&A(2007/07/05)」にて、Berryz工房のみなさんが「最近見た夢を教えてください」という質問に答えてらっしゃいます。

その中で菅谷梨沙子さんが「自分がウエディングドレスを着てた夢」と答えてらっしゃるのに、ハラハラドキドキしてるんですけど……。

年齢に関係なく女の子はそーゆーのに憧れるモノなのですな~(潜在的に)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PopJamに10年記念隊

2/3放送のPopJamにモーニング娘。10年記念隊が出演しました。

歌の前には、トークコーナーMCの桜塚やっくんとのトークがありました。

モーニング娘。がデビューして今年で10年目ということで、それぞれのメンバーに「10年前何してた?」との質問が。

Pj10004

10年前は4歳でした」と小春さん。このひと言にモーニング娘。の歴史の長さが伝わってまいります。

新垣さんは「8歳で小学2年生でした」ということで、普通にテレビで見ていたとのこと。

よく「10年もたてば小学生も高校生になる」みたいな言い回しがありますが、まさに新垣さんがそれに当てはまりますね。

Pj10006

一方1期メンバーの飯田さんと安倍さんは、デビュー当時は16歳でしたということで、PopJam初登場時の映像が流されてしまいます。てか流れなきゃウソです(笑)

Pj10007

モーニング娘。というグループについて、身振り手振りをつけながら熱く語る飯田さん。

てか本人が一番ウケてますね。わたくしはこの「熱い飯田さん」がすごく好きなんですけどね~。

安倍さん曰く、このときの歌衣装はひとつしかなくて、ずっと同じのを着ていたそう。またこの衣装で電車に乗ってキャンペーンにも行っていたとか。

10年目だからこそ明かすことのできる当時の苦労話ですな~。

Pj10008

当時眉毛がりりしかったことをやっくんから指摘される安倍さん。

まさにこの映像を、当時ビジネスホテル住まいだったメンバーが、一室に集まって見ていたそうで、「あ~ウチらダサい。もっとがんばんなきゃな」って言い合ったそう。

なるほど、この時の誓いがあって今のモーニング娘。があるのですね。

 

さらに紅白歌合戦の話題に移ります。

メンバーそれぞれの紅白の思い出について語ってくれました。

Pj10009

新垣さんは2001年、モーニング娘。加入当時での初出演が一番印象に残っているとのこと。

今まではテレビで見ていた紅白に自分が出演できたことに感動されたようです。

 

安倍さんは、卒業前にモーニング娘。として最後の出演を挙げてらっしゃいました。

当時「Go Girl ~恋のヴィクトリー~」で、ステージ上で早着替えをしたのが印象に残っているそう。

 

後藤真希さんは、モーニング娘。を卒業した翌年、ソロで紅白に出場したときのことを。

Pj10010

この時はオリジナル曲ではなく杏里さんの「オリビアを聴くきながら」を歌ってらっしゃいましたね。また髪をバッサリ切ってショートになってます。

 

飯田さんも、モーニング娘。として最後の出演となった年を挙げてらっしゃいました。

そこで目立とうと思い、髪の毛に羽根をつけたそう。何時間もかけて。

これは指示があったわけではなくて、個人的にやっていたとのこと。わたくしそーゆー熱い飯田さんがすごく好きです。

 

小春さんはこの間の2006年の紅白を挙げてました。

ステージの高い位置に登場して、歌いながら階段を降りてくる場面があったそうで、転ばないように気をつけていたのが印象に残っているとか。

もうちょっと他にありそうなもんですが、小春さんなりに一生懸命だったのでしょう。

 

飯田さんよりまとめとして、紅白に向けて演出や衣装を考えていく、みんなでひとつのものを作っていく団結感がいいのだそうです。

比較にはならないかもしれませんが、感覚的には文化祭に向けて色々準備をしていく様子に近いのかもしれないですね。

 

Pj10013

歌部分はいつものNHKホールではなく、スタジオにて。

Pj10014

客前で歌うことで緊迫感と臨場感が出るのがPopJam最大の魅力なので、これはちょっと物足りないかな。

Pj10015

照明が明るいのでメンバーの顔が良く見えますが、いわゆるフツーの歌映像ですね。

Pj10016

今回の曲はしっとり系なので、みなさん神妙な表情ですね。

Pj10017

この方は笑顔ですけど(笑)

Pj10018

こはっピンクなこの方も、ここではちょっとおとなしめ。またひとつ違った表情が見れたような気がします。

Pj10020

歌の後半部分からは紙ふぶきが舞っていて、全くPopJamらしくないですね~。

 

今回の曲を聞いていて思うのが、小春さんの子供っぽいボーカルから、オトナっぽい飯田さんまで、声質にばらつきがあります。

聞き様によってはバラバラな感じがしますが、これはまさにモーニング娘。デビュー当時の感じに近いですね。

静かな曲だけに余計際立って聞こえます。

つんく♂さんもこのボーカルのバラつきは狙っていたのかもしれません。

これが言いか悪いかは別として、最近のまとまりあるモーニング娘。のボーカルになれた耳にはすごく新鮮に聞こえます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

僕らが生きる MY ASIA / モーニング娘。誕生10周年記念隊

10

「僕らが生きる MY ASIA / モーニング娘。誕生10周年記念隊」

いきなり個人的な感想で申し訳ないですが、ただいまこの曲にどハマリ中です。

ちょいとここんとこ多忙でお疲れ気味なせいか、このゆったり、ほのぼの、ほんわか、ふんわりな曲がえらく染みてまいります。

いや実際曲そのものの出来は素晴らしくて、リピートすればするほど味が出てきます。

あまりクドいアレンジにしないで、サラッとあっさり聞かせてるのがポイントなのかも。

 

そんな中意外とドラムの音がしっかり鳴ってるのがポイントですね。

打ち込みのようですけど、バスドラがちゃんとボトムを支えてます。

あとスネアの音が乾いてて、抜けて聞こえるのがさわやか感を出してます。

案外このドラムの音の効果は大きいかも??

 

いわゆる元気なハロプロの曲ではありませんが、時々つんく♂さんてこーゆー曲作りますよね? なにかの周期でもあるのでしょうか??

モーニング娘。誕生10周年記念隊」というユニット名から想像すると、ハジけまくったモノを想像しがちですけど、結構肩透かし食らった感じですね。

というより、軽くいなされた感じかな?

こんなユニット名つけて記念シングルをリリースするとなれば、まず注目されますから、そこをあえて外して予想を裏切るようなものを出してきた度胸をほめたいです。

フツーの感性ならこうはしないでしょ?

んでもって、カップリング曲がさらに神経を逆なですると(笑)

 

ユニットの構成も面白いですね。

人数が5人というのは、モーニング娘。デビュー当時の人数に引っかけてあるのでしょうけど、この全体的なバラバラ感はある意味奇跡的かも。

こちらもフツーなら、人気や歌唱力等で選びそうなものですけど、やはりあえて外してる感があります。

……とはいえ、安倍なつみさんや後藤真希さんがいる時点ですでに「モーニング娘。の顔」ですし、現メンバーから選出された新垣里沙さんと久住小春さんはメンバー内でもっとも頭角を表している人ですから、見ようによってはわりと納得のいく選び方のようにも感じます。

ですが、今回の人選でもっともうれしかったのは飯田圭織さんでした。

単純に、久しぶりに飯田さんの歌声が聞けてうれしかった、というのもありますが、このユニット抜擢で一番喜んでいるのは飯田さん本人なのではないかな~?? と勝手に想像しているからです。

飯田さんのモーニング娘。にかける愛情は、ハロプロメンバー内でも屈指の存在ですから、ユニットのメンバーに選ばれたときに飯田さん泣いてしまったんではないか?? と勝手に妄想してたりします。

「僕らが生きる MY ASIA」は、飯田さんのイメージに合ってると思うので、飯田さんのソロバージョンというのを聞いてみたいですね。

てか、先日参戦したエルダークラブのライブでは飯田さん、2005年リリースのアルバム曲を歌ってましたから……。

新曲がないなら、せめてこの「僕らが生きる MY ASIA」を持ち歌にしてください、って思ったりします。

 

と、ここまで飯田さんのことを書きましたが、この曲に一番ハマっていると思ったのは、実は後藤さんでした。

サヨナラのLOVE SONG」や「スッピンと涙。」といったタイプのバラードと肩を並べるくらい、後藤さんのボーカルが堪能できる曲だと感じました。

なので、次の後藤さんのアルバムにはこの「僕らが生きる MY ASIA」の後藤さんバージョンを収録して欲しい……てか、こっちが言わなくてもやってくれてそうな期待があったりします。

ライブでもぜひお願いしますです。多分泣けます。

 

十年愛
シングル曲とは別の意味でどハマリ中。

なんでしょう? 変にクセになるメロディーラインに麻薬的な魅力があって、頭から離れませんです。

知らず知らずの内に鼻歌を歌わされていたりする、なかなかあなどれない隠れた名曲だと思います。

 

この曲は安倍さんがハマってるように聞こえます。てか、安倍さんの次のアルバムに「安倍なつみバージョン」を収録してください。ライブでもお願いします。

バックコーラスはもちろん「シュラシュシュシュ」の部分も安倍さんで♪

曲全体を覆う、あか抜けない雰囲気やドロドロ感がなんともいい味出してます。

歌う人の人生の積み重ねがあればあるほど、熟成された魅力が出る曲なので、お姉さんほどいい味で歌ってらっしゃいますね。

じゃあ、この曲を中澤裕子さんが歌ったら……リアルになりそうでそれはそれで怖そ♪

 

この曲の2番の歌詞からモーニング娘。の歴代シングル曲のタイトルが歌詞に出てきます。

曲タイトルそのままズバリのものもあれば、「愛の機械」と少しひねったものもあり、どこにどう埋め込まれているのか探し出す楽しみもあります。

愛をくださいな」の部分は、やっぱり「Mr.Moonlight~愛のビッグバンド~」でしょうね??

わたくしは最初、後藤真希さんの「抱いてよ!PLEASE GO ON」かと思いました。

 

歌詞の一番最後に、一応オチらしいものがついてまして、わたくしその部分が気に入ってしまいました。

とはいえ、そこまで面白いものではないので、ココではあえて書かないでおきます。

文章にして説明したらかえってつまらなくなると思うので……。この部分は実際に歌で聞いたほうが面白いと思います。

なんというか、ハロプロっていい意味でのいい加減さが魅力だな~と改めて思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

イライラゲームにTEAM ハロプロ

9/5放送の「豪華芸能人が大集結 1発勝負で賞金ゲット イライラゲームランド」にハロプロメンバーが出演。

Igt001

TEAM ハロプロとして飯田圭織さん、辻希美さん、里田まいさんが参加。なかなかめずらしい取り合わせですね。

てか、飯田さんと辻さんは元教育係コンビですね。里田さんは最近フジテレビ系によく出演されています。

この番組は、出来そうで出来ないミニゲームに挑戦して、成功すれば次のステージに進み、最終ゲームをクリアすれば賞金がもらえるというもの。

TEAM ハロプロが挑戦したのは、スティックキャッチ。上から落ちてくるスティックをタイミングよくつかむという、シンプルなゲームですが反射神経がモノを言うむずかしいゲームです。

Igt002

トップバッターは飯田さん。

コレは、同時に落下してくるとはいえ、両手で2本のスティックをつかむところがむずかしそうですね。1本なら何とかなりそうですけど。

このスティックを落下させるボタンを押すのは司会の内村光良さん。反射神経だけでなく、内村さんがいつボタンを押すのか? という駆け引きも重要です。

Igt003

その内村さんにフェイントをかけられ、見事に引っかかった飯田さん。失敗です。

なんだかうれしそうにも見えます♪

Igt004

続いては里田さん。この方は運動神経バツグンですから期待が持てます。

Igt005

が、内村さんのボタンを押しそうで押さないフェイント攻撃にあいます。ゲームに参加してない辻さんが緊張してます♪

Igt006

里田さん、内村さんがボタンを押す動きに合わせて、スティックをキャッチしようとするものの、タイミングが早すぎて失敗。

残るは辻さんただひとり。辻さんが失敗すればTEAM ハロプロはココでリタイアになります。

Igt007

責任重大の辻さん。緊張を隠しきれない様子。

Igt008

辻さんスティックの位置を確認。落下してからつかむまでのタイミングを計ってるようです。

が、内村さんのフェイント攻撃にあうと、辻さんちょっとむくれてしまいます♪

Igt009

スティックを落下させないように手で押さえて「ふさいじゃうよ!」

さすがルール・ブレイカーの辻さん。やることが違います! てかここはハロモニではありません(笑)

Igt010

気を取り直していざ勝負!

が、しかし手の構える位置が高すぎたためか、スティックをつかみそこなってしまい失敗!

Igt011

もう少し低い位置で構えていたらキャッチできていたかもしれないのですが、惜しかったです。ちゃんとスティックの落下に反応できていただけに残念!

TEAM ハロプロはココでリタイア。出演もココまでです。

Igt012

落胆を隠し切れない辻さん。よっぽどゲーム失敗がショックだったようです。

Igt013

が、ココまでの出演は「ノー編集」ですと聞いて機嫌を直す辻さん♪ そっちですか!

てか飯田さんものすごく申し訳なさそうなお顔をなさってるんですけど……「ウチの娘がワガママ言って……」とでも言いたげです(笑)

 

ところでこの日の辻さん、普段とちょっと雰囲気が違ってましたね。

Igt014_1

まず前髪がパッツンになってました。また髪の色が明るくなっていたせいか、眉毛がクッキリと見えていたのも印象的。両サイドの長い髪の束もなくなりました。

衣装は辻さんの大好きなピンクでひらひら付き。いつも以上に大きなリボンもピンク。極めつけは、ピンクのリボンの形をしたピアス。

要するに幼くなってます♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8/16のテレビ番組

8/16はハロプロメンバーの出演した番組が三本もありました。

というわけで順を追って書いてみます。……でも番組の内容には深くは触れません。まあ、こんな感じでしたと、浅~く書きます。

 

クイズ!ヘキサゴンⅡ

ここに出演されたのは中澤裕子さん。

Hii003

番組開始前に行なわれたペーパーテストの結果が、福田沙記さん(15)と最下位争いになりショックを受ける中澤裕子さん(33)。

Hii004

一点差で福田さんに勝利し大喜びの裕子さん。司会の島田紳助さんが止めに入ってます。

一般の方に裕子さんの写真を見せて、これは誰であるかを当ててもらう芸能人知名度アンケートコーナーでは、元モーニング娘。であることは分るものの名前を当ててもらえない裕子さん。

Hii005

クイズの成績も悪い上、知名度もイマイチで、ちょっとご立腹の裕子さん。

Hii006

スネてます。てか可愛いです♪

 

ザ・チーター

ここには中澤裕子さんと飯田圭織さんが出演。

飯田さんがこの手のクイズのバラエティ番組に出演されるのはめずらしいですね。

Hii007

500円硬貨サイズのねずみの値段を当てる問題にて。

Hii008

意外にもペットの値段の相場が分っていた飯田さん。

Hii009

実は色々なモノの値段を知ってることをアピール。経済もちゃんとチェックされているとか。ホントですかっ!?

てか、飯田さん結構語ってます。こーゆー時の飯田さんて、何かスイッチ入った感じになるので好きです♪

Hii010

裕子さんはここでは飯田さんに任せておられるようで、あまり発言はなし。

Hii011

よくペットショップに足を運ぶという飯田さん。動物園代わりに行ってるとのコト。あ~それわたくしもよくやります。入園料いらないから気軽に足を運んでます(笑)

Hii012

まったく別の問題にて。珍回答をしてしまい、スタジオを騒然とさせてしまうおふたり。なんかすっごいいたずらっ子みたい♪

 

世界バリバリ☆バリュー

コチラに出演されたのは、辻希美さんと保田圭さん。このコンビは以前も同番組に出演されてましたね。意外と相性いいのかも??

てか辻さんを久しぶりに見ました。ケガの後に収録されたものなのでしょうか??

Hii000

クイズの答えに驚き、伸び上がっている辻さん。この瞬間だけ保田さんより背が高くなってます。推定身長165㎝の辻さんというところでしょうか? かっけ~。

てか、実はかなり露出の高い衣装の保田さん。がんばってます。

番組自体はおふたりの活躍は全くなし。発言すらありませんでした。残念。

Hii001

番組最後の部分。1個2万円もする特製スイカのお値段を聞いて驚く辻さんと保田さん。保田さん、辻さんの肩をわしづかみしてます。そんなに驚かなくても。

Hii002

高級スイカを食べてご満悦のお二人。毎度のことですが、提供がジャマです(笑)

辻さん少し髪飾りの趣向変えましたね。いつものリボンではなくコサージュです。しかも片方だけ。ちょっと大人っぽさを演出?? というより、より派手なのを選んだらコレになった、という気がしないでもないですけど(笑)

 

さて、今回思ったのはハロプロメンバーが結構ペアで出演しているな、ということでした。

辻&保田組は、以前もあった組み合わせで、この保護者といたずらっ子コンビはなかなかよく出来てると思います。

今回、裕子さんと飯田さんという、元モーニング娘。のリーダー2人組というコンビが結成されました。画的にかなり強力というか、強そうです。

ハロプロメンバーがひとりでテレビ出演していると、ちょっと不安そうにしてる印象があったりしますが、2人でいると相乗効果でちょっとだけ頼もしく見えます。

人数は2人だけど、2人以上のオーラが出てるといいますか。

こーゆー形態も面白いので、ユニットを越えて不特定のハロプロメンバーでの組み合わせの出演というのも色々見てみたいですね。

単にわたくしが、キッズのメンバーを連れた裕子さんを見たい、というだけの話ですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もしもツアーズに飯田圭織さん

8/5放送のもしもツアーズに飯田圭織さんが出演されました。日光5大滝ツアーと題して、華厳の滝などを見て回ってらっしゃいました。

Mti000

本日8/8は飯田圭織さん25歳の誕生日です。奇遇にも誕生日の日に飯田さんの記事を書くことが出来ました♪ 半分狙ってましたけど(笑)

ところで飯田さんずいぶん髪のびましたね~。エクステでしょうか??

Mti002

滝の横幅日本一という、湯滝を目の前にして、感想を述べる飯田さん。

Mti003

感想もどこか独創的。雄大な自然と、庶民的な扇風機を掛け合わせるあたりが常人とは違います。

Mti008

裏見の滝に移動した際の感想がコチラ。絵に描きたいとは、いかにも飯田さんらしい感想ですね。

Mti010

華厳の滝を見たときの感想。例えといい、リアクションといい、どこか芸術家のようです。

当たり障りのない感想ではなく、ちゃんと飯田さん流の感想になっているのがよかったです。

とはいえ、番組は観光地の紹介がメインなので、飯田さんが映ってる時間はとても短いのが残念ではありますが……。

 

さて、湯滝を前にして名物のおソバを食べている時に、天野さんからこのようなフリが出されます。

Mti004

サマーナイトタウンに合わせて「大キライ、大キライ、大キライ……」

Mti005

飯田さんいい笑顔です♪

Mti006

さすがに「あぁ~ん」は照れてますけど。

Mti014

番組のラストでは、LOVEマシーンに合わせてウドさんが即興の替え歌披露。

番組も飯田さん出演ということで気を遣ってるようです。

 

さて、番組恒例のウドさんのクイズコーナーにて。

Mti012

一瞬しか見えない滝は?」の問題に対して、即座に分る飯田さん。

Mti013

答えは「まばたき」。なるほど~。

てか、これは飯田さんの得意分野ですね。いかにも飯田さんが言いそうなダジャレです(笑)

普段はオトナっぽい飯田さんですけど、ダジャレを言う時は無邪気な子供みたいになりますね。そーゆー所もステキです♪

でもまさか、このウドさんのクイズをパクってメンバーに言ってたりしてないでしょうね??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごきげんように飯田圭織さん その3

6/20放送のごきげんよう飯田圭織さん出演3日目。この日も北海道は札幌からの放送です。

Gi3000

この日の衣装はこんな感じ。

オープニングトークでは占いコーナー。北海道にちなんで「北の占い」ということで、生年月日から北海道の名物になぞらえたタイプに分けて占います。

飯田さんのタイプは「カニタイプ」。結果は以下の通り。

Gi3002

占い前半部分はほめられてうれしそうでしたが、後半部分「飽きっぽい」という言葉に引っかかる飯田さん。自分はハマると長いから、飽きっぽいなんてことはないとおっしゃいます。なので恋も好きになったらずーっと続くとおっしゃいます。まあコレはアソビですから(笑)

Gi3003

でも久しぶりにちょっと ムキになる飯田さんが見れて良かった♪

 

この日のサイコロトークは「情けない話

Gi3004

モーニング娘。がインディーズで手売りしていた頃。

お母さんからは芸能界入りを反対されていたそう。東京なんかに行かずに、ちゃんと学校に行って普通の学生生活を送りなさい、と言われていたそうです。また離れ離れで暮らすことにも反対だったようです。

しかし、お父さんは「せっかく自分の夢が叶うんだから行って来い」とおっしゃったそう。

その後モーニング娘。のメジャーデビューが決まり、東京でひとり暮らしをすることになった時も、お母さんは涙ながらに「早く帰ってきなさい」と言っていたそうですが、お父さんは「行って来い。負けんじゃねえぞ」と励ましてたそうです。

普通はお父さんの方が芸能界入りを反対しそうなイメージありますけど、飯田パパは違うんですね~。

Gi3005

上京後モーニング娘。の活動が忙しくなり、家に連絡が取れない日が続いていたある日。突然深夜に実家から電話がかかってきたそう。

出てみると、すすり泣きが聞こえてきて飯田さんびっくりされたそう。どうやらそれはお父さんだったようで、「かおちゃんいつ帰ってくるの? 早く帰っておいで~」と泣きながら訴えてきたそう。どうやらお酒飲んで酔っ払ったら寂しくなったようです(笑)

Gi3006

それを聞いた飯田さん、励ましてくれていたお父さんだけど、本当は寂しかったんだなとその時になって気づいたそう。

今思うと「パパもそういう気持ちあったんだな」と可愛らしく思ってるようですが、当時は「情けないパパだな」と思ったそうです(笑)パパショック! 「親の心子知らず」ってヤツですね♪

最近はお父さんも落ち着いたそうですが、たまに一緒にお酒飲んでいて酔っ払うと「お前がいないと家で肩身が狭いんだよ」と訴えるそうです。う~ん哀愁ですねえ。って、肩身が狭いのは飯田さんとは関係ないのでは!?

Gi3007 

やはり地方から上京してくると、実家に残った親御さんは大変ですね。

単身上京する人もいますけど、メンバーによってはお母さんや兄弟と一緒に東京で暮らしてる人もいますからねえ。そうするとお父さんが地元でひとり寂しく暮らしてると……。もしかしたら、ホームシックで一番苦しんでるのはお父さんなのかも?? ホームシックとはちょっと違うか(笑)

 

さて今回で飯田さんの出演はおしまい。番組最後には告知がありました。

Gi3008

カジュアルディナーショーを札幌で行ないますとのコト。なるほど、今回の札幌収録に飯田さんが出演されたのはこういうからみだったのかも。

最近はディナーショーも東京以外でも行なわれてますからね、これからは色んな地域でやって欲しいですね。

 

さらに来週の木曜・金曜のごきげんように保田圭さんが出演されるようです。最近ハロプロメンバーの出演が続いてますね。この調子でどんどん出演しちゃってください♪

 

☆関連記事★

6/18 ごきげんように飯田圭織さん その1
6/20 ごきげんように飯田圭織さん その2
6/22  ごきげんように飯田圭織さん その3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごきげんように飯田圭織さん その2

G12000

週のごきげんようは、東京のスタジオを飛び出し北海道は札幌からお届け。札幌市教育文化会館というところで収録されたようです。

G12001

飯田さんは先週から引き続き二回目の登場です。ストリート風のワンピースを重ね着されてます。

今回収録が飯田さんの地元ということで、飯田さんちょっとテンション高め。なんでも空港に降り立った瞬間から空気の違いを実感されたようです。

空気が澄んでて「体内が透明になりそう」とおっしゃいますが、それは危ないです(笑)

オープニングトークでは、自分の北海道にまつわるトークということで「納豆に砂糖」。

北海道の方は納豆に砂糖混ぜるってよく聞きますね。

ハロプロメンバーには北海道出身が多いから、飯田さんみんなに確認されたようです。そしたらみなさん砂糖を入れるそうで、安心したとのコトですが、なぜか今日の会場ではビミョ~な反応。

G12002

会場に集まった方に挙手をしてもらったトコロ、納豆に砂糖を入れる人は全体の半分くらい。なるほど、みんながみんな砂糖を入れるわけではないのですね。ちなみに飯田さんは納豆には、卵と砂糖としょうゆを入れるのだそうです。

安倍なつみさんが先日、とあるラジオ番組に出演された時も、納豆に砂糖入れるとおっしゃってました。その時の安倍さんのコメントによると、納豆に砂糖を入れると「糸がふわっ」とするとのコト。で「砂糖がじゃりっ」とするそう。うん、すごく分かりやすいです(笑)

 

飯田さんのこの日のサイコロトークは「ピンチ!

G12004

飯田さん東京に出てきたばかりの16才の頃、方言がなかなか抜けなかったので苦労したそうです。

北海道では「捨てる」ことを「なげる」というそうです。

G12005

あるとき東京の人に「このゴミなげて」を言ったところ、相手の方に「ホントにいいの?」と聞き返されたそう。

G12006

うんお願い」と言ったら、相手の人に飯田さん目がけてゴミを投げつけられたとか。

そこで初めて「なげる」が方言だと気づいたそうです。「ボールを投げる」と同じだと勘違いされてしまったようです。

 

さらに電話を切ったり、別れのあいさつで「したっけね~」というのを使うそう。

これは「バイバイ」とか「さよなら」に相当するものだそうですが、これを別れ際に知らない人に言ったりすると逆に追いかけられてしまうそう。相手にしてみれば「今何て言ったの?」って感じだったのでしょうね(笑)

G12007

飯田さんはあまり方言を使うイメージはありませんが、やはり苦労されてたんですね。というわけで、飯田さん北海道出身の方はそういう言葉を使うことがあるから、気をつけてくださいねとのこと。

 

以前やってた安倍さんのラジオ「エアモニ」でも、この「したっけね~」を安倍さんよく使ってましたね~。安倍さんが言うととても可愛らしい♪ てかこの人なまり抜けませんね(笑)

余談ですが、わたくしが今までで一番驚いた北海道の言葉は、鳥のから揚げのことを「ザンギ」と呼ぶことでしょうか。北海道の友人がフツーに使っててびっくりした覚えがあります。

 

☆関連記事★

6/18 ごきげんように飯田圭織さん その1
6/20 ごきげんように飯田圭織さん その2
6/22  ごきげんように飯田圭織さん その3

| | コメント (0) | トラックバック (0)