カテゴリー「 保田圭」の15件の記事

Hello! Project 2009 Winter エルダークラブ公演~Thank you for your LOVE!~ / 大阪厚生年金会館

ってまいりました。エルダークラブのライブ。

エルダークラブの皆さんは今年の3月を持ってハロプロから卒業されるということで、こうしてエルダーのライブが見れるのも今回が最後。

というわけでしっかりと目に焼き付けてきました。

相当ネタばれしますので、知りたくない方はご注意を……。

 

 

ライブの流れはごくフツーのハロプロライブでした。各ソロメンバーやユニットごとのコーナーが設けてあったり、このライブだけの組み合わせの曲があったりと、まさにハロプロライブ。

ただ、今回の場合、2008年にリリースされたエルダー組の方々のCDが、安倍なつみさんの「スクリーン」、松浦亜弥さんの「きずな」くらいのもので、新曲披露の場とはなりませんでした。

さらに、今回でエルダークラブを見納めということもあってか、各メンバーともに新旧関係なく「代表曲」を歌っていたのが印象的。

まずライブ1曲目にモーニング娘。OGによる「I WISH」をやった時点で、このライブの方向性が分かるというもの。

「ああ、これはファンを泣かしにかかってるな」と実感いたしました。んで、わたくしこのライブで何度も泣きましたよ。

続いてエルダー全員で「I KNOW」とくれば、もうこれは皆で涙してお別れする懐メロ大会になるな、と思いました。

 

ところで、このライブのあった日は1/17。

石川梨華さんと矢口真里さんの誕生日が近いので、なにかあるかな? と思ってましたが、なにもなく終わりました。

本人からのコメントも特になし。

ちょっと肩透かしでした。

 

このエルダークラブのライブで仕事復帰となった飯田圭織さん。

髪も昔のようにきれいなロングヘアーに戻っていて、まったく違和感がありませんでした。

美しさとか、貫禄に一段と磨きがかかったな、というのが印象的でした。

 

○セットリスト

・モーニング娘。OG
ライブ1曲目の「I WISH」と、ライブ最後の「NEVER FORGET」がすごく印象的でした。どちらも涙なしでは聞けませんでしたよ。

NEVER FORGET」を歌う前後で中澤裕子さんが上を向いたりしながら、涙をこらえてる姿がとても印象的。もらい泣きしました。

娘。メドレーではまず中澤裕子、安倍なつみ、飯田圭織、保田圭、矢口真里での、

モーニングコーヒー」→「真夏の光線

が感動的。「モーニングコーヒー」での「なっちコール」は健在で、大阪厚生年金会館が揺れました。というより、この日は他の曲でも「なっちコール」がすさまじく、とにかく会場が声援で揺れる揺れる。この日のライブの目的の3割くらいは「なっちコール」をしに行ったようなものでした。

愛あらば IT’S ALL RIGHT」→「ザ☆ピ~ス!」→「LOVEマシーン

からは、石川梨華、吉澤ひとみ、紺野あさ美、小川麻琴、藤本美貴が加わります。

愛あらば IT’S ALL RIGHT」では再び「なっちコール」。

ザ☆ピ~ス!」では石川さんのセリフが聞けて、OGメンバーの石川さんイジりが面白かったです。

LOVEマシーン」では中澤裕子さんの「み・だ・ら」が聞けて感激。

 

・中澤裕子

悔し涙ポロリ」を歌っていました。

すごく久しぶりに聞けて感動でしたし、合いの手も完璧でうれしかったです。

 

・安倍なつみ

スクリーン」と「恋のテレフォン GOAL」を歌っていました。

スクリーン」は昼公演では合いの手は入りませんでしたが、夜公演で「なっちコール」が入りました。まだまだ開発途上中の曲だと思うので、これからに期待です。

恋のテレフォン GOAL」は盛り上がってよかったんですが、なぜその曲なんですか? という気がしないでもないです。

アップテンポの曲は「スクリーン」でやったので、しっとりおとなっちな曲を聞きたかったかな? 「学生時代」でもいいんです。

でも一番聞きたかったのは、最新アルバム曲の「微風」かな? でも分かる人がどれくらいいるかというと……。

昼公演で安倍さん、たこ焼き食べて元気です。って言ってました。やっぱり大阪に来るとたこ焼きなんですね。

 

・飯田圭織

エーゲ海に抱かれて」を歌っていました。

やっぱりこれは名曲だと思いますよ。いろんな感情がこみ上げてきて泣いてしまいました。

 

……とここまできたらつい矢口真里さんの「センチメンタル南向き」を期待してしまいましたが、それはなし。残念。

その代わり「モーニング娘。誕生10年記念隊」の「十年愛」を歌ってました。なんか沁みますねこの曲。

 

・タンポポ

たんぽぽ」を飯田圭織、矢口真里、石川梨華、紺野あさ美、柴田あゆみで歌っていました。

曲イントロが流れた瞬間、涙出ましたよ。

真野恵里菜さんが「ラララ-ソソソ」の全国キャンペーンでこの曲を歌っていたから、なんとなく免疫は出来てると思ってましたが、本物が歌ったらそんなの関係なかったです。

 

・プッチモニ

BABY! 恋にKNOCK OUT!」を保田圭、吉澤ひとみ、小川麻琴でやってました。てか、この3人の組み合わせって初めて見ましたよ。

 

・メロン記念日

ライブ定番曲「This is 運命」で会場が揺れたのはいいとして、以前Wもカバーしてた「GIVE ME UP」を歌っていたのが意外。

しかもスタンドマイクをバトンのように操りながら歌う姿は、どこかフレディ・マーキュリー。さすがにスタンドマイクを真上に向けたりはしてませんでしたが。

 

・松浦亜弥

I KNOW」「100回のKISS」「Yeah!めっちゃホリディ」「きずな」と、結構多く選曲されていました。

さて、亜弥さん年明け早々足の指を骨折するというアクシデントに見舞われたわけですが、そのことをライブ冒頭でもお詫びしてました。

夜公演では「牛乳飲んでカルシウム採ってます」とのコメントも聞けました。

実際、ダンスの動きは鈍いものの、あそこまで動ければたいしたものです。

時々、ダルそ~にライブしてる亜弥さんの姿を見慣れてる人からすれば、あれくらいなんでもないことです(笑)

とはいえ、この日の亜弥さんは歌声が素晴らしかったです。

特にラストの「NEVER FORGET」ではサビ最後の一番おいしい部分をソロで歌ってたんですが、娘。メンバーよりも数倍感動的に歌ってましたね。さすがいいトコ取り!

 

・藤本美貴

ブギートレイン’03」を歌ってました。「置き手紙」を歌うと思いきや、この歌を歌うとは、意外や意外。ブリブリな美貴さんが見れて感激でした。

 

・GAM

Thanks!」を歌ってました。もしかしたら再結成あるかも~、と期待してましたけども、来ましたね。GAM。感激です。

 

・美勇伝

再結成といえばこちらもこの場限りの再結成が見れました。

愛~スイートルーム~」「恋するエンジェルハート」が選曲。文句なしでしょう。

美勇伝やってるときの石川さんって、本当にいい表情しますね。

 

・音楽ガッタス

COME TOGETHER」と「鳴り始めた恋のBell」を歌ってました。これも順当。

ここではのっちこと能登有沙さんの動きがすごく良くて、つい目が行ってしまいました。

 

・青色7

ものすごく意外にも「青いスポーツカーの男」が聞けました。まさか、最後の最後でコレが見れるとは感激でした。赤、青、黄では、この曲が一番好きだったので感無量でしたよ。

最近は、Zo-3ギターといえば、Buono!で鈴木愛理さんが赤いモデルを持ってる姿が印象的ですが、先に青いZo-3ギターを使ったのは青色7なんですから、オリジナルの姿を見せ付けられた思いでした。

とにかく飯田さんと矢口さんのハジけてる姿が良かった!

 

・稲葉貴子&前田有紀

意外といえばこの二人で「MAGIC OF LOVE」を歌ってました。

とにかく歌唱力のあるこの二人のハーモニーは素晴らしくて、このライブの裏の一番の見どころだったかもしれません。

 

・真野恵里菜

エルダークラブに真野恵里菜さんがゲスト出演されてました。歌うはもちろん「ラララ-ソソソ

この人の場合、公演ごとに少しずつ成長してるのが分かるというか、その過程を追いかけたい衝動に駆られて、つい応援したくなりますね。インディーズ好きな性格なのでしょうがないですけど。

んで、昼公演と夜公演でトークをしていましたが、ちゃんと昼と夜で内容を変えてました。

昼……舞台袖で中澤裕子さんからほめられたそう。それを言われた裕子さん照れくさそうな表情をされてました。

夜……真剣な表情で弾き語りをしてるところを、もっと笑顔で歌った方がいいよ、と藤本美貴さんに指摘されたそう。

真野さん、ハロプロでもこの2人をいじれるとはなかなかやりますな。意外と世渡り上手なのかも。

 

○トーク

・VTR
10年の歴史を持つハロプロの秘蔵映像から、メンバーの昔の姿を映し出す「あの頃君は若かった」というコーナーをやっていました。

ファンからすれば貴重映像ということでうれしい限りですが、映像を流された本人は恥ずかしくて悲鳴を上げずにおれないという恐ろしいコーナー。

昼公演

①稲葉貴子さん……アフロ姿が披露。さらには「アイドルをさがせ!」の番組内で挑戦してた空中ブランコの映像も流れました。

 

②中澤裕子さん……演歌デビュー当時の映像が流れました。和服姿が艶っぽい♪ 「アイドルをさがせ!」の番組内でお酒を飲んだことがあったそうですが、あまりに飲みすぎてベロベロに酔っ払ってしまい、当時お蔵入りになっていた映像が見れました。なんかすごく陽気な裕子さんが見れました。

その映像を見た安倍さんが大爆笑してたのが印象的(笑)

 

夜公演

①三好絵梨香&岡田唯……美勇伝でのリハーサル風景が流れます。二人を映してるはずなのに、なぜか突然石川さんが割り込んできて、画面を独占。

三好&岡田さんによると、ふたりで練習してるといつも石川さんが邪魔をしに来るのだとか。またカメラがあると独占して、いいトコ取りばかりしてるのだとか。

あ~、やっぱりこのふたり石川さんがいないとぶっちゃけてくれて面白いですね~。

が、次の瞬間岡田さんが「石川さんはいい人です……」と申し訳なさそうに言います。どうやら舞台袖から石川さんが、超見てたようです(笑)あ~これは後でお説教ですか??

 

②里田まいさん……モーニング娘。4期メンバーオーディション当時の映像が流れます。今の面影はほとんどなく、完全に素人の映像です! 本人も認めてましたがアレはひどい! てか、この映像を流してもいいとOKを出した事務所もひどい、と里田さん抗議。

なんでも他のメンバーは、あまりにひどい映像を出すと、ライブに支障が出るから軽めの映像を選んだそうですが、里田さんは大丈夫だろうとかなり衝撃の映像を選んだのだとか。確かに当時ASAYANでも流れなかったすごいレアな映像でした。

で、里田さん案の定その後のライブでも支障が出たようで、舞台裏でかなり凹んだようです。

 

ところで、このVTRですが、なんとなく大阪公演にあわせて関西出身メンバーが選ばれていた感じですね。

本来なら、里田さんではなく亜弥さんが選ばれてもおかしくなかった感じもありますが。「亜弥のDNA」の頃の映像とか見たかったな~。

 

・音楽ガッタス

今の感想を一言で表すと?

昼公演

石川梨華……「HAPPY!」→客「HAPPY!」

紺野あさ美……「完璧です」

里田まいさんは200文字以内でまとめるように指示されると、「わたしは一発芸を持ってないので……」と謙遜気味。

 

夜公演

石川梨華……「どっすーん!」

コレを見た吉澤さん聞き捨てなら無い様子で、本物を見せてやると言い出します。「見ときいや」と吉澤さんの得意のエセ大阪弁も飛び出します。で、本家本元の「どっすーん!」が見れて大満足。

紺野あさ美……「HAPPY!」

これは紺野さんがうまかったですね。でも石川さんも負けじと本物の「HAPPY!」を見せるとエセ大阪弁ですごみます。で、本家本元の「HAPPY!」を披露。

里田まいさんには再び200文字以内での感想を求められますが、VTRコーナーでのショックから立ち直れず、コメントできず(笑)

 

・藤本美貴さん

Hello! Projectで学んだことについての質問で、「団体行動ができるようになった」と振り返ります。

が、客席からはえぇ~!?と笑いとブーイングが(笑)

もしかしたらトーク部分で一番盛り上がった瞬間だったかも。

 

というわけで、エルダークラブ大阪公演終了しました。

これで本当に見納めかと思うと、なんだか寂しいですね。

もちろん各メンバーはそれぞれソロ活動するから、見ようと思えば見れますけど、みんなが集まってお祭り騒ぎをするのはもう無いんですね。

とても楽しいひと時でした。エルダーメンバーに敬意を表したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

Hello!Project 2008 Winter ~決定!ハロ☆プロ アワード '08~ / 横浜アリーナ

ってまいりました。

Hello!Project 2008 Winter ~決定!ハロ☆プロ アワード '08~ / 横浜アリーナ

わたくしが参戦したのは1/27の夜公演。すなわち最終公演です。

 

今年初のライブ参戦で、わたくしにとって初の関東遠征で、初の全員集合ライブ参戦ということで、初物づくしで緊張してライブに挑ませていただきました。

今回参戦して最も良かったな、と思ったことは、大きな会場で見れたことでした。

わたくしがいつも参戦している関西地区では、ここ数年大阪城ホールで開催してくれないため、久しぶりのアリーナクラスでのライブでした。

やはりハロプロが全員集合するライブくらいは、大きな会場でお祭り騒ぎをしたいわけでして、今回その願いがかなったライブとなりました。

 

大きな会場といえばなんといっても特設ステージです。

ここのところ恒例になっている花道に加え、平面席であるセンター席をぐるりと取り囲む、周回通路が設置されています。ちょうど漢字の「」を90度回転させたかっこうですね。

前側のメインステージに加えて、左右と後ろ側にサブステージを設け、同時に四ヶ所でライブを行うことが可能となっています。

で、わたくしが見ていた席はと言うと……

左側のサブステージの真正面、要するにこのサブステージに向かって最前列のセンターという、これ以上ないくらいの良い席でした。ステージと客席の間には、DVD撮影のカメラさんが通るスペースが取ってありましたが、その距離の近いこと近いこと! メンバーの細かい表情までもはっきり見て取れる、素晴らしい席でした。

というわけでメインのステージはおろか、他のサブステージすべてを捨てて、この自分の真正面の左サブステージ釘付けになっておりました。

だって自分の好きなメンバーが目と鼻の先で踊っていたら、いくらメインステージで他の人が歌っていたとしても、自分の近くの人を見ちゃうでしょ!? ……誰が来てもハシャいでましたけど。

そんな極端な席で見ておりましたから、ライブ全体の流れは見えておりません。

自分の近くに来てくれた人の印象はとても強く残っていますが、あまり来てくれなかった人はほとんど印象はありません。それどころかメンバーによっては「この人いたっけ?」ってくらい印象のなかった人もいます。

 

ライブ全体の流れは、タイトルにも「ハロ☆プロ アワード」とあるとおり、2007年の活動から各メンバーやグループに賞を送るというもの。

例えば℃-uteが「レコード大賞新人賞受賞おめでとう賞」をもらったり、たくさんテレビ出演された里田まいさんが「ベストブレイク賞」をもらったり、モーニング娘。がジュンジュンさんリンリンさんを迎えて「グローバル賞」をもらったりと。で、各賞を受賞後曲披露という流れでした。

これがなかなか面白い試みで、楽しめました。

そんな中、道重さゆみさんが「小悪魔写真集賞」、矢島舞美さんが「汗かきすぎ賞」をもらっていたのは笑わせてくれましたけども。

 

セットリスト自体は、各ユニットが最新曲とライブ向けの盛り上がる曲を披露する形を取っていて、この辺はオーソドックスなハロプロライブだった気がします。

というより、バラード系を一切入れず、あまりにライブ向けの曲ばかりで構成されていたものですから、わたくしはライブ序盤から飛ばしまくってしまい、終盤にはスタミナ切れを起こしておりました。でも終盤に畳み掛けるように激しくて盛り上がれる曲が来るものですから、体は勝手に動いてしまって、全く休ませてくれず、結局ライブ終了後には足がつりそうになってました。

このペース配分無視のハシャぎっぷりは、左サブステージの最前列というステキな席にいたから、というのも理由のひとつだったと思います。

そりゃ、好きなメンバーがすぐ目の前で踊っていたら一緒に踊るっしょ!? ……誰が来ても踊ってましたけど。

 

今回のライブでもっとも印象に残っていたのは、安倍なつみさんでした。

すぐ目の前にいてくれた時間が最も長かったのが安倍さんだった、というのも大きいですが、ライブの最初から最後まで見所がたくさんでした。

その中でも最も一番印象的だったのは「息を重ねましょう」のほとんどの部分をわたくしの目の前で歌ってくれたことです。この瞬間だけ、一万数千人いたであろう横浜アリーナの中にいながら、安倍さんをわたくしがひとり占めしたような錯覚を起こしていました。

このほか、ライブのラスト曲だった「恋愛レボリューション21」でもやはり安倍さんがわたくしの目の前で歌っていてくれたことです。まさか2008年に「恋愛レボリューション21」を歌う安倍さんを最前列で見ながら、一緒に踊れるなんて思ってもみなくて、とても感動的でした。こんな幸せなことはないです。ファンやってて良かったとおもいましたよ。

このラストの曲を歌う前には、中澤裕子さんからあいさつのMCがありました。

1/28にモーニング娘。メジャーデビュー日を迎え、丸10年たち、11年目を迎えることができ、その前日にこうしてライブが出来ることがうれしいとおっしゃっていました。

裕子さんの重みのある言葉に、安倍さん思わず涙ぐんでおられ、それを待ち構えていたかのように会場全体が「なっちコール」して、さらに涙ぐむ安倍さん。

まるでDVD撮影のために仕組まれていたかのような展開に、わたくし思わず安倍さんにもらい泣きしてしまいました。今年初ライブで初泣きです。

モーニング娘。デビューからずっとハロプロの最前線を走り続ける安倍さんは、ホントにファンから愛されているんだな、と思わされた瞬間でした。そんな安倍さんに「10年ハロプロを引っ張ってくれてありがとう賞」をあげたい気持ちになりました。

んでもって安倍さん、ライブ序盤に矢島舞美さんと歌っていた「16歳の恋なんて」では、思いっきり歌詞間違えてました(笑)うん、大型スクリーンに映し出されていた歌詞と、安倍さんの口から出てきた歌詞は全然違ってました。これもDVDにしっかり収録されてんでしょうな~。

この辺も安倍さんらしくて、ホントこの日は「なっちデー」でした♪

 

安倍さん以外のメンバーで印象に残っているのは、菅谷梨沙子さんでした。安倍さんの次に長い時間目の前にいてくれたからです。

ハロプロ内でもトップクラスの美形の彼女ですが、この日はさらに美しさに磨きがかかっていたように見え、ものすごくキラキラ輝いていました。

スッペシャル ジェネレ~ション」をはじめ、色んな曲で一緒に踊ることが出来て感動でした。ちょっとほれてしまったかも??

 

ライブ序盤では久住小春さんが目の前にいてくれて、こちらも印象強かったです。

小春さんらしいニコニコの笑顔にこちらの顔もゆるみっぱなし。やっぱりこの人は、見るものを平和にするパワーを秘めてるお方ですね。

 

この安倍なつみさん、菅谷梨沙子さん、久住小春さんの3人がもっとも印象に残っているメンバーです。

あと、印象に残っているメンバーや曲等を、順不同で書いていきます。

 

○LOVEマシーン
ライブはハロプロエッグ主体での「LOVEマシーン」で幕を明けました。かなり意表を突いた選曲で驚きましたが、ハロプロエッグがトップバッターだったと言うのも意外。

これは2008年はエッグを推していきますよ。という事務所の宣言とも受け取れました。

エッグメンバーが縦一列に並んでの「千手観音」のパフォーマンスを見せてくれて、これはこれで頑張ってるな~という印象。

エッグメンバーでは能登有沙さんが一番印象に残りました。本人曰く中学生に見られることもあるくらいの童顔だそうですが、たしかに短大生だとは思えないくらい若々しいですね。

 

○℃-ute
紅白歌合戦でも披露していた「LALALA 幸せの歌」を歌っていました。が、まだこの曲が浸透していないせいか、盛り上がりはイマイチだったかな?

サビの「LALALA~」の部分は、ひたすら手を振っていればいいんで、ソコは分かりやすかったですけども。

その代わり「都会っ子 純情」はすごい盛り上がりでした。やっぱりライブ向きの曲ですね。曲で出しのセリフ後「Are you Ready?」の部分をみんなでいっせいに掛け声かけるところはカッコイイですね。

℃-uteで一番印象に残っているのは矢島舞美さんでした。すぐ目の前で激しいダンスを見せてくれたら、こちらもつられて激しめに踊っちゃうってもんです。

あと萩原舞さんがキリリとしたメイクをしていたせいか、ちょっと大人っぽく見えてドキッとさせられました。

 

○Berryz工房
新曲「付き合ってるのに片思い」はシンプルでライブ向きなのでとても乗りやすかったです。

さらに「スッペシャル ジェネレ~ション」まで披露してくれたら、そりゃ会場も揺れますわな。

熊井友理奈さんに俄然強めに声援送ってましたが、こちらに来てくれた回数は少なめでした。残念。その代わり清水佐紀さんと嗣永桃子さんがよく来てくれました。

 

○Buono!
新曲「恋愛ライダー」を披露。まだリリース前だというのに、すごい盛り上がりでした。シンプルで乗りやすい、というのが大きいですね。

前作「ホントのじぶん」のc/w「こころのたまご」と同系統の、ちょっとテクノ風味のある曲で、ロック調の軽快さとのマッチングがよく出来ていると思います。

このBuono!にはハロプロらしさを残しつつも、ハロプロの殻をブチ破ることの出来る可能性を秘めたユニットだと期待しています。まだハロプロ未開のジャンル、テクノを突き詰めてほしいところです。

またファッション的にも、前作のゴスパンク調を残しつつも、「恋愛ライダー」という曲タイトルに引っかけてライダースジャケットを羽織るとてもカッコかわいい衣装で決めてくれました。

そのカッコかわいいBuono!の3人が、周回通路を駆け回る姿はとてもステキでした♪ ホントいいユニットを作ってくれたな、と感動。

 

○メロン記念日
最新曲の「アンフォゲッタブル」を歌うかと思いきや、「お願い魅惑のターゲット」でした。

とはいえこの日披露された曲の中では一二を争うくらいの盛り上がりで、ライブ巧者メロン記念日の存在感を見せ付けてくれた印象でした。

が、メロンのメンバーはあまりわたくしの近くに来てくれなかったので、個々のメンバーの印象はちょっと薄め。残念。

 

○前田有紀
最新曲「相愛太鼓」を披露。

この曲は演歌なので異色ですが、ライブのアクセントとしてはかなり良かったです。

ただ前田さん自身は近くに来てくれなかったので印象は薄め。

 

○松浦亜弥
意外にも「I KNOW」を歌ってくれました。

最近の曲ではなく、亜弥さんのライブと言えばコレ! という曲を持ってくるというセットリストならば、こっちも乗らずにおれません。

というわけで思い切りハジけさせてもらいました♪

が、亜弥さんはこちらの近くにはあまり来てくれませんでした。

 

○中澤裕子
最新曲「だんな様」を披露。この曲をライブで聞いたのは初めてなので大感激!

俄然強めに声援を送りましたが、近くには来てくれず……残念。

 

○矢口真里&保田圭
このふたりで「乙女の心理学」を歌ってました。

このふたりだからこその曲であって、もろもろのものがこみ上げてきて、なんか熱くなりました。

 

○美勇伝
前日の1/26に突然の美勇伝活動終了の発表があったわけですが、27日ももちろんあいさつがありました。

ここではこのことについては書きません。

3年間の活動おつかれさまでしたということで、会場からは大きな拍手が送られていました。

曲は「じゃじゃ馬パラダイス」と「恋するエンジェルハート」の2曲を披露。

どちらも大好きな曲なのでうれしかったのですが、個人的には「FANTASY」を見たかったですね~。惜しい! まあ、ラストの単独ツアーまでおあずけ、ってことなのでしょうね♪

石川梨華さんが目の前に来てくれた回数と時間が長くて、この方の印象もかなり強いです。

引き締まったスタイルと、切れのあるダンスにホレボレ♪ 全開のおでこに石川さんの気合の入り具合を見させてもらったので、石川さんが目の前に来てくれたときには、わたくしもより一層激しくダンスさせていただきました。

23歳にしてはおキレイですね、って言い方をすると、きっと石川さんはムキになって怒るでしょうな(笑)

 

○音楽ガッタス
とりあえず持ち歌の「鳴り始めた恋のBELL」と「やったろうぜ!」の2曲を披露。

どちらもライブ向きの活きの良い曲なので、すごく楽しめました。

特に「やったろうぜ!」は、力強い同じフレーズの繰り返しが気持ちよくって、すごく乗りやすくていいですね。

曲を歌い終えたあと、わたくしの目の前で吉澤ひとみさんと里田まいさんが、1stアルバムリリースやライブツアーへの意気込みなどを語ってました。

が、里田さんのコメントが良いことを言おうとするあまり話がうまくまとまらず、それを横で聞いてた吉澤さんがクスクス笑っていたのが印象的でした。

 

○アテナ&ロビケロッツ
ちびっ子にも人気(?)らしいユニットですが、なんか会場中すごい盛り上がりでした。シンプルで乗りやすい曲だった、と言うこともあるでしょうけど、なんか見ていてニューミニモニ。っぽくてなんか面白かったです。

いやひらすら「ハイ!ハイ!ハイ!」って言ってただけのような気も……。

この曲のときに新垣里沙さんが目の前に来てくれたのですが、この日の新垣さんはおでこ全開されてました。さらに、この曲ではおさげ髪にしていて、デビュー当時の髪形を見ているようでした♪

 

○印象派 ルノアールのように
意外な選曲ということで印象に残りました。

この曲はアヤカさんを中心に、里田まいさん、稲葉貴子さん等で歌っていましたが、この3人で歌うとより一層大人っぽさがましてカッコイイですね。ちょっと太陽とシスコムーンっぽい雰囲気があったと思います。

 

○友情~こころのブスにはならねぇ!~
意外な選曲その2

モーニング娘。他のメンバーで歌っていましたが、曲イントロの道重さんのセリフを最前列で見ることが出来て感動。

またこの曲で亀井絵里さんと田中れいなさんと一緒にダンスが踊れてうれしかったです。

 

○モーニング娘。
序盤に「みかん」を披露。この曲はシンプルで乗りがいいので、ライブでやるとCDとはすごく曲が違って聞こえますね。この日の曲でもかなりの盛り上がりだったと思います。

終盤には「ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。」や「ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB GIRL」等の激しい曲が来て、とっても楽しかった!

とは言ってもこの辺りでバテバテでしたけど(笑)

娘。のメンバーではれいなさんが一番印象に残っています。一番多く目の前に来てくれたのも大きいですが、この方はお客さんのひとりひとりに細かいリアクションをされますね。

ウインクしたり、指を差したり、手を振ったりと、きっとサービス精神が旺盛なんでしょうね。この辺の愛嬌の振りまき方に、辻希美さんと同じモノを感じました。というわけでちょっとれいなさん株上昇♪

亀井さんはとにかく笑顔笑顔。小春さんとはまた違った空気感で、すごくおだやかなんですよね。でもダンスはメリハリがあって、そのギャップにメロメロ♪

高橋愛さんもよく目の前に来てくれました。この方はとにかくカッコイイ! ダンスに歌にキレがあって、さすが娘。のリーダー! とうならせてくれました。

ついでに、道重さゆみさんのお腹がちょっと気になりました。あのゆれ具合は……うむむ、きっと気のせいでしょう♪

 

と、駆け足でライブの印象的だった部分を書き出してみました。

この感想は、会場のごく一部からのものですので、見ていた席によってはまるっきり違う感想になったと思います。

なので、これは「左サブステージに特化した感想」ということで読んでいただけたら、と思います。

 

それから横浜アリーナの会場の盛り上がりについてですが、もっとも気になっていたのは、普段参戦している関西のライブ会場との雰囲気の違いを見てみたかったです。

率直な印象としては、会場全体がまんべんなく盛り上がってる感じでしょうか?

わたくしがいたのは比較的テンションの高いセンター席だったので、そのように感じただけかもしれませんが、みんなみんな同じレベルで一体感のあるライブを作り上げている印象でした。

関西、特に大阪では、局地的に異常に盛り上がる集団というのが会場内のあちこちにいて、その集団につられて会場全体がさらに盛り上がる、という乗り方をすることが多い気がするので、そこら辺にちょっと違いがあったかな? と言う感じでした。

 

それと大阪のライブとの違いでもうひとつ。

それは花の数の違い。

大阪のライブでは、花は「ハロプロやねん!」くらいからしか届かないんですが、さすが関東ですね、各テレビ局やら、出版社やら、色々な所からたくさん届くんですね。

すばらしい!

  

そして余談ですが、この日のライブはDVD用の撮影があったわけで、わたくしのすぐ目の前にはカメラマンさんがいらっしゃいました。

なんか~、何度かカメラのレンズがわたくしの方を向いていたんですけれど、まさかわたくしが映っていませんでしょうな?? あとでDVDで確認しますよ??

 

最後に、初の関東遠征で、当初ひとりでの単独参戦になるかと思っていましたが、いろんな方に声をかけさせていただいた結果、ライブ前後に結構な人数で一緒にハロプロトークに盛り上がることが出来ました。

一緒にトークしていただいたみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました♪

| | コメント (7) | トラックバック (1)

女教師 中澤裕子

ンドンハーツという番組内の、「女のココが分からない!!」というコーナーに中澤裕子さんがレギュラー出演中です。

これは、恋愛における女性の理解できない言動について相談しにきた男性芸人の方に、恋愛女教師の面々が女の複雑な心理を教えてくれる、というものです。

教師だからといってみんながみんなやさしく手ほどきしてくれるとは限りません。時には手ひどく斬られてしまうことも……そっちが多いか♪

ちなみにこのコーナー、相談役の女性陣は「女教師」という設定なので、みなさんメガネをかけてらっしゃいます。さらにスーツ姿でビシッと決めてらっしゃいます。カッコイイですね。でも裕子さんだけは、なぜかいつも普段着にメガネをかけただけのラフな格好ですけど(笑)

さて、この日は裕子さんのほかに保田圭さんも出演。だんだんハロプロメンバーの出演が増えてきました。

Oky001

そしてさらに、なんと石黒彩さんも同時出演!

なんでもこの3人で共演するのは、卒業後初だそうで……。すごいですね。

Oky003

 

この日の相談内容はアンタッチャブルの山崎弘也さんによる「男は顔じゃないって本当?

Oky005

男は顔じゃない」という女性と出会い、告白したが断られた。という苦い経験をお持ちの山崎さん。後で、前の彼氏の写真を見てみたら、どれもイケメンだったそう。

というわけで「男は顔じゃない」というのはウソではないか!? という相談です。

この相談の結果としては「女が男に顔を求めるのは事実だが、その顔とは見た目の良さではなく、女を真剣に愛する時の表情」というトコロに落ち着きます。

 

その日出演された女教師の方々は、ほとんど「男は顔じゃない」とおっしゃいますが、裕子さんは違うようです。

Oky010

男は顔だと熱く語る裕子さん。

Oky013

顔がきれいだと、その人のことが知りたいと思う」そう。その人を好きになる入り口として、まず顔がある、とおっしゃりたいようです。

Oky014

顔入りなの?」というツッコミに。「もちろん!」と返す裕子さん。目がマジです……。

さらに「男は顔じゃない」と言うほかの女教師の方々にも、「男は顔だと思ってるハズ」と噛み付きます(笑)

Oky022

絶対ウソついてる」と興奮気味の裕子さんに、「やってられない」といわんばかりの石黒さん。保田さん引いてますね?

Oky023

が、「アンタもそう思ってる」とすぐに裕子さんにどつかれます(笑)保田さん大ウケ。

ブランクを全く感じさせないコンビネーションですね♪

 

イケメンで性格悪かったらどうなの?」という質問に対して裕子さん「いい」とのこと。

Oky017

あ、ムキになってる♪

裕子さん曰く「性格は好きになろうと思えばなれる」とのコト。

要するに、顔を後から好きになることはないけれど、顔を好きになった人の性格は後から好きになれる、ということなのかな??

確かに、ひとたび好きになってしまえば、短所も長所に見えたりするものですけれど……。

Oky020

しかし、裕子さんの熱弁むなしく「男は顔」という意見の方はいらっしゃいませんでした(笑)

Oky021

あれ? 裕子さんもしかして恥ずかしがってます??

裕子さんの主張は通らなかったものの、裕子さんの熱い本音が聞けたので、とても満足でした♪

 

てか、ハロモニでもこの手の討論コーナーというのをやってもらいたいです。

恋愛に限らず、日常のちょっとしたことをテーマにしてメンバー同士で討論しあうとか。

食後のデザートは、和菓子派? 洋菓子派?」とか「朝はお母さんに起こしてもらう? 自分で起きる?」みたいな感じで。きっと熱く語ってくれるでしょう♪

テーマそのものよりも、娘。さんたちの「本音を熱く語る姿」というのをゼヒ見てみたいですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8/16のテレビ番組

8/16はハロプロメンバーの出演した番組が三本もありました。

というわけで順を追って書いてみます。……でも番組の内容には深くは触れません。まあ、こんな感じでしたと、浅~く書きます。

 

クイズ!ヘキサゴンⅡ

ここに出演されたのは中澤裕子さん。

Hii003

番組開始前に行なわれたペーパーテストの結果が、福田沙記さん(15)と最下位争いになりショックを受ける中澤裕子さん(33)。

Hii004

一点差で福田さんに勝利し大喜びの裕子さん。司会の島田紳助さんが止めに入ってます。

一般の方に裕子さんの写真を見せて、これは誰であるかを当ててもらう芸能人知名度アンケートコーナーでは、元モーニング娘。であることは分るものの名前を当ててもらえない裕子さん。

Hii005

クイズの成績も悪い上、知名度もイマイチで、ちょっとご立腹の裕子さん。

Hii006

スネてます。てか可愛いです♪

 

ザ・チーター

ここには中澤裕子さんと飯田圭織さんが出演。

飯田さんがこの手のクイズのバラエティ番組に出演されるのはめずらしいですね。

Hii007

500円硬貨サイズのねずみの値段を当てる問題にて。

Hii008

意外にもペットの値段の相場が分っていた飯田さん。

Hii009

実は色々なモノの値段を知ってることをアピール。経済もちゃんとチェックされているとか。ホントですかっ!?

てか、飯田さん結構語ってます。こーゆー時の飯田さんて、何かスイッチ入った感じになるので好きです♪

Hii010

裕子さんはここでは飯田さんに任せておられるようで、あまり発言はなし。

Hii011

よくペットショップに足を運ぶという飯田さん。動物園代わりに行ってるとのコト。あ~それわたくしもよくやります。入園料いらないから気軽に足を運んでます(笑)

Hii012

まったく別の問題にて。珍回答をしてしまい、スタジオを騒然とさせてしまうおふたり。なんかすっごいいたずらっ子みたい♪

 

世界バリバリ☆バリュー

コチラに出演されたのは、辻希美さんと保田圭さん。このコンビは以前も同番組に出演されてましたね。意外と相性いいのかも??

てか辻さんを久しぶりに見ました。ケガの後に収録されたものなのでしょうか??

Hii000

クイズの答えに驚き、伸び上がっている辻さん。この瞬間だけ保田さんより背が高くなってます。推定身長165㎝の辻さんというところでしょうか? かっけ~。

てか、実はかなり露出の高い衣装の保田さん。がんばってます。

番組自体はおふたりの活躍は全くなし。発言すらありませんでした。残念。

Hii001

番組最後の部分。1個2万円もする特製スイカのお値段を聞いて驚く辻さんと保田さん。保田さん、辻さんの肩をわしづかみしてます。そんなに驚かなくても。

Hii002

高級スイカを食べてご満悦のお二人。毎度のことですが、提供がジャマです(笑)

辻さん少し髪飾りの趣向変えましたね。いつものリボンではなくコサージュです。しかも片方だけ。ちょっと大人っぽさを演出?? というより、より派手なのを選んだらコレになった、という気がしないでもないですけど(笑)

 

さて、今回思ったのはハロプロメンバーが結構ペアで出演しているな、ということでした。

辻&保田組は、以前もあった組み合わせで、この保護者といたずらっ子コンビはなかなかよく出来てると思います。

今回、裕子さんと飯田さんという、元モーニング娘。のリーダー2人組というコンビが結成されました。画的にかなり強力というか、強そうです。

ハロプロメンバーがひとりでテレビ出演していると、ちょっと不安そうにしてる印象があったりしますが、2人でいると相乗効果でちょっとだけ頼もしく見えます。

人数は2人だけど、2人以上のオーラが出てるといいますか。

こーゆー形態も面白いので、ユニットを越えて不特定のハロプロメンバーでの組み合わせの出演というのも色々見てみたいですね。

単にわたくしが、キッズのメンバーを連れた裕子さんを見たい、というだけの話ですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は保護者同伴♪

7/5放送の世界バリバリ☆バリューに、保田圭さんと辻希美さんが出演。

Bty005

今日の辻さんは保護者同伴です♪

Bty000_1

なにやら辻さんに話しかけるお方が……。

Bty002

ハーフでモデルのマリエさんでした。辻さんと同じ19歳だそう。誕生日も近いみたいです。

Bty001

こちら江戸っ子の辻希美さん。19歳。甘いもの大好きです♪

Bty003

辻さん本人が一番驚いているご様子。

Bty004

まだ気になるみたいでのぞき込んでます(笑)

同じ人間なのにどーしてこーも違うんでしょ?

 

さて、番組の方はマリエさんの独壇場でした。歯に衣着せぬ発言の連発で番組を席巻! というわけで辻さんの活躍場面はなし。残念。

というわけで、気になる場面をいくつか。

Bty006

クイズの答えが意外で驚きのふたり。保田さんいい表情です♪

Bty008

クイズに正解して大喜びのおふたり。ぐっじょぶ、ですね♪

Bty009

クイズの答えを考え中……悪だくみしてるようにも見えます(笑)

 

さて、この番組恒例のゲストが持ち寄ったグッズのチャリティーオークションでは、辻さん保田さんともにコンサートグッズにサインを入れてらっしゃいました。

Bty010

辻さんのサイン入りうちわ。他にもグッズが色々あるようです。

オークション見に行ったらすごい価格になってました!

てかホントにその金額が出せるんですか!?

7/12が落札締め切りのようです。

Bty011

保田さんのサイン入りタオル。他にもお香もあるようです。

オークション見に行ったら辻さんほど高騰してませんでした……。

同じ人間なのにどーしてこーも違うんでしょ!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ごきげんように保田圭さん その3

7/3放送のごきげんよう保田圭さん出演3日目。

Gy3000

この日の衣装は、ジーンズにキャミソールとカジュアルにまとめています。私服っぽい感じが自然でいいですね。元気な感じが保田さんらしいです♪

オープニングトークでは「ワタシの恋の方程式」。各人の恋愛に対するこだわりです。

Gy3001

お得意のイラストで答える保田さん……。さすが元祖画伯♪

なんでも歯並びがキレイな人が好きなのだそう。

Gy3002_1

保田さんもきれいな歯並びしてますが、自分よりもキレイな人を見るといいな~と思うそう。

 

この日の保田さんのサイコロトークは「腹の立つ話」。

Gy3003

わたし25歳なんですけど」と、年齢から切り出す保田さん。なんでもこの歳で洗濯が苦手だそう。「家事の中で、洗濯が一番難しい」と思ってらっしゃるようです。

今、洗濯機なんて全自動だから誰でも簡単に出来るような気もしますが、保田さん以前Tシャツを洗濯した時にプリントが「ホラー映画のようにダラーっと流れ」て、失敗してしまったことがあるようです。

Gy3004

保田さんちは乾燥までやってくれる洗濯機だそうですが、その乾燥の熱がまずかったようです。恐らくTシャツの方に「乾燥機不可」みたいなこと書いてあったと思いますが、全く見ずに洗濯機に放り込んで普通に洗ってしまったようです。

しかもそのTシャツまだ一回しか着てなかったから余計ショックだったようです。

Gy3005

そこで保田さんのお友達で今はもう主婦になってる方々と「洗濯ってどうやるの?」みたいなお話をされたそう。

すると、主婦ならではのこだわりの洗濯術が聞けたそうです。

  1. くつ下、Yシャツは前の晩からつけおきをしておく
  2. Tシャツの襟が伸びないように、輪ゴムでしばっておく
  3. 色移りしないように、何回かに分けて洗濯する
  4. 干す時は、一度たたんで、パンパン叩いてから干す

等など……。

コレを聞いて保田さん「主婦って大変だな」と思ったようです。

今まで、色分けもせずポーンと放り込んでピッと洗濯機を回していただけだったので、Tシャツの洗濯に失敗して凹んで、初めて気づかされたようです。でもまあ教訓になったのですから、悪いことばかりではないようで。

Gy3006

てか、今日の話題は歯並びだったり、洗濯だったりと、番組スポンサーのライオンにぴったりでしたね。もしかしてCM出演依頼が来るかも??

 

さて、今日が出演最終日の保田さん。

番組ラストには告知がありました。

Gy3007

8月に行なわれる舞台に関する宣伝でした。

この舞台での保田さんの役どころは、黒木瞳さんの娘役だそうで……。

Gy3008

一体おいくつの設定なのでしょうか……。

縦ロールってことは、いいトコのお嬢さん役!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごきげんように保田圭さん その2

6/30放送のごきげんよう保田圭さん出演2日目です。

Gy2000_1

この日の衣装は、肩の大きく開いた赤のワンピースとベスト。髪型も前日とはうって変わってオトナっぽくまとめています。

オープニングトークでは「私はこんなムシキング」。今ハマっているものの紹介です。

Gy2001_1

保田さんがハマっている物は「ポテト」。ハロプロメンバーの中にはお芋好きな方は何人かいらっしゃいますが、保田さんの場合サツマイモではなくジャガイモのようです。

ジャガイモを与えておけば黙っているくらい好きだそう。この番組の楽屋にもポテトチップが置いてあって、真っ先に袋を開けて食べたとか。どうやらポテトでもフライにした、脂っこいものがお好きなようです。

これを聞いたゲストの高橋ジョージさん油で揚げた方がいいの?と確認したうえで「脂っこいものが好きな人は欲求不満」とおっしゃいます(笑)昨日に引き続き高橋さんナイスな突っこみです♪てか保田さんがいじられキャラだということが分かってますね♪

 

この日のサイコロトークは「初めて○○した話

保田さん、この収録のあった日に起こったエピソードをお話されました。

Gy2002_1

収録の前、ひとりでお散歩をされていた保田さん。

すると一台の車が保田さんの近寄ってきたそう。

Gy2003

スモークを貼った白い車が、保田さんの後をつけるようにゆっくり接近してきたそう。

単に近づいているのではなく、明らかについてきていたそう。

Gy2004_1

そんな経験は初めてだから「うわっ、怖~い」と思った保田さん、どうしよう? と思ったようです。

Gy2005

すると車の窓が開いて保田さんに声をかけてきたそう。その声の主はなんと、つんく♂さんだったそうです。

Gy2006

驚いた保田さん「どうしたんですか!?」とたずねたそうですが、つんく♂さんは保田さんを見かけたから声をかけたようです。

見知らぬ車に接近されて怖い思いをした保田さん、ホッと一安心されたようですが、つんく♂さんならもっと早く声かけてくれればいいのにと言ったそう。

一方、つんく♂さんからすれば、似ている人を見かけたものの、人違いだといけないので横まで行って確認されたということのようです。

Gy2007

保田さんつんく♂さんが婚約発表してから、一度もつんく♂さんに会ってなかったということで、おめでとうございます。とあいさつをしたそうです。

保田さんたちの間では、つんく♂さんはずっと独身なんじゃないか? という予想をされていたようで、結婚することがちょっと意外だったようです。

といったところで2日目の出演はおしまい。

 

この日はゲストの野沢那智さんのトークがちょっと長めだったため、保田さんのトークは短かったですね。残念。

でも個人的に野沢那智さんのファンだし、トークも面白かったのでそれはそれで満足でしたが……。

 

☆関連記事★

6/30 出演1日目
7/1  出演2日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ごきげんように保田圭さん その1

6/29放送のごきげんよう保田圭さんが出演されました。この日は出演1日目。来週の月曜まで出演が続きます。

Gy1000_1

この日の衣装は半そでシャツにキュロットスカート。一瞬ミニスカートをはいてらっしゃるのかと思いましたが、違いました。この日は髪型のせいか、とても可愛らしくまとめてらっしゃる保田さん。ステキです♪

オープニングトークでは「我が家だけの法律」。自分の家だけの決まりごとを紹介です。

Gy1001

保田さんは「1日2回以上家にTelをする(はぁと)」だそう。

ひとり暮らしをしている保田さんは、毎日実家に電話を入れるのだそう。

朝「おはようございます」の電話を入れ、晩仕事から帰った時にその日あったことを報告するのだそう。

でも、周囲からは「ちょっと多いんじゃない?」と言われているそうです。まあ、確かに多いような気もしますけど、親御さんからすれば子供から連絡があるというのは安心ではないでしょうか?

Gy1002_1

でも、その日ゲストの高橋ジョージさんから「他にかける人がいないんじゃなくて?」と突っこまれてましたけど(笑)

 

保田さんのサイコロトークは「やめられない話

Gy1003

保田さんは元モーニング娘。のお姉さん組といっしょにご飯を食べに行くことが多いそう。よく行くのが、回転寿司焼肉焼き鳥

でも食べに行った際、すごく食べる人とそうでない人にはっきり分かれてしまうそう。食べる人は、中澤裕子さんと矢口真里さんだそうです(笑)

そういうメンツで回転寿司を食べに行ったりすると、ひとりで20皿くらい食べる人と3皿くらいしか食べない人がいるということで、お会計の時に不公平にならないようにひとりずつ会計してもらうのだとか。

Gy1005

おすし屋さんに限らず、焼肉屋さんでも同様で、お肉を食べた上にビビンバ食べて、白いご飯食べて、冷麺食べる人もいるそう。って矢口さんですねコレは……(笑)

この間は、とある焼肉屋さんで「みすじ」というめずらしいお肉を食べたそう。牛の肩甲骨の辺りのお肉だそうで、なかなか取れない高級でおいしい部位のようです。

それを店員さんが「みすじです」と運んできたら、中澤裕子さんが「みそじ!?」と過敏に反応して店員さんを怒ったそう(笑)自意識過剰ですそれは……

Gy1006_1

 

大人チームでお酒を飲みに行ったりすると、飯田圭織さんなどは元々天然なのに、輪をかけて天然になるそう。木に向かっておじぎをして「どうもさようなら」と話しかけてしまったりするとか。飯田さん怖いです。誰か、ちゃんとお家まで送っていってあげてるのでしょうか……。

Gy1007

飯田さんは普段から「ポヤポヤ」しているということで、お風呂のお湯を出したのを忘れて、次の日の朝まで出しっぱなしにしていたことがあるとか。モーニング娘。を卒業してから、ますます天然度合いが進行しているそうです。

他にも天然組には安倍なつみさんもいらっしゃるそうで、みかんを見ながら「どうしてあなたはこんなにちっちゃいの?」とささやきかけてるとか……てかその姿がものすごく目に浮かびます(笑)保田さんからすると、自分にはない部分だからとても可愛いと思ってらっしゃるようです。

Gy1008_1

それに対してツッコミは裕子さんと矢口さんだそう。これはやっぱりというか、大人チームではこの人しかいませんね。

で、保田さんはどっちかと言えばしっかりしてる派、ではないそう(笑)しっかりしてないんですか……。

 

☆関連記事★

6/30 出演1日目
7/1  出演2日目

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福山ばら祭2006 ローズコンサート

ってまいりました。「福山ばら祭2006 ローズコンサート」出演は中澤裕子さんと保田圭さん。

ハロプロファンも大勢見に来てらっしゃいましたが、コンサートが行なわれたのが「福山ばら祭2006」という、福山市を挙げての大きなお祭のイベントのひとつだったので、一般のお客さんもたくさん観覧されていました。

観覧は無料ですが、一応観客スペースが設けてあり、入場門を通らないと中に入ることが出来ませんでした。でも、無理に中に入らなくても、外からも見ることは可能でした。ちなみにコンサートはおとなしく座って見なくてはいけませんでした。

わたくしが座った場所は、比較的後ろの方の真ん中付近でしたが、それでもおふたりの顔はよく見えました。座って見ていたので、むしろ後ろの方が角度的には良かったかも。かえって前の方だと、見上げる格好になるので、見にくかったかも。

入場したお客さんは300~400人くらいでしょうか? 500人もいなかったように感じました。また一般客と、ハロプロファンとの比率も、7:3くらいで一般の方が多く感じました。ばら祭を見に来ていて、ついでにコンサートを見に来たといった感じの、年配や親子連れの方が多かったようです。

コンサートは18:30~19:30の一時間。野外で行なわれました。陽が傾きかけた夕焼け空から始まり、だんだんと周りが暗くなっていくというとっても雰囲気の良いコンサートでした。

1曲歌うと必ずトークをしてくれまして、歌とトークが半々ずつのフレンドリーなライブでした。

また裕子さんはオレンジ、保田さんはグリーンのドレスをお召しになってらっしゃいまして、とってもきれいでした♪ 裕子さんはドレスと同色の花の髪飾りをつけて、ドレスは膝丈と大人っぽいゴージャスな雰囲気。保田さんは髪型がまるで亀井さんのようなショートカットで、妙に可愛らしかった♪

おふたりにはそれぞれソロコーナーが設けてあり、各々二曲ずつひとりで歌ってらっしゃいました。

というわけでセットリストはこちら、

 

1.サマーナイトタウン(中澤・保田)
2.真夏の光線(中澤・保田)
3.春の歌(保田)
4.異邦人(保田)
5.DO MY BEST(中澤)
6.GET A LONG WITH YOU(中澤)
7.赤い日記帳(中澤・保田)
8.人知れず胸を奏でる夜の秋(中澤・保田)

 

季節は初夏になり夏を意識したということで、モーニング娘。時代の夏をテーマにした曲からコンサートは始まりました。特に「サマーナイトタウン」は保田さんデのビュー曲であるとトークで触れられてました。

娘。の初期の曲を、あらためてこのおふたりで歌うのを見ていたら、目頭が熱くなってきました(いろんな意味で)。

保田さんソロコーナーでは、モーニング娘。6THアルバムからの名曲「春の歌」。

トークで「娘。が歌うと元気で、若々しいけど、保田さんが歌うと……」という裕子さんが言うや、すかさず保田さんより「じゃあ自分は若くないのか?」という抗議が。ちなみに保田さん「春の歌」は今年の冬のハロプロライブ「エルダークラブ」でも、メインで歌ってらっしゃいました。

保田さんソロコーナーもう1曲「異邦人」は、久保田早紀さんの名曲のカバー。一時期、保田さんはこの歌を持ち歌のように歌ってらっしゃいましたね。

裕子さんのソロコーナーは、元気でハッピーなこの2曲。これが聞けたので大満足です。

再びふたりで歌うのは赤組4の「赤い日記帳」。これは意外な選曲でした。でもハロプロファンからの反応はよく、みなさん乗ってらっしゃいましたね。

トークでは「赤い日記帳」や「黄色いお空でBOOM BOOM BOOM」はコンサートで歌う機会は多いのに、なぜか「青いスポーツカーの男」は歌ったことがないという話題になりました。そこで、もし歌うことがあれば裕子さんには青色7の衣装「チェックのミニスカート」をはいてもらうことに。また保田さん家にはZo-3ギターがあるから、それも貸してあげるとのコト。ちなみに保田さんはやりたくないようです(笑)

ちなみに以前安倍なつみさんのコンサートツアーに、裕子さんと保田さんがゲスト出演して「黄色いお空で~」を3人で歌った時、あまりのダンスの激しさにとってもしんどかったと、裕子さん告白してくれました♪

コンサートラストに歌ったのはプリプリピンクの名曲「人知れず胸を奏でる夜の秋」。この曲を歌う頃にはすっかり陽も落ちていて、照明でライトアップされたおふたりの姿がとても幻想的でした。

裕子さんも「暗くなって雰囲気も良くなったから、むしろこれから始めたいくらい」とおっしゃってましたが、まさにその通りでした。暗くなった野外のコンサートで、あと一時間くらいは見ていたい気分でした。

 

一時間と短いライブでしたが、とっても中身の濃いコンサートでした。意外な選曲も新鮮でした。

歌の方も、保田さんも持ち前の歌唱力を発揮されてましたが、この日は裕子さんの声がよく出ていました。裕子さんは日によって出来不出来がハッキリしてる方ですが(失礼!)、この日は声の伸びが特に良くて「GET A LONG WITH YOU」のラストのハイトーン部分もキレイに決まってました♪

トーク部分は、おふたりちょっと話題に困ってる感じでした。お客さんが熱心なハロプロファンか、一般の方か、という両極端だったためどっちに話を合わせていいか迷ってる風でした。比較的楽にウケを取れるハロプロの話題か、裕子さんの年齢に関する話題が多かったです。

ハロプロの話題を出せば、ハロプロファンは大盛り上がりですが、一般の方には分かりません。かといって、一般の方でもわかるようなフツーの話題を展開させるのはまだまだおふたりには難しかったようです。

 

トークで面白かった部分を書いてみます。

前日まで雨降りでしたが、コンサート当日はほんとにイイ天気でした。というわけで裕子さん「自称晴れ女」であることをあらためて公言されてました。

緑のドレスを着た保田さんを見て、裕子さん「カッパみたい」とおっしゃいます。以前保田さんは舞台で、カッパ役をやったことがあるため、それ以来保田さんが緑の衣装を着るたびに裕子さん「カッパだ」とおっしゃってるそうです。

つんく♂さんや、夏まゆみ先生が結婚されるということで、「わたしを先置いて!」と悔しがる裕子さん。てか、夏先生がご結婚されていたとは知りませんでした。その後も、裕子さんの年齢ネタがトークで何度も登場します(笑)今年は「ゾロ目」と開き直る裕子さんが可愛かった♪

翌日、東京でカジュアルディナーショーがあるという保田さん。会場のみなさんもディナーショー来てください、ということでコンサート終わったら、一緒に新幹線で東京に行きませんか? とお誘いをされてました(笑)てか新幹線で帰るんですね。ちなみに行きは飛行機でいらしたそうです。

朝から会場入りしていたおふたり、時間があったので福山市内をぶらぶらしていたそう。道路や横断歩道などで、ファンと思しき人とすれ違ったのに、全く気づいてくれなかったことがショックだったそう。カットしたパイナップルを食べながら歩いていたから、目立つだろうと思っていたそうですが、それでも声をかけられなかったとのこと。う~ん惜しい! わたくしも街中を歩いてれば良かった!

裕子さんと保田さん、先日一緒にお寿司を食べに行ったそう。しかも回転しないお寿司屋さんだったそう。「回転しない」という部分をやたら強調してましたが、それは故障中だったのでしょうか?

先日初めてBerryz工房のライブを見に行った裕子さん。今まで見たことなかったから、一度見てみようと思われたそう。その若さ溢れるステージに圧倒されたそうです。で「ガッツリ」若さを吸収したそう(笑)あ~、これはベリーズの方々パワー吸い取られて、今はダウンしてるかも。

 

というわけで「福山ばら祭2006 ローズコンサート」は以上で終了です。地方のミニコンサートということで、とにかくリラックスして伸び伸びやってるおふたりがとてもよかったです。

大きな会場での激しいライブとは一味違った今回のコンサート、かなり良かったのでまたこういう機会を作って欲しいですね♪

特に野外は2倍増しで楽しい! 野外でしかも夜だと、ホントいいライブになりますね~。虫飛んできますけど(笑)裕子さん何度も虫をはらってらっしゃいましたね(笑)それがまた可愛かった♪

| | コメント (4) | トラックバック (2)

代打保田圭さん

2/10放送のハロプロやねん!は後藤真希さんが出演の予定でしたが、体調不良のため欠席。変わりに保田圭さんがパーソナリティを務められました。

ハロプロ№1……あるお題に対して最も当てはまる人を勝手に決めてしまうコーナー。

動物に嫌われそうな人
このお題に対して保田さん、「中澤裕子」さんと即答。なんでも「嫌われそう」ではなく「嫌われてる」のだそうです。はて? 中澤裕子さんといえば、ハロプロ一の愛犬家というイメージがありますが……。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、裕子さんは花ちゃんとタローちゃんというチワワを飼ってらっしゃいます。ところが花ちゃんを飼いたての頃、チワワの飼いかたがよく分からず、実家でチワワを飼っている保田さんのところに相談に行ってらしたそうです。そこでの相談内容が、

「呼んでも来ないし、なんかあたし好かれてないみたい」

だったそう。それを聞いた保田さん「自分ちの犬を呼んでも来ないのはダメでしょう」と言ったことがあるそうです。

……といったエピソードがあったことから、「動物に嫌われそうな人№1」に選んだそうです。

でも最近は花ちゃんたちも名前呼んだら来てくれるそうです。それは良かったですね。てか、いつまで呼んでも来なかったらそれはちょっと問題アリです。でも、裕子さんのラジオとか聞いてると、プイっとそっぽ向かれるというお話をよく聞きますが……。

 

ケメコの部屋……ハロプロメンバーのことを語って、それが誰であるかリスナーに答えてもらうコーナー。

「えーと、この間ですねコノ方の舞台を見に行きました。普段のイメージがお姉サマな感じなので、大人っぽい役なのかなと思ったら、最初十五歳ぐらいの役から始まって、どんどん年齢を重ねていくという役だったんです。最初出てきた時、うわぁって思って、あらぁって思って。すごく可愛くて、三つ編みのおさげで出てきました。アラアラ、ステキと思って。すごいいいお芝居で、わたしも刺激されて帰ってきました。

ソノ方は、ルックス的にはあんまり細かいことを気にしなさそうなイメージなんですけど、すごく色んなところに気配りをしていて、食事とかも舞台をやっている最中は臭いものを食べない。絶対にんにくとか食べない。そういうのにすごく気をつかっています。あたしはあまり気にしないで食べちゃう人なんですね。朝からキムチとか。ディナーショーの合間に焼肉弁当を食べちゃったりとかね(笑)

昔は正直怖かったんですよ。怖かったんですけども、最近は気軽にご飯行こうよ、って言えたり。この間も舞台見に行ったら、来てくれてうれしかったー、っていうメールをくれたり。なんかこう、ホントいい関係になれたなって思って。ある意味ね、地元でずっとすごしてきた親友よりも家族的ないい関係を築けてきてるんじゃないかと、しみじみ感じたりしてるんですよ最近。

可愛らしいメールくれるんですよ。絵文字もいっぱい入ってます。でも電話には出ません(笑)メールは好きみたいなんですけど、電話は嫌いみたいなんですよ。メールで会話してて、電話の方が早いなーと思ってかけると絶対出ないんです。彼女が電話とってくれた時は奇跡です。

とちょっと不思議な方でございます。分かりましたでしょうか?」

これは簡単ですね。保田さん曰く、これが分からない方はハロプロのことを知らなさすぎだそうです(笑)……てか、ソノ方絵文字のメールを送れるんですね~(失礼)。

 

さて、バレンタインデー直前の放送ということで、保田さんのバレンタインのエピソードが聞けました。

「バレンタインというとねえ、わたしステキな思い出ないんです。でもあたしも学生時代に、手作りチョコを作ろうと思って挑戦したことがありました。男性の方はチョコの作り方を知ってるかどうか分かりませんが、アレは予想以上にお金と手間がかかります。ホントにチョコレート作ろうと思ったら、私の場合、一万円くらいかかるんですよ」

なんでも、チョコだけでなく、道具も何も持ってなかったから、それら一式を買い揃えての金額だそうです。あとラッピング代もかかってるようです。それにしても一万円とは……。

「チョコレートをまず溶かさないといけないんですよ。チョコレートってお湯を張ったボウルの上に、もう1個ボウルを置いてその中でチョコを溶かしていくものなんですけども。湯せんでね。ところがそれ時間かかるんですよ。いくら細かく切ってるとはいえ。

で、めんどくさくなっちゃいまして、わたしお湯を入れたら溶けるんじゃないかと思ったんですね。チョコレートに直接かけてまえ、って思ってかけたら見事に分離しました。

でも、先ほども言いましたように結構高いんですよ。手作り用のチョコ、一袋500円とかするんですよ。で、それがもったいないから何とかならないかと思って。ホントはハート型のチョコを作る予定だったんですけども、これはちょっと型は取れないなと。じゃ、丸めてみたらどうか、という手段になりまして、丸めてみました。で、冷蔵庫に入れてみました。

したらね、意外と何とかなりました(笑)さすがにそれを誰かにあげるわけにはいかないので、弟とお父さんに毒見させました。な~んにも知らない弟とお父さんは、喜んで食べてくれました(笑)

チョコレートって言うのは、色々ミスとかありますし、形もトリュフに変更とかいうのもあると思うんですけど、愛情と手間がかかってるものなので捨てたりとかしちゃダメですよ! ちゃんとね食べてあげて欲しいな、と思います」

保田さん男っぽいお菓子作りなさってるんですねえ。失敗作は家族に毒見させるというのは、どこの家庭も同じのようで(笑)

バレンタインデーでチョコをもらった方、それは手作りトリュフチョコレートだったりしてませんか? もしかしたら路線変更で丸くなったものかもしれません(笑)

 

という訳で今週はここまで。今年に入って保田さん、この番組に最多出演です。これはすごい。保田圭番組のっとり計画進行中!?

| | コメント (4) | トラックバック (1)